家事代行サービスを東京でお探しなら、お財布と心が笑顔になるクラウド家事代行「CaSy(カジー)」

家事代行スタッフ登録はこちら
お問い合わせはこちら

CaSy TOP

お知らせ

お知らせ

NHK「あさイチ」ででCaSyキャストが製氷機の掃除方法を紹介しました

NHK『あさイチ』(2019年7月2日放送)において、CaSyキャストが製氷機の掃除方法を紹介しました。

フジテレビ「Live News α」でCaSyの取り組みが紹介されました

フジテレビ系列の報道番組『Live News α』(2019年7月1日放送)において、約6,500人のスタッフをねぎらうCaSy独自の取り組みが紹介されました。>>> こちら

Twitter限定!CaSy(カジー)が家事代行 無料キャンペーンを実施! “家事代行ランキング第1位”のサービスを0円で体感できるチャンス!

お掃除代行とお料理代行を無料で試せるTwitter限定キャンペーンを620日(木)より開始いたしました。


カジーは「家事代行サービスランキング2019」で第1に輝きました。(日経DUAL実施、2019314日発表) また、今年3月より「水回り4点おまかせプラン(掃除)」と「定番作りおき8品プラン(料理)」 を最大2,200OFFで試せる「初回お試しプラン」を開始し、お客様に大変好評をいただいております。そこで、カジー品質のサービスをもっと気軽に体感していただくため、掃除と料理の「初回お試しプラン」を抽選でそれぞれ25名様にプレゼントするキャンペーンを開始いたしました。 合わせて、Amazonギフト券3,000円分も100名様にプレゼント。フォロー&希望賞品をツイートするだけで、合計150名様に当たります。

 

 「家事代行の利用実態調査」によると、家事代行を利用したことのある方の88.1%が、再度、家事代行を利用したいと回答。さらに、そのうちの約半数が2週間に1回など定期的な利用を考えており、一度使えば良さが分かるサービスであることが伺えます。本Twitterキャンペーンでは、大好評の「初回お試しプラン」を無料でプレゼントすることで、家事代行をもっと気軽に体験できる機会をご提供したいと考えております。


株式会社CaSy 20195172225-45歳男女1,000人を対象に実施


【Twitter限定!CaSy(カジー)の家事代行 初回無料キャンペーン概要 

https://casy.co.jp/trial-free1905

<期間>

2019620日(木)10:0073日(水)23:59


<応募方法>

CaSyの公式アカウント(@CaSycoltd)をフォロー

・以下の3つの中から希望賞品をツイート


<プレゼント賞品>

(1)初回お試しプラン ~水回り4点おまかせプラン(掃除) 25名様

内容:水回り4点(キッチン・浴室・洗面所・トイレ)

時間:2時間

(2)初回お試しプラン ~定番作りおき8品プラン(料理) 25名様

内容:定番作り置きメニュー全8

(煮込みハンバーグ・肉じゃが・ししゃもの南蛮漬け・

味玉・ひじきの煮物・ピーマンツナしりしり

ブロッコリーの胡麻和え・きのこマリネ)

時間:3時間

(3)Amazonギフト券3,000円分(Eメールタイプ) 100名様

キャンペーン詳細はこちら: https://casy.co.jp/trial-free1905


不在時の家事代行に“コンビニエンス”な革命! ローソン店舗内等のIoTキーボックス端末「Keycafe Smartbox」での カジー利用者宅の鍵の受け渡しを、5月8日申込スタート

CaSyは、株式会社ローソン(本社:東京都品川区、代表取締役 社長:竹増 貞信、以下ローソン)、キーカフェ・ジャパン合同会社(本社:東京渋谷区、社長:小河内亮、以下Keycafe)の2社と連携し、ローソン店舗27店を含む都内40ヶ所(2019513日時点)に設置されたIotキーボックス端末「Keycafe Smartbox」を介してカジー定期利用者とキャストが鍵の受け渡しをするサービスの申込を58から開始いたしました。

 「コンビニエンスストア内の無人キーボックスでの鍵受け渡し」を家事代行サービスと併せてアプリまたはWEBサイトで一括申込できる試みは、日本初となります。


利用者の鍵の預け入れも、 担当キャストの取出しも、「アクセスコード」を用いて安全に管理できます。


カジーの家事代行サービス利用者が6万人を超えています。そのうち、共働き世帯(子あり・なし含む)は48%単身のビジネスパーソンは34%を占め、平日は仕事のため自宅が留守になりがちな方が82%に上ります。


 これまで、このような利用者は、平日の不在時か休日の在宅時かにカジーのサービスを依頼する傾向にありました。

 利用者が自宅を不在にする平日にサービスを依頼するためには、スペアキーを本部に郵送したり、スマートロック端末を自宅に設置したりする手間やコストがかかっていました。

 一方、休日は依頼が非常に混み合うため、ご希望日時のサービス提供ができないことケースもあります。


この度のローソンおよびKeycafeとの連携により、カジー利用者は近所のローソンで、いつもの買い物のついでに、カジーキャストへの鍵の受け渡しができるようになりました。

 カジー利用者は、カジーのアプリ上またはWEBサイト上でKeycafeを用いた鍵預かりサービスの申し込みを行えます。スペアキーの郵送、スマートロックの設置などの手間やコストもなくなり、平日の不在時の家事代行サービス利用が格段に便利になります。

 この試みに伴い、平日の不在時の家事代行サービス依頼が増加することを見込んでいます。休日のサービス依頼の集中が緩和され、より多くの利用者がサービスを受けられやすくなると期待されます。

 当面、この鍵受け渡し方法は、Keycafe Smartbox端末が設置場所(都内40ヶ所)から徒歩圏内のカジー定期利用者のみ活用できますが、今後はカジーのスポット(単発)利用の方にも活用いただけるようになる予定です。


Keycafeについて

Keycafeの開発・運営するKeycafe Smartbox22個のキーボックスとタッチパネルを備えており、鍵の受け渡しを遠隔で行うサービス。世界45都市、1000箇所以上で展開しており、100万回以上の鍵の受け渡し実績がある世界最大手。国内ではローソンやカフェなどに端末を設置しており、誰でもオンラインで登録すれば利用可能。端末は常時ネットにつながっているIoT端末で、アプリやウェブから鍵の持ち主が遠隔でゲストや知り合いに鍵へのアクセス権を付与することができます。アクセス権はゲストごとに変更され、 さらに一定期間のみ有効のアクセス権も設定できます。 全てのプロセスが無人、 かつ遠隔から管理できるため、 鍵の持ち主・利用者ともに鍵の受け渡しの煩わしさから解放されます。利用用途は主にAirbnbbooking.comなどの宿泊事業における鍵の受け渡しや、カーシェアリング、家事代行、貸会議室などのシェアリングエコノミー。2018年からは本人確認・宿泊台帳機能を追加して宿泊事業の無人チェックインを可能にするサービスを展開。本社がバンクーバー・カナダのスタートアップで世界中にオフィスがあります。2013年創業。

一棟貸しでの宿泊施設や不動産管理などでロビー・事務所等に設置する専用利用端末の販売もしております。 詳細はこちら:

https://www.keycafe.com/ja/mseries


キーカフェ・ジャパン合同会社 会社概要

本社所在地:東京都渋谷区神南1-6-5 The Hive Jinnan

代表者:社長 小河内亮 (ヴァイスプレジデント・グローバルビジネス)

設立:201710

URL: https://www.keycafe.com/


テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」でCaSyキャストがレジ袋活用術を紹介しました

テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」でCaSyキャストがレジ袋を掃除に活用する裏技を紹介しました。

コーポレートサイト開設のお知らせ

株式会社CaSyは、415日(月)にコーポレートサイトを開設しましたので、お知らせいたします。

URLhttps://corp.casy.co.jp/




この度CaSyは、ステークホルダーの皆様にカジーが大切にしていること ビジョンやミッション、事業内容やその優位性など をお伝えする場としてコーポレートサイトを開設しました。

 サイトコンセプトは「Precious to You  Precious to CaSy」。

ステークホルダーの皆さま一人ひとりにとって「大切なこと」は何か、そのためにCaSyが大切にしていることは何か。カジーが何のために、誰のために、誰と共に、どのように「大切なこと」を大切にしようとしているのかを表現したいと考えました。

 サイトでは、CaSyの家事代行サービス利用を検討してくださっているお客様、CaSyで働くことを検討中の皆様、CaSyのビジネスに興味をお持ちの方々などに対し、すでにCaSyを選んで下さっているお客様・キャスト・社員・投資家の皆さまの「Why CaSy ? (なぜカジーなのか)」の声に立脚しつつ、カジーのサービスサイトではまだ伝えきれていない魅力を発信しています。


日常のかけがえのなさと確からしさを、カジーがステークホルダーの皆さまと共にどのように届け続けていくのか、これからもサイト内容の充実を図りながらお伝えしていきます。

【復旧済み】Facebookログイン障害のお知らせ

2019/04/14 21:30 ~ 21:50 頃、Facebookにてシステム障害が発生しており、Facebookを使ったログインや会員登録の一部が繋がりにくくなっておりました。
現在は正常にログインができることを確認しております。

お客様には、多大なるご不便、ご迷惑をお掛けしておりましたことを、心より深くお詫び申し上げます。

日経WOMANにお掃除代行サービスが掲載されました

「日経WOMAN」(4/7発売号)で、CaSyのお掃除代行を活用して「自分の時間」を作っているお客様が紹介されています。

日本経済新聞に、男性への家事力養成の取り組みが掲載されました

4月5日の日本経済新聞デジタル版および夕刊生活面に、男性への家事伝授を通してイクメン、カジダンを養成するCaSyの取り組みが紹介されました。

チェック表やノウハウ伝授 イクメン、会社が後押し

キャストのエンゲージメントを高める「キャストセッション」を開催! 5周年を記念し、これからの「始」を社員とキャストが誓い合う

株式会社CaSy本社:東京都品川区、代表取締役CEO加茂雄一、以下カジー)は328日(木)に、本部社員が日頃の感謝の気持ちをこめてカジーキャストをおもてなしするカジーキャストセッションを目黒雅叙園にて行いました。




カジーは2019130日でちょうど5周年を迎え、現在約6万人のお客様の生活を、5千人を超えるカジーキャストがサポートしています。「日経DUAL 家事代行サービスランキング 2019」でも第1に輝くなど、お陰様で順調に成長しています。

カジーは、創業当初より「Omotenasi(おもてなし)×Technology(テクノロジー)」を提供価値としていますが、そのうちOmotenashi(おもてなし)」領域は特に、サービス現場に立つカジーキャストからの生の声を聴き、その提案やアドバイスを経営に取り入れることで確立してきました。家事代行業界全体がスタッフ人材不足の課題を抱えるなか、5千人以上のカジーキャストこそ、まさに事業の要だと考えています。

そこで、カジーキャストの方々と強固なエンゲージメントを築き、さらなる事業成長につなげていくために、年に1回「キャストセッション」を開催し、普段は対面する機会の少ない社員とキャストが一堂に会して密に交流する機会を設けています。その中でも、今回は5周年記念につき 「始(はじまり)」をテーマにした特別バージョン。抜擢された66人のカジーキャストが、“業界ナンバーワン”を見据えた今後のカジーに期待することや必要なことを伝え、役員・社員が受け止める時間も設け、これからの「始」を誓い合いました。

 出典:「日経DUAL2019314日掲載

 https://dual.nikkei.co.jp/atcl/column/17/022000169/031200005/




また、2018年に特に活躍したカジーキャスト4名をThe Best  Cast of 2018 「新人賞」「お掃除部門MVP」「お料理部門MVP」「総合MVP」として選出、表彰を行いました。

キャストセッションに参加した多くのカジーキャストは受賞者のサービスに対する姿勢に感銘を受け、来年以降、「自分も表彰されるよう頑張りたい」と宣言してくれました。



左からCEO加茂雄一、受賞者4名、CTOCFO池田裕樹


■キャストエンゲージについて

家事が苦手な男性3人が創業したカジーが、わずか5年間で会員登録数6万人、キャスト登録数5千人を超えるまで事業成長できたのは、カジーキャストの皆様の力に他なりません。

カジーは、カジーキャストの皆様への敬意と感謝を大事にし、今後もカジーキャストとのエンゲージメントを高めることに注力しています。

主な施策として、「キャストセッション」を年に1回開催するほか、CaSyキャストクレド」の制定、カジーキャスト同士が学び合い集い合う「カジーサロン」の開催、カジーキャストが記入した日報に社員が感謝と労いの言葉を返信する「日報返信プロジェクト」(リクルートキャリア主催「GOOD ACTION AWARD 2019」を受賞)等を行っています。

レンタルスペース予約サービス「インスタベース」 の「マーケットプレイス」に参画 ~レンタルスペースオーナーが抱える、「清掃」の悩みを解決~

CaSyは、326日(火)より、株式会社Rebase(本社:東京都渋谷区、代表取締役CEO:佐藤海、以下Rebase)がレンタルスペース予約サービス「インスタベース」(https://www.instabase.jp/)のスペース掲載者向けに展開する「マーケットプレイス」に参画します。

 「マーケットプレイス」は、遊休スペースの所有者、利用者、参画企業の経済効果向上を図りながらレンタルスペース事業の市場拡大や多様化を促進することを目指すという構想のもと、「インスタベース」のスペース掲載者向けに様々な環境やサービスを紹介するプラットフォームです。

 「マーケットプレイス」への参入に伴い、「マーケットプレイス」経由で依頼するスペース掲載者に対し、カジーはスポット料金から7%OFFの特別料金で清掃サービスを提供します。




Rebase344人のスペース掲載者を対象に行った調査によると、スペース運営上困っている項目として「スペースの清掃・衛生管理」を挙げたのは「集客」についで2番目に多く、12.6%でした。

 「マーケットプレイス」経由でレンタルスペースの清掃をカジーに依頼することにより、スペース掲載者の負担が軽減されるだけではなく、プロの清掃技術によってレンタルスペースの価値が向上し、集客への効果につながります。


近年、春恒例行事の「お花見」をレンタルスペースで行う「インドア花見」の流行が話題になっています。その背景には、「大切な人たちだけの空間で、大切な時間を過ごしたい」という願いがあると考えられます。

 「大切なことを、大切にできる時間を創る。」をミッションとするカジーは、「マーケットプレイス」への参画によるレンタルスペースの清掃を通して、レンタルスペース市場の活性化とともに、レンタルスペース利用者の皆様の「大切な時間創り」に貢献してまいります。

AERAでCaSyが紹介されました

『AERA』(3/25発売)の特集「新元号は軽くクールに」で、新元号をきれいな家で迎えるために需要が伸びているサービスとして紹介されました。

テレビ東京「ワールドビジネスサテライト」で紹介されました

「ワールドビジネスサテライト」(3月21日放送)の『あと1ヵ月で 平成に幕… 意外な消費急増!』のコーナーで、断捨離をサポートするサービスとしてCaSyのお掃除代行が取り上げられました。


News Picksの特集企画「働き方改革の達人」でCaSyの取り組みが取り上げられました

各社の働き方改革の成功例を紹介する連載企画、News Picksの「働き方改革の達人」に、取締役CHRO白坂ゆきのインタビュー記事が掲載されました。

5,000人を超えるCaSyキャストのモチベーションアップの施策(キャストエンゲージプロジェクト)について語っています。

前編:急成長中の家事代行サービス、モチベーションアップの秘策

後編:5000人の従業員に送る、心のこもった日報返信の効果

【復旧済み】Facebookログイン障害のお知らせ

【復旧済み】2019/03/14 11:33 頃から、Facebookにてシステム障害が発生しており、Facebookを使ったログインや会員登録の一部が繋がりにくくなっておりました。

なお、現在は復旧し、正常にご利用いただける状態となっております。


お客様には、多大なるご不便、ご迷惑をお掛けしましたことを、心より深くお詫び申し上げます。

今後ともサービスの向上に努めてまいりますので、ご理解賜りますようお願い申し上げます。


日経DUAL「家事代行サービスランキング2019」で1位に選ばれました

CaSyは、働くママ&パパに役立つノウハウ情報サイト「日経DUAL314に発表した「家事代行サービス企業ランキング2019」で、1位に選ばれました。

デジタルとアナログの両面から使いやすさを追求した仕組みが高く評価され、また「名もなき家事」も積極的にこなすサービスに、抜き打ち調査を行った編集部員も大満足だったとのことです。


記事詳細:https://dual.nikkei.co.jp/atcl/column/17/022000169/031200005/


本調査は、日経DUAL編集部が主たる家事代行サービス会社にアンケート調査およびサービスの抜き打ち利用を実施し、19項目の独自指標で点数化を行い各社のランキング付けしたものです。

 カジーは、2016年の同調査3位、2017年は2位をいただいたのに続き、今回のランキングでは100点満点中83で、1に選んでいただきました 2018年調査の実施なし)

 デジタルとアナログの両面から仕組みを整え、使いやすさを追求」と講評にある通り、カジーが注力し続けているテクノロジーの開発・改善(デジタル)家事代行キャストの育成(アナログ)が実を結んでいると、大変光栄です。

 カジーのミッションは、「大切なことを、大切にできる時間を創る」です。今回の抜き打ち利用調査において、依頼されていない「名もなき家事」をカジーキャストが積極的に行ったというサプライズに、編集部員の方も大変満足してくださったとのこと。今後も、働くママ&パパを中心とする多くの方々の家事負担を減らし、皆様の大切な時間を創るお手伝いができるよう、ご提供するサービスをより一層磨いてまいります。

 今春には、カジーの家事代行をもっと手軽におためしいただけるプランの実施や、ご不在時でも利用しやすくなる仕組みの追加など、さらにカジーの利便性が向上していく予定です。ぜひ今後のカジーにご期待ください。


※【家事代行サービスランキングの評価ポイント(日経DUAL記事より一部引用

<料金>

■入会金や年会費の有無、「有」の場合の価格

1時間当たりの料金、交通費

<質・信頼性>

■スタッフの研修の有無、内容

■スタッフの評価制度の有無、内容

■トラブル対応、事故等の補償内容

<サービス>

■サービス内容の幅広さ

■複数の家事対応の有無(同じ時間枠の中で種類の異なる家事を頼めるか、など)

■情報共有の仕組みの有無 ほか

<共働きポイント>

■キャンセル期日、キャンセル料金

■留守宅対応の有無

■予約からサービスまでのスピード

■スポット利用の有無、料金

■申込手続きに工夫があるか

■利用料の支払い方法に工夫があるか

■共働き家庭へのサービス、アピールポイントの魅力度、独自性 ほか

<ユーザー評価>

■使用感(日経DUAL編集部による抜き打ち利用の結果)

■読者ポイント(日経DUAL読者の利用) ほか

AERA with Kidsに人気イラストレーターtomekkoさんによるCaSyお料理代行体験記事が掲載されました。

AERA with Kids 2019 春号の人気連載「イラストレーターtomekkoの脱・カンペキ親修行」に、tomekkoさんによるCaSyのお料理代行体験記事が掲載されました。

CaSyの家事代行は「家族の笑顔代」という必要経費になると紹介していただいています。

3月8日は国際女性デー 「家事のしすぎSTOP!キャンペーン」を実施 ~抱え込まないで!家事をしすぎる女性に家事シェアの体験を~

CaSyは38日(金)の国際女性デーを記念し、 「家事のしすぎSTOP!キャンペーン」を実施します。 34日~29日に行う家事代行サービスを1,000円引きで提供します。

20187月に発表されたSDGsランキングによると、日本は156カ国中15位。前年の11位から順位を下げました。 SDGs17目標のうち、目標5「ジェンダー平等を実現しよう」の評価が低く、日本は諸外国と比べて男女不平等であることが指摘されています。

男女間の家事分担の不平等は顕著で、夫婦ともにフルタイムの共働き夫婦のうち、夫より妻の家事負担率が高い世帯は78.3%に上ります(下図参照)。家事は女性がするもの、という価値観が背景にあり、女性が家事を抱え込みがちになっていと考えられます。


カジーは、「家事のしすぎSTOP!キャンペーン」の実施などを通じてより多くの人の家事負担軽減を図っていきます。一方で、無償労働だった家事のスキルを活かして、家事代行キャストが十分な働きがいと十分な報酬を得られる環境作りに努めます。

これらの試みを通して、SDGsの目標5ジェンダー平等を実現しよう」、および「誰一人取り残さない -No one will be left behind」社会の実現に貢献してまいります。


SDGsとは?
持続可能な開発目標(
Sustainable Development Goals) の略称。20159月に国連で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、17の目標と169のターゲットからなる開発目標です。


家事のしすぎSTOP!キャンペーン 概要

家事代行サービスを1回あたり1,000税込OFFでご利用いただけます。

■対象となるサービス

34日~329日に提供される家事代行(掃除・料理)サービスすべて

ハウスクリーニングは対象外

初回スポット利用の方は男女問わず、どなたでもキャンペーン参加が可能

■ご利用方法

カジーに会員登録のうえクーポンコード「womensday」を登録するだけ。期間中のサービス料金が自動的に通常の1,000税込)OFFになります。


読売新聞で、社員の有休取得を推進する「ダイナミック やすみんぐ」制度が紹介されました

読売新聞(2月24日付)で、弊社社員が有休を取得しやすくするための制度「ダイナミック やすみんぐ」が紹介されました。

有休取りやすく 企業工夫


ページトップ