家事代行サービスを東京でお探しなら、お財布と心が笑顔になるクラウド家事代行「CaSy(カジー)」

家事代行キャスト登録はこちら
お問い合わせはこちら

CaSy TOP

お掃除辞典

玄関

玄関の内側の掃除

お掃除辞典玄関の内側の掃除

お掃除ターゲット

埃のたまりやすい場所の掃除
玄関とは、家族だけでなくお客様も避けては通れない出入口なので、いつも綺麗に保っておきたい場所ですが、日々、外からの汚れが入ってきます。 掃き掃除を毎日できればいいですが、それ以外の家事が優先されることが多いと思います。 そうするうちに、玄関床には砂や泥染みが目立ってきて、週1回でも掃き掃除をしようとすると玄関内で砂埃が舞う始末。 かといってドアを開けると、風が入ってきて逆効果なんてこともよくありますよね。 できれば、水をまいてブラシで磨くのがベストですが、すぐには乾かないのが難点です。

必要な道具、掃除方法や手順

ティッシュの意外な使い道
水を撒きたい気持ちをぐっと抑えて、少々手間のかかる方法ですが古新聞(なければ捨ててもいい古タオル)を水にタップリ浸して軽く絞ります。 ぽたぽた水が滴るぐらいで手のひら大に適当にちぎり、玄関床にテキトーにばらまきます(古タオルの場合は事前にハサミで切っておきます)。 50センチ四方に1辺くらいあれば掃除がしやすくなります。 あとの手順はいつもの掃き掃除と同様に、玄関奥から外へ向かって、新聞紙を箒で床に擦り付けながら掃いていきましょう。

掃除のコツやワンポイント

対襖のティッシュ活用法
この方法は、昔の日本家屋でよく使われていました。 玄関床だけでなく、埃が溜まっていたり水拭きしにくい場所の掃除にも使えます。 埃が舞いにくく新聞紙がゴミを吸着し、その上すぐに乾いてしまうので少しの手間がかかりますが、市販の掃除用ウェットシートを買わずに拭き掃除ができますよ。 コツというには当たり前のことかもしれませんが、レレレのおじさんみたいにパッパパッパと掃かずに、埃をたてないように穂先を払わずに止めながら掃くのが基本と言われています。
ページトップ