かたづけのきっかけ作り

豊かな人生とは、衣食住が良いバランスで充実しているということが基本となります。ところが最近、「ごみ屋敷」や「汚部屋」などの言葉を耳にする機会が増え、そのような環境で生活している人も増加している傾向があると考えられます。生活環境、つまり「住」のバランスが崩れていては、豊かな人生が実現しているとは言えないのです。

どうしてかたづけが必要なのか

どうしてかたづけが必要なのか

特に、一人暮らしの方は「自分だけの生活空間」という発想から、かたづけが疎かになってしまう傾向があります。「ごみ屋敷」や「汚部屋」とは、ごみで溢れかえり、悪臭や害虫なども発生しているほどの状態を意味します。このような状態が原因となって、火災などの事故や、ご近所トラブルを引き起こす可能性も考えられます。 また、そこで生活する人の心身の健康にも、決して良い影響を与えることはありません。豊かな人生と健全な生活を実現するためにも、整理整頓された環境での生活が理想的なのです。

かたづけられない理由

「仕事や家事などが忙しく、かたづける時間が持てない」という理由が、非常によく聞かれます。部屋内の人口密度が高い・収納スペースが十分ではない・荷物が多すぎるなど環境的な理由も多いです。 精神的な理由としましては、心に余裕がないことが大きく影響する場合があります。日常での疲れやストレスが溜まると、部屋をかたづける気力が起きないこともあります。かたづけができない自分を責め、汚れた部屋を見てイライラが募り、余計にかたづける気力を無くしてしまうという悪循環を生んでしまいます。

毎日少しずつかたづけを心がける

かたづいた環境での生活は、精神的なゆとりを生み、健康的な毎日に繋がります。やはり、日頃から整理整頓やかたづけを心がけることが大切です。いきなり部屋を丸ごとかたづけるのは難しいこともありますので、その場合はテーブルの上や水回りなどの掃除から始めてみるのがおすすめです。取りかかる場所を絞り、集中力が持続しやすい短時間から始めてみると良いでしょう。 かたづいた環境で生活する気持ちよさを実感することも、整理整頓を心がけるきっかけとなります。家事代行サービスなどにお手伝いさんの派遣を依頼するのも、効果的なアイデアだと言えます。

東京都内で一人暮らしをしている方、かたづけができるようになるきっかけをお探しでしたら、ぜひCaSy(カジー)へご連絡ください。

家事代行の選び方の他の記事を読む