家事代行サービスを東京でお探しなら、お財布と心が笑顔になるクラウド家事代行「CaSy(カジー)」

家事代行スタッフ登録はこちら
TEL050-3188-6651
[お問い合わせ時間] 平日 9:00 〜 18:00

お知らせ

日本経済新聞にNTTデータグループによるCaSy法人プラン導入のニュースが掲載されました

社員の家事負担を減らし、仕事の生産性を向上を図るため、NTTグループがCaSyの法人プランを導入
するニュースが日本経済新聞に掲載されました。
カジー、NTTデータ社員向けに家事代行サービス

ウェブサイトリニューアルのお知らせ

平素よりCaSyをご利用いただき、誠にありがとうございます。
2017年7月10日(月)にCaSyのウェブサイトをリニューアルしましたので、お知らせします。
お客さまにとって、より使いやすくてわかりやすいウェブサイトを目指し、デザインを刷新しました。
引き続きご愛顧いただきますよう、何卒よろしくお願い致します。

【プレスリリース】家事代行の3大メリットが判明! ①ストレスが減った②心の余裕ができた③夫婦の不満・喧嘩が減った

CaSyは、乳幼児・小学生をもつ母親を対象に家事にまつわるアンケート調査を行いました。
家事代行利用者と非利用者との比較を行うため、カジー利用経験者(218人)向けと、カジー未利用経験者(66人)向けの2つの調査を実施。調査結果をご報告いたします。

■■調査結果のポイント
1.家事代行を使ったママが挙げたメリット:①「疲れ・ストレスが減った」68.3%
  ②「心の余裕ができた」71.1%、③「夫婦の不満・喧嘩が減った」34.4%
2.家事代行を使ったことがないママ:家事が原因で「疲れ・ストレスを感じる」51.5%
 「心の余裕がなくなる」39.4%、「夫婦の不満・喧嘩になる」33.3%
3.小学生以下の子どものママの大半が手が回らないと悩む家事ワースト3は
  ①「お風呂掃除」②「キッチン掃除」③「部屋の片づけ」
4.家事代行利用ママは、70.6%が「夫の協力」、69.3%が「宅配サービス」も活用
  使えるものを駆使して自身の負担減を図る傾向が顕著

■調査概要
調査手法:インターネット調査
【調査①】
調査対象者:CaSyを利用する小学生以下の子どもがいる既婚女性
調査実施日:2017年5月26日~6月11日
有効回答者数:218名(有職者:72.4%、産休・育休中または働いていない:27.6%)
【調査②】
調査対象者:CaSyを利用したことがない小学生以下の子どもがいる既婚女性
調査実施日:2017年5月24日~5月25日
有効回答者数:66名(有職者:33.9%、産休・育休中または働いていない:66.1%)

1.家事代行を使ったおかげで「疲れ・ストレスが減った」68.3%、「心の余裕ができた」71.1%、「夫婦の不満・喧嘩が減った」34.4%

SnapCrab_NoName_2017-7-7_14-47-35_No-00


2.家事代行を使わないママは、家事が原因で「疲れ・ストレスを感じる」51.5%、
「心の余裕がなくなる」39.4%、「夫婦の不満・喧嘩になる」33.3%

SnapCrab_NoName_2017-7-7_14-41-50_No-00

家事代行を利用したママの68.3%が家事代行のおかげで「疲れ・ストレスが減った」、71.1%が「心の余裕ができた」と回答。また「夫婦の不満が減った」「夫婦の喧嘩が減った」と回答した割合の合計は34.4%にのぼりました。
一方、家事代行を使ったことがないママの51.5%が家事が原因で「疲れ・ストレスを感じる」、39.4%が「心の余裕がなくなる」と回答。「夫婦の不満を感じる」「夫婦の喧嘩になる」と回答した割合の合計は33.3%でした。
家事代行の活用は、ママの体力・精神的な負担の軽減に役立っているとともに、夫婦(家族)円満にも効果がある実態が明らかになりました。

3.お風呂、キッチンなどの水回り掃除と部屋の片づけに手が回らないママは半数以上


SnapCrab_NoName_2017-7-5_15-20-41_No-00

ストレス、夫婦間の不満の原因となる家事のうち、特に負担が大きいものは何でしょうか。
カジーの経験有無に限らず、半数以上ののママが手が回らないと感じる家事のワースト3は「お風呂掃除」「キッチン掃除」「部屋の片づけ」です。
特に、7割以上が共働き中のカジー利用者ママにおいては、75.2%がお風呂掃除に手が回らないと回答。仕事・育児・家事の両立の厳しさがうかがえます。
水回り掃除以外にも、部屋の片づけは、5割が手が回らないと回答する悩みのタネのようです。
幼い子どもがいる世帯は物が多く、散らかるペースも早いため、片付けが追い付かない状況が見受けられます。

4.7割の家事代行利用ママが併せて活用するのは「夫の協力」と「宅配サービス」

SnapCrab_NoName_2017-7-6_15-41-56_No-00

自身の負担を減らす方法については、家事代行利用経験者と未経験者の間で大きな違いがみられました。
家事代行を利用するママは、が7割が夫の協力や、「ネットスーパーや生協などの宅配」を活用していると回答しました。対して、家事代行を使ったことがないママは、他のものにもあまり頼らず負担を背負っている状況が明らかになりました。
アンケートに回答したカジー利用者の7割が有職者であり、夫や家事代行、宅配サービスを上手に活用していることによって仕事・家事・育児の両立ができていると言えそうです。
一方で、夫の協力体制があり、家事代行や宅配サービス等を利用できる環境だからこそ、ママが職場復帰(就職)できているとも推測されます。
今回のアンケート調査により、手軽な価格と手続きで利用できるカジーの家事代行は、家事に手が回らない共働き子育て夫婦の大きな支えになっていることが確認できました。
内閣府の世論調査によると、平成20年以降「子どもができても、ずっと職業を続ける方がよい」という回答率は45%を超えています。(下図参照)
女性の就業を後押しにもなるカジーの家事代行を、より多くの方々が気軽に利用できるよう、サービスの充実に努めてまいります。
SnapCrab_NoName_2017-7-6_16-28-51_No-00

『女性セブン』(6/29発売)にCaSyの家事代行のお仕事が紹介されましたNEWSポストセブンにWeb記事も掲載されています

『女性セブン』(6月29日発売)の「40代からのハローワークは家事代行」というコーナーで、CaSyの家事代行のお仕事内容やサービス内容が詳しく掲載されています。
ご年齢とわず、自身の都合に合わせて働きやすいお仕事だと紹介していただいています。

NEWSポストセブンではWeb用記事をご覧いただけます。
一番長くやったことを仕事に──家事代行で月収10万円

【プレスリリース】先行導入中の、スタッフと依頼主の間で電話番号を知られずに通話できる新サービス「Trustalk」が本提供開始

CaSyが先行導入していた、お互いの電話番号を知らなくても通話ができるサービス「Trustalk(トラストーク)」が、6月27日から提供開始されます。
トラストークは、株式会社 KDDI ウェブコミュニケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:山崎 雅人、以下KDDI ウェブ コミュニケーションズ)が提供するクラウド型の電話APIサービス「Twilio」の技術を使い、株式会社レキサス(本社:沖縄県うるま市、代表取締役社長:比屋根 隆、以下 レキサス)とKDDIウェブコミュニケーションズが共同企画した、簡単なプログラミングのみでプライバシー通話を可能にするサービスです。カジーの家事代行スタッフと依頼者のように個人間のやりとりが発生する事業者向けに、レキサスが開発・提供元としてサービスを開始します。

【トラストーク先行導入の背景】
カジーでは、緊急時や不測の事態の際などに、家事代行スタッフから依頼主に電話連絡を取るケースがあります。ただし、約1,500人の登録スタッフの中には個人の電話番号から発信することに抵抗を感じるスタッフもいます。
スタッフと依頼主間で直接の通話ができない場合、本部管理者が連絡を仲介するため、伝達までに時間を要します。
そこで、スタッフと依頼主間で電話番号を通知し合うことなく架電できるシステムの導入、スタッフの抵抗感の解消を図りました。
システムの自社開発には3か月程度を要す試算でしたが、トラストークのシステム導入にかかったのは簡単なプログラミングのみでわずか3日程度。迅速に課題を解決できました。

trustalk02

【トラストーク導入によるメリット】
個人の電話番号から発信することへのスタッフの抵抗感を解消しました。また、本部管理者が連絡を仲介するケースが減り、依頼主への伝達にかかる時間が短縮し、業務効率化も実現しました。
カジーは今後も、家事代行サービスを提供する側も受ける側もより安心できる仕組み、環境づくりにつとめてまいります。そのためにもスタッフや依頼主の皆さまからいただいた意見を精査し反映してまいります。

※記載されている会社名、サービス名は、各社の登録商標または商標です。

◇トラストークWEBページ:https://trustalk.io/

◇「トラストーク」リリースに伴い、2017 年 7 月 11 日(火)、東京都渋谷区の THE BRIDGE でトラストーク説明会が開催されます。
カジーの事例紹介も行われます。
詳細、お申込方法はこちらから:http://peatix.com/event/277181

レタスクラブ7月号でCaSyキャスト4人が掃除術を紹介しました

レタスクラブ7月号(6月24日発売)の「梅雨の時期こそあえてやりたい掃除と片付け」のコーナーで「食品棚」「玄関」「排水口」「浴室」の掃除術を4人のCaSyキャストが紹介しています。

ABC朝日放送『キャスト』(6/20放送)でCaSyキャストがダニ・カビ対策を紹介しました

「調べちゃウォーカー」コーナーのテーマは、“梅雨に絶対必要!家庭で出来るダニ・カビ対策”。
CaSyキャストがダニ・カビ対策方法を実演紹介しました。

日本経済新聞(6/5)で法人向け福利厚生プログラムが紹介されました

日本経済新聞(紙面・電子版)にて、CaSyの法人向け福利厚生プログラムが取り上げられました。
企業が「働き方改革」を推進するにあたり課題となる仕事の生産性向上に寄与するプランとして期待されています。
カジー、企業向け家事代行を相場の半額で

【ニュースリリース】法人向け福利厚生プログラムを6月10日より提供開始

 株式会社CaSy(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:加茂雄一 以下カジー)は、 6月10日より法人向け福利厚生プログラムの提供を開始します。
カジーは、1時間あたり2,500円(スポット利用時・税別)という業界最安値水準ながら高品質の家事代行サービスを提供する商品力と、スマートフォンやパソコンでいつでも簡単に申し込めるという手軽さにより、共働き子育て世帯や多忙な単身者の利用者は増加の一途です。
それゆえ、仕事をもつ利用者からの予約が集中する土日祝日は、訪問できる家事代行スタッフを手配できないケースも起きています。
一方、「働き方改革」は国をあげて推進されています。その一環で「テレワーク*」の普及も進められ、2017年より「テレワーク・デイ」に制定された7月24日は参加企業による一斉テレワークが実施される見込みです。多くの企業においても、従業員の勤務形態を柔軟にしたり、従業員の仕事の生産性を上げるためのサービスを取り入れたりして「働き方改革」に力を入れる動きが顕著です。
*テレワークとは、ICT(情報通信技術)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方です。(総務省ホームページより)
さらに東京都においては、家庭生活と仕事の両立支援に有効だとして「家事サービスを活用した両立支援推進サービス」を開始しました。家事サービス活用に取り組む都内の中小企業等には最大150万円が助成されます。(東京都TOKYOはたらくネットのホームページより)このような流れを受け、従業員の家事による負担、疲労、ストレスを軽減することは仕事の生産性向上につながるため、カジーの家事代行サービスを福利厚生に取り入れたいという企業のニーズも増えてきました。
今後のニーズ増加を見据え、一定以上の従業員数を抱える企業には会社負担なしで従業員のサービス利用料金を割引けるようにするほか、企業規模に関わらず導入できる3種類の福利厚生プログラムを規格化し、6月10日より提供開始することにしました。
平日の日中は訪問する家事代行スタッフを確保しやすい時間帯でもあり、導入企業の従業員の在宅テレワーク中にカジーを利用するシーンを想定し、土日祝日も使えるプラン(最大10%OFF)以上に平日利用限定のプランは料金の割引率を高く(最大20%OFF)設定しました。カジーは、法人向け福利厚生プログラムの提供を通し、企業による「働き方改革」の推進を応援してまいります。
2017年度内に福利厚生プログラムを100社程度に導入されることを目標としています。

■■福利厚生プログラム詳細■■
※導入企業が負担する金額・割合や利用回数によって、【買い取りプラン】【利用実績プラン】
【一部費用企業負担プラン】の3種類のプランから選択できます。サービス利用は2時間~。

【買い取りプラン】
●導入企業が「ギフトコード」を一括購入し、従業員に支給
●ギフトコードの種類は下記2パターン
・平日利用限定ギフト:通常料金※の20%引(1時間あたり2,000円(税別))
・利用日限定なしギフト(土日祝日も可):通常料金の10%引き(1時間あたり2,250円(税別))
※通常料金…スポット利用時の通常料金2,500円/時間

【利用実績プラン】
●導入企業が「ギフトコード」を従業員に支給。利用実績に応じた料金をカジーに支払い
●ギフトコードの種類は下記2パターン
・平日利用限定ギフト:通常料金の14%引き(1時間あたり2,150円(税別))
・利用日限定なしギフト(土日祝日も可):通常料金の7%引き(1時間あたり2,325円(税別))

【一部費用企業負担プラン】
●導入企業が「ギフトコード」を従業員に支給。利用実績に応じて一部負担金をカジーに支払い

フロー

※企業・個人の「働き方改革」「テレワーク」推進を応援するカジーは、自社でも通常よりテレワークを導入しています。
カジーは7月24日の「テレワーク・デイ」の実施団体に登録しています。
テレワーク・デイ当日も、社員がテレワークを実施します。
tw_logo02_lightblue  

WEBメディア「ハレタル」にお料理代行キャストのお仕事が紹介されました

東洋経済新報社が運営するWEBメディア「ハレタル」でCaSyのお料理代行キャストのお仕事を紹介していただきました。
腕が鍛えられる料理代行の仕事

日経MJ新聞(5/24)に対応エリアの拡大、キャスト増加策が掲載されました

5月24日の日経MJ新聞に、サービス対応エリアの拡大およびWEB面接の導入などのCaSyキャスト(家事代行スタッフ)増員施策について掲載されました。

システムメンテナンスのお知らせ

平素よりCaSy(カジー)をご利用いただき、誠にありがとうございます。
下記日時において、弊社が利用しておりますクレジットカード決済代行会社のシステムメンテナンスが実施されます。

2017年5月29日(月) 2:00AM-6:00AM

上記時間帯中、弊社サービスの一部を停止させていただきます。
お客様には大変ご不便ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。

今後ともCaSy(カジー)をどうぞよろしくお願いいたします。

「日経DUAL」で使い勝手、コストパフォーマンスが抜群の家事代行サービスと評価されました

日経DUALに、掃除代行サービス3社の抜き打ち利用による比較記事が掲載されました。
CaSyは使い勝手、サービス、スタッフの対応、コストパフォーマンスがピカイチの掃除代行サービスだと評価していただきました。
掃除代行3社を使ってみた 妻の精神的負担が軽減
※どなたでも1ページ目はお読みいただけます。
日経DUALの有料会員の方は全ページ閲覧できます。

NHK「NEWS WATCH(ニュースウォッチ)9」(5/12放送)でCaSyが紹介されました

5月12日放送のNHK「NEWS WATCH(ニュースウォッチ)9」で梅雨の時期にカビ対策などに重宝するサービスとしてCaSy(カジー)が取り上げられました。
CaSyのキャストが、浴室にカビを作らないコツ・心がけも紹介しています。
NHK NEWS WATCH 9特集ダイジェスト「もうすぐ梅雨… “健康にも影響” カビにご用心!」

読売新聞関西版(5/11)にCaSyの料理代行サービスが紹介されました

読売新聞関西版(5/11)の「シングルスタイル」というコーナーでCaSyの料理代行サービスが紹介されました。
ご利用のお客様は、「家庭の味でほっとする」と語って下さっています。
料理代行 家庭のぬくもり

【ニュースリリース】5月8日より東京都・千葉県内の家事代行サービス提供エリアを拡大!

家事代行カジー、5月8日より東京都・千葉県内の家事代行サービス提供エリアを拡大!
~家事代行キャスト増員により、子育て世帯が急増する船橋市・松戸市などの対象エリア化を実現~


株式会社CaSy(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:加茂雄一 以下カジー)の運営する家事代行サービス「カジー」は、5月8日よりサービス提供エリアを拡大します。
これまで、東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県・大阪府・兵庫県内でサービスを提供してきましたが、各都府県における一部地域については、訪問できるカジーキャスト(家事代行スタッフ)を十分に確保できないという懸念により対象エリア外としていました。
カジーは、1時間あたり2,190円~という業界最安値水準ながら高品質の家事代行サービスを提供する商品力と、スマートフォンやパソコンでいつでも簡単に申し込めるという手軽さにより、共働き子育て世帯や多忙な単身者の利用者は増加の一途です。
対象エリア外に在住のお客様からは、エリア拡大のご要望を非常に多く頂いており、訪問可能なカジーキャストの増員が急務となっていました。
カジーキャスト増員施策によって、下記エリアでもカジーの家事代行サービスをご利用いただけるようになりました。

■■5月8日に追加するサービス提供対象エリア■■
【東京都内】
西東京市・小平市・小金井市・国分寺市・国立市・立川市
八王子市(一部)・昭島市(一部)・日野市(一部)
【千葉県内】
船橋市(一部)・松戸市(一部)・柏市(一部)

newmap_1705_tokyo

カジーの家事代行ご利用者登録数は約15,000人で、東京都港区・世田谷区・大田区・品川区・江東区の共働き子育て世帯が多いという傾向が見られます。
平成27年度国勢調査結果によると、「夫婦と子どもからなる世帯数」は東京都港区:25,645 世田谷区:108,733 大田区:80,727 品川区:40,636 江東区:60,938世帯。
新規追加エリアの「夫婦と子どもからなる世帯数」は、千葉県船橋市:83,138 松戸市:61,109 柏市:54,311世帯です。
5月8日からの対象エリア拡大により、カジーがより多くの多忙な子育て世帯に対し、生活の支援やゆとりの提供を行っていくことが期待されます。
 今後も、お客様からのご要望にお応えするため、カジーキャストのさらなる増員を図り、順次対象エリア拡大をしてまいります。

日経産業新聞(4/18)に掲載されました

日経産業新聞(4/18)に、CaSyの家事代行サービスが株式会社ビザスクの福利厚生制度に導入された事例を掲載していただきました。
スポットコンサルのビザスクは、4月18日より、全社員の毎月2回のCaSy利用料金を会社が全額負担し、社員の仕事のしやすい環境作りを図っています。

【ニュースリリース】カジーの家事代行を全社員に付与する福利厚生制度をビザスクが導入

カジーの家事代行が企業の「働き方改革」推進に貢献!
カジーの家事代行を全社員に付与する福利厚生制度をビザスクが導入
~“フルキャリ”社員の仕事効率と働きやすさ向上を図る~

  株式会社CaSyの運営する家事代行サービス「カジー」が、2017年4月18日より、スポット制コンサルティングサービス「ビザスク」を運営する株式会社ビザスク(本社:東京都目黒区、代表取締役CEO:端羽英子 以下ビザスク)の全社員向け福利厚生制度に導入されました。
1時間あたり2,190円~という業界最安値水準ながら高品質の家事代行サービスを提供する商品力と、スマートフォンやパソコンでいつでも簡単に申し込めるという手軽さにより、共働き子育て世帯や多忙な単身者のカジー利用者は増加の一途です。
一方、事業拡大や社員の増員も著しいビザスクは、仕事も生活もフロスロット(全力)で臨む“フルキャリ”の社員たちがさらに効率よく、さらに働きやすい環境を整えるために「働き方改革」を推進しています。
ビザスクは、毎月2回のカジー家事代行サービス利用を推奨し、費用は会社が全額負担します。定期的に家事代行を利用することで家事負担による疲労が軽減され、社員の仕事の効率とモチベーションが大幅に向上することが期待されます。

20代~40代の子持ちの女性300人(共働き:200人、専業主婦:100人)を対象に行ったインターネット調査によると(リクルートスタッフィング調べ 2016年9月30日~10月2日に実施)、負担に感じる家事として「掃除」を挙げた人は72.3%にのぼりました。また、家が綺麗ではないときに「家にいるとイライラしたり、リラックスできない」と回答した人は53.7%、「仕事や家事のやる気がなくなる、効率が悪くなる」と回答した人は30.7%でした。
きれいな部屋で寛いで生活するために家事代行サービスを活用することは、働き手の仕事のパフォーマンスを最大限に引き上げることにつながる、とカジーは考えています。カジー法人プランを社員向け福利厚生に導入する企業は増えつつありますが、「働き方改革」を推進し、一億総活躍社会の実現に貢献するべく、各企業・団体のニーズに沿って法人向けプランを柔軟にカスタマイズし、企業・団体への啓蒙を強化していきます。
また「家事代行のおねだり代行」の認知拡大に努め、「カジーを自身の勤務先の福利厚生に導入して欲しい」と願う働き手に代わって多くの企業・団体への法人プラン導入を促進してまいります。

J-Waveのラジオ番組「WORDS ALIVE」(4/14 24:00~24:30放送)でCaSyが紹介されました

J-Waveのラジオ番組「Koh Gen Do WORDS ALIVE」(4/14 24:00~24:30放送)でCaSyを取り上げていただきました。
代表取締役CEO加茂雄一、ご利用者様3名のインタビューが紹介されました。
またナビゲーターの安藤桃子さんが、家事代行について、CaSyについていろいろ語ってくださいました!
ページトップ