こんな日は外で♪都内の自然&ビールが美味しいとっておきスポット5選

あたたかな陽射し、通り抜ける心地よい風……。春から初夏の今の季節は、外で美味しくビールが楽しめる時期!

夏真っ盛りになると日焼けや熱中症が気になり、朝からずっと屋外にいるのは大変です。気持ちよく過ごせる今の季節だからこそ、おでかけしに行きませんか?そこで今回は、都内の自然が豊かでビールが美味しく飲めちゃうスポットを5つご紹介します。

遊具もドッグランも!小金井公園(武蔵小金井駅)

小金井公園は面積が約80ヘクタールもあり、その広大さは都立の公園の中でも最大規模で、日比谷公園のなんと4.8倍も!広大な敷地の中には、季節の花が咲き乱れ、広いドッグランや、子どもも楽しめる遊具があちこちにあります。春にはお花見を、夏にはバーベキューを楽しむこともできるんです。広い芝生エリアもあるので、ビールやご飯を買い込んで、シートを敷いてピクニック気分を味わうことも。

アクセスは、JR武蔵小金井駅と、西武新宿線花小金井駅からそれぞれバスで10分~15分程度です。

王子駅から徒歩5分!飛鳥山公園(王子駅)

なんといっても駅から近いのがうれしい、飛鳥山公園。少し長めの階段を上がっていくため、小高い丘の上にいるような気分になれます。頂上からは複数の電車を見下ろすこともできるため、鉄道ファンにも人気のようです。

公園内には多数のベンチがあるので、シートはなくても大丈夫。ビールを飲みながらまったり過ごすことができます。

アクセスは、JR王子駅から徒歩5分。頂上までは『アスカルゴ』と呼ばれる自走式モノレールがあり、階段を歩くことが困難な高齢者や、ベビーカーでも安心して利用できるようになっています。

大人も大興奮?バードウォッチング&交通公園もある、善福寺川緑地公園(西永福駅)

善福寺川緑地公園は、丸ノ内線南阿佐ヶ谷駅と井の頭線西永福駅の間にまたがる、東西に長く、広い公園です。

公園内には、珍しい鳥がいるためか、バードウォッチングを楽しんでいる大人がいたり、楽しく交通マナーを学べる『杉並自動交通公園』も併設されています。まさに大人も子どもも楽しめる場所です。どこかに場所をとって楽しむというよりは、ビール片手に散歩をしながら園内を巡るといいでしょう。住宅地の中にある公園のため、とても静かで気持ちのいい場所です。

アクセスは、井の頭線西永福駅、もしくは丸ノ内線南阿佐ヶ谷駅から徒歩10分程度。バスも頻繁に走っているためオススメです。

大きな観覧車から都内を見下ろそう!葛西臨海公園(葛西臨海公園駅)

葛西臨海公園は、都内に住んでいる方にとってはおなじみの公園かもしれません。広い駐車場もあるため、車でのアクセスも便利です。

オススメは、園内のメインロードを突っ切った場所にある、広い芝生エリア。東京湾が一望でき、少し先にはディズニーランドも見えます。海の風を感じながら、晴れた日にはゴロリと横になって、時間を気にせずぼーっとしに行きませんか?

アクセスは、JR京葉線葛西臨海公園を降りて目の前にあります。駅前にコンビニやテイクアウトができる飲食店もあるので、園内で飲食を楽しみたい際にはここで調達するのも便利です。

番外編:今話題のおしゃれスポット『Tinys』で川沿いの大人時間を(日ノ出町)

横浜地区の間をゆったり流れる大岡川が目の前に流れる、大人のスポット、『Tinys(タイニーズ)』。京浜急行電鉄の高架下にできた可動式の施設『タイニーハウス』を活用した場所です。

壁がなくとても開放的な空間にあるため、川辺でビールを楽しんでいる感覚になれます。頻繁にイベントなども行われているので、興味のあるイベントがある時にタイミングを合わせていくのもよいかもしれません。

アクセスは、京浜急行線日ノ出町駅から徒歩3分程度。街並みもあわせて楽しみながら行きましょう。

手軽に、楽しく、気持ちよく

まだまだ紹介しきれないほど、都内でありながら自然とビールを楽しめるスポットがたくさんあります。テラス席のカフェなどでもいいのですが、自然を感じられる場所であれば、なお一層ビールが美味しく飲めるのではないでしょうか。

この週末から早速、家族やパートナー、お友達との予定に追加してみてはいかが?

photo/CaSyジャーナル

高時給!週1日2時間からできるお仕事
家事代行スタッフ登録

この記事を読んでいる人は
こんな記事も読んでいます

つい言ってない?子供の食べ遊びで叱らないNGワード4つ

子育てママ必見!赤ちゃんとお出かけの必需品5選

機内や現地で困らないために!赤ちゃん連れの海外旅行 で持っていくべき3つ