家事代行サービスを東京でお探しなら、お財布と心が笑顔になるクラウド家事代行「CaSy(カジー)」

家事代行スタッフ登録はこちら
お問い合わせはこちら

CaSy TOP

お知らせ

お知らせ

「DIME」8月号でお料理代行サービスが紹介されました

小学館「DIME」8月号の『共働き夫婦のお助けツール大公開!」コーナーで、夕食のおかずだけでなく塾弁(子どもが塾に持って行くお弁当)作りも依頼できる頼もしいサービスとして、お料理代行サービスを紹介していただきました。

「bizmom」2018年夏秋号でCaSyが紹介されました

働くママの応援マガジン「bizmom」2018年夏秋号の家事代行サービス紹介ページに、CaSyが掲載されました。

日本新聞経済新聞に、CaSyキャストが家事講師を務める子育てパパ向けイベントが紹介されました

日本経済新聞に、CaSyキャストが子育てパパに家事の極意を授けるイベント「スゴパパ工場」が紹介されました。
働き方改革で夫は変わるか家事時間、北欧の半分以下

【ニュースリリース】総額5億円の資金調達を実施 しました

株式会社CaSyは、総額5億円の第三者割当増資を実施したことをお知らせいたします。
ワタキューセイモア株式会社(本社:京都府綴喜郡、代表取締役社長:村田清和)、東急不動産ホールディングス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長: 大隈 郁仁)が取り組む「TFHD Open Innovation Program」が今回の引受先となります。

(左) CEO 加茂雄一  (右) CTO 池田裕樹

(左) CEO 加茂雄一  (右) CTO 池田裕樹



カジーは今回の資金調達を受けて、サービス提供エリア拡大およびサービスの利便性向上を目的とした人材の拡充、システム開発を加速させてまいります。

■カジーの現状
カジーの家事代行は、共働き子育て世帯を中心に著しく会員数が伸びており、約4万5千人にのぼります。また、カジーのサービス提供エリア外の方々や、パソコン・スマートフォンの操作が苦手なシニア層の方々から「カジーを利用したい」という要望を多数いただいています。家事代行業界は将来的に約6,000億円規模になると言われており、今後も大幅な利用者の増加が見込まれます。
それゆえ、サービス提供エリアの拡大と、もっと誰もが利用しやすいシステム作りが急務だと考えています。

■資金使途と今後の展開について
2018年5月1日には京都府に初進出し、首都圏・関西地区でもサービス提供エリアを拡大しました。さらに今夏には、首都圏・関西地区以外の都市部への進出を予定しています。継続的にエリア拡大を図るため、各エリアでの家事代行キャスト人材採用に注力してまいります。
また、規模の拡大に対応しつつサービスの利便性や品質を維持・向上させるシステム開発を継続的に行っていきたいと考えています。そのようなシステム開発を担えるエンジニア人材の確保に努めてまいります。

毎日新聞でCaSyキャストがお掃除技を紹介しました

毎日新聞(6/4朝刊)でCaSyキャストがカビを落とす・予防する方法を紹介しました。
湿気なくしてカビ知らず

フジテレビ「ソレなら5分で出来ますよ。」でCaSyキャストがお掃除技を披露しました

フジテレビ「ソレなら5分で出来ますよ。」(6/3放送)で、お掃除プロ集団のひとりとしてCaSyベテランキャストが出演しました。
多くの主婦がお悩みの、ギトギト油汚れがついた換気扇のお掃除方法を紹介しました。

テレビ朝日「スーパーJチャンネル」で家事代行サービス料金の「値下げ」を取り上げていただきました

5/22放送のテレビ朝日『スーパーJチャンネル』の「物価上昇なんのその!あえて値下げのワケ」企画で、当日・前日予約分のCaSyのサービス料金値下げ(3,000円/h→2,500円/h)が紹介されました。
直前の予約でも割高にならず、通常のスポット料金と一律料金で利用できてありがたいと、お客様がメリットを語って下さいました。

テレビ朝日「家事ヤロウ!!!」でCaSyキャストが家事ワザを監修しました

5月8日放送の「家事ヤロウ!!!」でCaSyキャストが洗濯物の干し方を監修しました。
中丸雄一さん(KAT-TUN)、バカリズムさん、カズレーサーさんに実践していただきました。
家事ヤロウ!!! #4 洗濯物の干し方

【ニュースリリース】5月1日より首都圏・関西でサービス提供エリアを大幅拡大! 子育て世帯に人気の横浜市・さいたま市・流山市でエリア拡大、京都には初進出

CaSyは、2018年5月1日よりサービス提供エリアを大幅に拡大しました。京都府には初進出となります。カジーのサービス提供エリア拡大は1年ぶりです。

東京都・千葉県内の数都市をサービス提供エリアに追加した2017年5月時点では、利用者登録数は約15,000人でした。1年経過した2018年5月時点の利用者登録数は45,000人に達しています。さらなるエリア拡大を望む声をつねにいただいており、広範囲での家事代行スタッフ人材の確保・教育に努めてまいりました。
家事代行スタッフの増員にともない、首都圏(東京都・埼玉県・神奈川県・千葉県)と関西地区(大阪府・兵庫県・京都府)の広範囲でサービス提供を開始することが可能になりました。
高品質な家事代行サービスを通し、新たに追加されたサービス提供エリアの方々の家事の負担を軽くしてまいります。

【首都圏】 「横浜市」「さいたま市」や「流山市」など子育て世帯に人気のエリアでサービス提供を充実
神奈川県横浜市は、2018年に実施された住みたい街の人気調査で堂々1位。埼玉県さいたま市は、同調査で「大宮」と「浦和」がトップ10に入っています。千葉県流山市は、公式サイト上で「母になるなら、流山市。」と掲げて子育て環境を充実させ、流入する子育て世帯が増えています。これらの都市を含む首都圏内の多くの都市がカジーのサービス提供エリアに加わりました。
SnapCrab_NoName_2018-4-27_17-5-50_No-00
■■5月1日に追加されたサービス提供エリア■■ 
神奈川県:横浜市 鎌倉市 逗子市 相模原市 座間市 大和市 綾瀬市 海老名市 藤沢市 寒川町 茅ヶ崎市
埼玉県:さいたま市 上尾市 川越市 三郷市 八潮市 草加市 吉川市 越谷市 松伏町 春日部市 ふじみ野市 富士見市 志木市 朝霞市 新座市 三芳町 所沢市 入間市 狭山市
千葉県:流山市 千葉市 我孫子市 白井市 鎌ヶ谷市 八千代市 習志野市
東京都:八王子市 昭島市 日野市 町田市 稲城市 多摩市 東久留米市 清瀬市 東村山市 東大和市 武蔵村山市 福生市 瑞穂町 羽村市 あきる野市 日の出町 青梅市
※横浜市、さいたま市、松戸市、柏市、船橋市、八王子市、昭島市、日野市、町田市、稲城市、多摩市はサービス提供エリアが一部限定でしたが、 5月1日以降は全体に拡大しました

【関西】 京都に初進出
関西エリアでは大阪府と兵庫県の一部のみをサービス提供エリアにしていましたが、京都府に初めて進出いたしました。
SnapCrab_NoName_2018-4-27_17-6-23_No-00
■■5月1日に追加されたサービス提供エリア■■ 
京都府:京都市(右京区、北区、左京区除く)
大阪府:大阪市 東大阪市 堺市 摂津市 牧方市 交野市 寝屋川市 守口市 門真市 四条綴市 大東市 八尾市 松原市
兵庫県:神戸市 伊丹市 川西市 宝塚市
※大阪市、神戸市はサービス提供エリアが一部限定でしたが、 5月1日以降は全体に拡大しました

【5月1日以降のサービス提供エリアのご案内】
【東京都】
東京23区 三鷹市 調布市 狛江市 府中市 武蔵野市 西東京市 小平市 小金井市 国分寺市 国立市 立川市 町田市 稲城市 多摩市 八王子市 昭島市 日野市 東久留米市 清瀬市 東村山市 東大和市 武蔵村山市 福生市 瑞穂町 羽村市 あきる野市 日の出町 青梅市
【千葉県】
 浦安市・市川市 船橋市 松戸市 柏市 流山市 千葉市 我孫子市 白井市 鎌ヶ谷市 八千代市 習志野市
【神奈川県】
横浜市 川崎市 鎌倉市 逗子市 相模原市 座間市 大和市 綾瀬市 海老名市 藤沢市 寒川町 茅ヶ崎市
【埼玉県】
さいたま市 戸田市 蕨市 川口市 和光市 上尾市 川越市 三郷市 八潮市 草加市 吉川市 越谷市 松伏町 春日部市 ふじみ野市 富士見市 志木市 朝霞市 新座市 三芳町 所沢市 入間市 狭山市
【大阪府】
大阪市 豊中市 吹田市 東大阪市 堺市 摂津市 牧方市 交野市 寝屋川市 守口市 門真市 四条綴市大東市 八尾市 松原市
【兵庫県】
神戸市 尼崎市 西宮市 芦屋市 伊丹市 川西市 宝塚市
【京都府】
京都市(右京区、北区、左京区除く)

レタスクラブ(5月号)でCaSyキャストが掃除方法を監修しました

『レタスクラブ』5月号の特集「ニッチな場所の掃除と片づけ ランキング30」で、気になるけれど目をそらしがちな場所の掃除方法をCaSyキャストが監修しました。

小学館Webサイト「Suits-woman.jp」でアンケート結果が記事になりました

働く堅実女子のお悩み解決サイト「Suits-woman.jp」に、CaSy会員向けアンケート結果の記事が掲載されました。
小さいお子さんがいるママがとにかく時間に追われている、ママはお子さんとの時間を最優先にしている状況が分かる内容になっています。

アンケートでわかったママたちの本音! 家事、自分、子ども……あらゆる時間が足りていない!!

アンケート結果レポート(3/19発表)はこちら

CaSyキャストが家事講師をした「スゴパパ工場」がマイナビニュース、いこーよに取り上げられました

家族にスゴイと言われたいパパのための体験型セミナー「スゴパパ工場」第1回が4月20日に開催されました。
CaSyキャストが家事のスゴワザ(焦げ落とし)を伝授したイベントの様子が、マイナビニュースといこーよで取り上げられました。
【マイナビニュース】家族にモテる!パパ向けBBQテクニック – 塊肉をスマートに焼き上げるには?

【いこーよ】塊肉・野菜・デザートも! BBQの上手な焼き方&便利な片付け術

『家事の得ワザ』(マガジンハウス)でCaSyキャストがテクニックを紹介しています

日本テレビ「得する人損する人」の番組公式本の『家事の得ワザ』が3月29日に発売されました。
CaSyキャストが番組出演時に紹介した掃除・洗濯テクニックの数々が紹介されています。
書籍に関する情報・購入はこちら
tokuson_cover_RGB

NIKKEI STYLEに日経CNBC「ハタジョ!働き女子お助けマン」の放送内容が掲載されました

日経CNBCチャンネル「ハタジョ!働き女子お助けマン」でCaSyを紹介していただきました。
NIKKEI STYLEにて放送内容が無料視聴できます。
【前編】ハタジョ!働き女子 お助けマン「家事代行で共働きの悩み解消 驚きの仕掛けとは?」
【後編】ハタジョ!働き女子 お助けマン「ランパンプス、家事代行に挑戦 そこで見たものとは?」

NHKのWEBメディア「SPORTS STORY」でCaSyキャストが洗濯テクニックを紹介しました

NHKのWEBメディア「SPORTS STORY」は、第90回選抜高校野球がスタートした3月23日に、泥や皮脂で汚れたユニフォームを真っ白にする洗濯テクニックの記事を掲載しました。CaSyキャストが洗濯テクニックを監修しました。
汚れたユニフォームが真っ白に!プロの洗濯テクニック

毎日新聞にCaSyキャストによるパパ達へのお掃除講習の記事が掲載されました

家族から“スゴイ!”と言われるパパになるために家事とエンタテイメント系スゴ技をパパに伝授する講座、「スゴパパ工場」の記事が毎日新聞(3月25日)に掲載されました。
男性向け講座「スゴパパ工場」

『ぎゅってweb』にCaSyキャストによるパパ達へのお掃除講習の記事が掲載されました

家族から“スゴイ!”と言われるパパになるために、家事とエンタテイメント系スゴ技をパパに伝授する講座、「スゴパパ工場」のプレ講座を3月4日に実施しました。
講座の様子の紹介記事はこちら▶家族に「パパすごい!」と言われたい!まずはスプーン曲げの習得を!?

【ニュースリリース】ママ達の時間に関するアンケート結果報告~「掃除」の時間を減らしたいママは78.8% 、かわりに「子どもと遊ぶ」時間と「リラックス」の時間が欲しい! ~

CaSyは、小学生以下の子をもつママ86人を対象に時間についてのアンケート調査を行ったので結果をご報告します。家事の時間をなるべく減らし、子どもとの時間を増やしたがっているというママ達の本音が明らかになりました。

■■調査Topics■■
〇ママ達は、家事の時間、じぶんの時間、子どもたちの時間などあらゆる時間が足りていない
〇家事の時間をもっと減らしたいのがママ達の本音
〇じぶんの時間より子どもとの時間を優先する傾向

SnapCrab_NoName_2018-3-16_11-23-44_No-00
◇子育てママはとにかく、あらゆる時間が足りない!
掃除・片付け:70.6%、料理:58.8%と、ママ達が不足を感じる時間の断トツのトップは「家事」という結果に。また休息(リラックス:70.6%、睡眠:45.9%)じぶんの時間(趣味:52.9%、勉強:48.2%、人付き合い:40%)、子どもと遊ぶ時間:43.5%と、あらゆ時間を足りないと感じています。ママ達は身体的に忙しいだけでなく、やりたい(やらなければ)と思いながら十分にできないことによるイライラや葛藤、罪悪感にさらされたストレス状態だと考えられます。

SnapCrab_NoName_2018-3-16_11-24-16_No-00
◇ママ達が減らしたい時間のトップ3は「家事」が独占! 増やしたい時間は「休息」と「子どもとの時間」
  できることなら「増やしたい時間」と「減らしたい時間」を聞いたところ、減らしたい時間として78.8%のママが「掃除・片付け」を選択。さらに「料理」:48.2%、「食料品や日用品の買い物」:37.6%とつづき、減らしたい時間のトップ3は家事が独占する結果となりました。
一方、増やしたい時間については60%が「リラックス」を、49.4%が「睡眠」を選択。ママ達がお疲れの実情がうかがえます。また、57.6%のママが「子どもと会話・遊ぶ」時間を増やしたいと回答。それぞれ半数のママが「勉強・スキルアップ」「趣味」「人付き合い」といったじぶんの時間を足りないと回答しているにもかかわらず、これらの時間を増やしたいママは4割程度にとどまり、ママ達がじぶんの時間よりわが子との時間を優先していることが分かりました。

SnapCrab_NoName_2018-3-19_10-22-33_No-00
◇「家事の時間を家族の時間に。」するために家事代行を活用しているママは69.7%
家事代行を定期利用するママは33.7%、不定期に利用するママは36%で、家事代行を必要に応じて活用しているママは69.7%でした。最近は時短家電や時短家事ワザ情報も多く出現し、家事の時間を短縮する手段は増えていますが、水回りの掃除や片付けなどはまだ人の手間暇が必要です。そのため、家族(子ども)との時間を確保するために家事代行を依頼するママ達が増加していると考えられます。

■家事代行サービスを頼むタイミング(自由回答)
・部屋が荒れてきたとき ・水回りが汚れたとき(30代・5歳児ママ)
・水回りの汚れが気になるけれどやる気がおきないとき(30代・3歳児ママ)
・部屋を綺麗にできていないことにストレスを感じる時 (40代・4歳児ママ)
・忙しくてしんどいとき(20代・1歳児ママ)
・体調が悪いとき・子ども遊びで大いに暴れたとき(30代女性・2歳児ママ)
・疲れているとき(20代・0歳児と3歳児ママ)
・たまには家事から解放されたいとき (30代・0歳児ママ)
・リフレッシュしたいとき(30代・1歳児ママ)
・来客があるとき(30代・2歳児と6歳児ママ)
◇家事代行の活用は、からだと心の疲れの軽減に有効
家の汚れを頑張って掃除すれば身体的な負担が増え、汚れに気付いていながらそのままにしておけばストレスが増えます。家事代行を頼むタイミングとして挙がった回答から分かるように、家事代行はママ達のからだと心の負担や疲れの軽減に貢献しています。

【ニュースリリース】8割の読者が家事代行を利用する日経DUAL有料会員向けに 3月2日から割引サービスを開始

株式会社CaSyは、3月2日より、働くママ&パパに役立つ情報サイト「日経DUAL」の有料会員の家事代行利用料金を7%割引します。
全体の家事代行利用経験は約5%程度と言われるなか、日経DUALが2017年10月に行った読者向けアンケート調査によると、家事代行サービス利用経験がある読者は80.3%に達していました。さらに、読者が利用したことのあるサービスはカジーとB社が約20%にのぼり、その他の家事代行サービスはいずれも10%以下でした。
日経DUAL読者による高い利用率は、スマホから1、2分で予約が完了する利便性、審査・実地研修をクリアをしたスタッフが提供する高品質なサービス、リーズナブルな価格への評価によるものだと捉えています。
そこで、価格面でのさらなる「使いやすさ」を付加し、仕事・育児・家事の両立をはかるためにカジーの家事代行を上手に活用している日経DUAL読者の方々を応援したいと考えました。
日経DUAL有料会員は、カジーのお掃除代行(2時間~)・お料理代行(3時間~)をスポット利用する際、料金は通常の7%引きとなります。
家事をママ・パパだけで抱え込まずに必要なときはアウトソーシングすることが「当たり前」の社会に変えていくためにカジーは今後も取り組みを進めてまいります。

《日経DUAL有料会員向け特典》
■開始日:2018年3月2日
■割引内容:お掃除代行(2時間~)・お料理代行(3時間~)のスポット利用料金の7%引
※定期利用料金や交通費は割引対象外
※日経DUAL有料会員が2時間のサービス利用の場合のお支払い金額は、【通常】6,100円→【日経DUAL有料会員】5,722円となり、利用のたびに378円お得になります。

【通常スポット利用料金】2,500円×2時間+税 交通費一律700円 合計:6,100円
【日経DUAL有料会員向け料金】2,325円×2時間+税 交通費一律700円 合計:5,722円

日経DUAL会員登録について
ページトップ