家事代行サービスを東京でお探しなら、お財布と心が笑顔になるクラウド家事代行「CaSy(カジー)」

家事代行キャスト登録はこちら
お問い合わせはこちら

CaSy TOP

お掃除辞典

キッチン

ガスレンジの掃除

お掃除辞典ガスレンジの掃除

お掃除ターゲット

キッチンでも一番汚れのたまりやすいガスレンジ
キッチンの中でもガスレンジは特に汚れやすい場所です。ガスレンジの汚れは油や調味料、料理の汁や飛び散った食材などが大部分を占めています。
これらの汚れはついたらできるだけすぐに拭き取ってしまうのが望ましいですが、忙しい家事の間に掃除するのはなかなか大変です。でも放っておくとこびりついてしまって、汚れを落とすのが難しくなります。
またガスレンジ本体だけでなく、換気扇やレンジフード、レンジと壁の隙間やレンジ台の下なども汚れがたまりやすいので、定期的に掃除をする必要があります。

必要な道具、掃除方法や手順

頑固なガスレンジの油汚れを落とすには?
ガスレンジ本体にこびりついた油汚れは、洗剤などでこすってもなかなか落とすことができません。
掃除の方法としては、汚れた箇所に重曹をふりかけ、お湯でぬらしたキッチンペーパーを上から敷き、30分以上の時間を置き硬い布やスポンジなどでふき取るようにします。また、薬局で売っている消毒用エタノールなどのアルコールを吹付けてからこすって落とす手順も有効です。
レンジフードや換気扇の汚れはお湯に中性洗剤を混ぜたものをスプレーして、しばらく置いてからふき取ります。ガスレンジ台の下は可能ならば元栓を締めてホースを外し、レンジ台をどけてから掃除するのが良いですが、難しい場合は棒の先に布を巻いたものを下に差し込んで掃除します。

掃除のコツやワンポイント

ガスレンジの汚れはこまめにふき取っておこう!
ガスレンジ台の掃除のコツは、一番良いのは『汚れがついたらすぐにふき取っておくこと』です。
お料理が終わったあとはできるだけすぐに、汚れがついた部分をキッチンペーパーやふきん等でふき取っておきます。忙しくて毎日こまめに掃除できない場合は、週末などにまとめて掃除しておくことが大切です。
それでも汚れがこびりついてしまった場合は、重曹やお湯をうまく使って油を落とすことがポイントです。また、アルコールや食用油、小麦粉などを油汚れに振りかけてこすって落とすのも効果があります。
ページトップ