育児を楽しむために家事代行を利用しよう

待望の赤ちゃんはとてもかわいく、愛おしいものですが、かわいい赤ちゃんの時期はあっという間に過ぎてしまいます。育児は毎日楽しくしたいものですが、産後の家事はかなり負担になってきます。 そこで、家事代行サービスを行うCaSy(カジー)は、「家事代行を上手に利用して、育児を楽しむ」ことをご提案致します。

産後の家事は大変

産後は、お母さん自身の体調も本調子ではない上に、お母さんがいないと何もできない赤ちゃんがいるため、それまで通りの家事はできなくなります。しかし、やらなくてはいけないことは溜まっていく一方です。少しずつやるしかないですが、テキパキとできていたはずの家事がすごく時間がかかってしまったり、赤ちゃんの世話や2時間毎にミルクをあげたりおむつを替えたり、寝かしつけたりしなければいけなかったりすると、ストレスも溜まっていってしまいます。 産後、心も体調も不安定な時に、家事代行サービスを利用するのはとてもおすすめです。体調が優れず、思うように動くことのできないお母さんに代わり、家事手伝いをご依頼いただけますと、お母さんは時短にもなりますし、赤ちゃんに専念し育児を楽しむことができます。

部屋が散らかると危険

もし、産後の家事がままならず部屋がかたづいていない場合、産後の弱った身体のせいでかたづけられていないものにつまずいて怪我をしてしまう可能性があります。怪我をしたらさらに家事ができなくなるばかりか、育児もできなくなってしまいます。それにもし、転んでしまった時に赤ちゃんを抱いていたら大変です。 また、掃除がきちんとされていないと、弱っているお母さんの体調やまだ免疫力のない赤ちゃんの体調を崩してしまう可能性があります。お母さんが寝込んでしまったら赤ちゃんにとっても一大事です。免疫力の弱い赤ちゃんは、ホコリやダニなどでアレルギーになりやすいので、部屋はきれいにしておかなければなりません。赤ちゃんが健康でいてくれることも「育児を楽しむ」上で大切なことですので、気をつけたいものです。

人に頼ることで育児を楽しむ

なんでも一人で完璧にこなそうとしてはいけません。育児を楽しむためにも、家事は他の人にお願いしましょう。「できる時にやる」くらいのスタンスでやり、産後は赤ちゃんとの時間や自分の精神や体調を安定させる時間を作ります。 人に迷惑をかけられないというのであれば、家事代行サービスがおすすめです。特に、CaSy(カジー)では、低料金にて家事代行を承っております。家事代行をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

家事代行の選び方の他の記事を読む