【スペシャルクロストークレポート・前編】 小安 美和さん × 浜田 敬子さん ―家事を依頼する罪悪感、乗り越えて手に入れたもの

株式会社CaSyは5月26日(木)、キャストと呼んでいる同社の家事代行スタッフの日頃の活躍を讃え、感謝を伝えるための年に一度の恒例行事「キャストセッション2022」をオンライン開催しました。のべ580人のキャストが参加し、仲間たちと学びや交流を深め合いました。

特別プログラムとして、女性の雇用創出・リーダー育成・起業家支援等に取り組む株式会社 Will Lab 代表取締役 小安 美和(こやす・みわ)さん、元AERA編集長でジャーナリストの浜田 敬子(はまだ・けいこ)さんをゲストに迎え、「キャストが活躍すると、社会もよくなる」と題してクロストークを開催しました。

前半は、自宅の家事を他人にお願いする「罪悪感」も払拭されたご自身たちの家事代行体験から、キャストの仕事の意義に話が広がりました。そのクロストークの模様をレポートします。

モデレーターは、株式会社CaSy 取締役CHROの白坂ゆきが務めました。

登壇者プロフィール

小安 美和 様
株式会社 Will Lab 代表取締役

ー プロフィール ー
日本経済新聞社入社。2005年株式会社リクルート入社。エイビーロードnet編集長、上海駐在などを経て、2013年株式会社リクルートジョブズ執行役員 経営統括室長 兼 経営企画部長。
2015年よりリクルートホールディングスにて「子育てしながら働きやすい世の中を共に創るiction!」プロジェクト推進事務局長。
2016年3月同社退社、6月 スイス IMD Strategies for Leadership(女性の戦略的リーダーシッププログラム)修了。2017年3月 株式会社Will Lab設立。岩手県釜石市、兵庫県豊岡市、朝来市などで女性の雇用創出、人材育成等に関するアドバイザーを務めるほか、企業の女性リーダー育成、ひとり親の就労支援、女性起業家支援等に取り組んでいる。
2019年8月より、内閣府男女共同参画推進連携会議有識者議員。
2021年2月より、W20デリゲート。

 

浜田 敬子 様
ジャーナリスト/
前 Business Insider Japan 統括編集長/AERA元編集長

ー プロフィール ー
1989年に朝日新聞社に入社。前橋、仙台支局、週刊朝日編集部を経て、99年からAERA編集部。
副編集長などを経て、2014年からAERA編集長。
編集長時代はネットメディアとのコラボレーションや1号限り外部の人に編集長を担ってもらう「特別編集長号」など新機軸に挑戦。
2017年3月末で朝日新聞社退社し、世界12カ国で展開するアメリカの経済オンラインメディアBusiness Insiderの日本版を統括編集長として立ち上げる。2020年末に退任し、フリーランスのジャーナリストに。「羽鳥慎一モーニングショー」「サンデーモーニング」のコメンテーターを務めるほか、ダイバーシティや働き方などについての講演多数。著書に『働く女子と罪悪感』。

 

家事を依頼する罪悪感をどう払拭?家事代行利用のきっかけ。

CaSy 白坂ゆき(以下白坂)

まず、お二人が家事代行をお使いになったきっかけをお伺いしてもよろしいですか?

 

浜田 敬子さん(以下浜田さん)

子どもが15年前に生まれたとき、ベビーシッターさんに来ていただいたのがはじまりです。その後、離れていた実家の両親を近くに呼び寄せたのを機に、同じ方にお掃除をお願いするようになりました。

当時私も夫もとても忙しい職場にいて、休日は疲れ切ってしまっていました。家事だけでなく、保育園のお手伝いや行事などもあって、子供との時間が取れなかったんです。だから本当に助かっていました。まさに「やめられない」感覚。

当時所属していた編集部には、仕事の傍ら家事も育児も全部自分でやっているという後輩もいました。そこで「お金を払ってでも、自分のための時間を創ったほうが、長く健康に働けるよ」、とよく勧めていました。

▲浜田敬子さん

 

小安 美和さん(以下小安さん)

初めて家事代行を使ったのは、10年くらい前だと思います。それまでは、私はすごく頑張って、自分で家事も育児も全部やっていたんです。当時ものすごく忙しく仕事をしていて、夜中も土日も働いていたのに、寝ないで掃除をしていたんです。

私をそうまでさせていたのは、母の「家のお掃除は女性の務め」という厳しい教えがあったから。それで私も必死でした。

そんな生活に「もう限界だ」と思ったとき、恐る恐る家事代行サービスを使ってみたんです。それからは、私もやめられなくなりました。

▲小安美和さん

 

白坂

現在はCaSyを利用してくださっているお二人ですが、最初に家事代行を使うのに、抵抗感や罪悪感はなかったでしょうか?

 

小安さん

私はとにかく「家事というものは女性がやるものだ」という母からの先入観があったので、最初はものすごく罪悪感がありました。でもこれ以上自分でやると体を壊してしまう、と、本当に「ヘルプ!」という感じでお願いしたんです。

 

浜田さん

私はシッターさんから入ったので、実は罪悪感がなかったんですよ。シッターさんなしでは、本当に仕事を続けることができなかったので。何より、担当の方がすごくよかった。

罪悪感よりむしろ、自分が苦手なお掃除をやってくれている「感謝」や、「やめられない」という気持ちのほうが大きかったですね。

家事代行を勧めた後輩の中には、「知らない人に家のことをお願いするのは夫が嫌がる」という人もいました。そんなとき私は「じゃあ夫にその分家事をやってもらってね」と必ず伝えていました(笑)。夫は家事をやりもせず、他人に任せるのも嫌、では働く女性たちが大変すぎます。そしてプロのクオリティは、なかなか自分では再現できません。得意な人に家のことをおまかせすることに、罪悪感を感じる必要はないと思います。

 

小安さん

私は家事代行を依頼するときに、3つのハードルがあると思っています。1つは、私自身の心理的障壁。2つめは、夫など家族のハードル。他人が自宅に入ることを嫌がる人もいますから。自分では家事をやらないのにね(笑)。3つめは、どう依頼すればいいのかイメージがつかない、という依頼方法のハードルだと思います。

とりわけ1つめのハードルは大きく、越えにくいものですが、私の場合はある時期お願いしていたキャストさんが私にぴったり合っていて、お片付けについてたくさんの提案をしてくださり感動したことがありました。家の中が本当にきれいになって、「プロって素晴らしい」と思ってからは、抵抗感がなくなりました。

「時間」が手に入ると、「心の余裕」と「家族の平和」もついてくる!

白坂

それらのハードルを超えた先で何が得られるのか、教えていただきたいです。お二人は、家事代行への依頼で、何を手に入れましたか。

 

浜田さん

私は、なんと言っても「時間」。ただでさえ苦手なことを、週末にやらなくちゃと思うだけで気が重い。家全体の掃除機がけ、お風呂やトイレの水回り掃除…、2、3時間はかかりますよね。苦手なことを嫌々しなくて済むので、ストレスもなくなりました。

最初はみんな、「お金がもったいない」と言うんです。家事はやろうと思えば自分でもできますから。でも私は「絶対に惜しいとは思わなくなるから」と伝えています。時間が手に入るということは、気持ちの余裕が手に入るということ。週末にぽかっと自分の時間が空くので、コーヒーを飲んだり、散歩をしたり新聞をゆっくり読んだり。だからそれはコストではなく、自分のための投資だと言っています。ワーキングマザーって、本当に忙しい。時間が生まれることによる精神的な余裕は、家族の平和にも必ずつながります。

 

小安さん

時間と、心の余裕と、家族の平和。本当にそうですね。家が散らかっていると、心も荒(すさ)むんです。家族と喧嘩になるんですよね!「どうしてこんなところにこれが置いてあるの?」とか(笑)。手に入ったものとして付け加えるならば、私は「片付けの知恵」。ものを捨てられなかったのですが、キャストさんにアドバイスをいただいてだいぶスッキリしましたから、「空間」も手に入れている!

 

浜田さん

私も担当のキャストさんに、家主である私さえも知らなかった家の汚れを教えてもらっています。例えば排水溝のトラップが外れることを知らなかった。「こんなところにこんな汚れが溜まるんだ!」と、一度キャストさんの技を見せてもらうと、時間があるときに自分でもできるようになりますね。

あと、定期で同じキャストさんに来ていただくと、私の家の構造や生活リズムを把握してくださるようになる。すると最近は、どんどん気づいて提案をくださるんです。「この配送された水は片付けておいたほうがいいですか?」「窓も拭きましょうか?」「次来たときはここをきれいにしますね」と。それが最近すごく嬉しかったこと。

 

白坂

実はCaSyには「ささやかな心遣いで、少し上の『ありがとう』」というキャストクレドがあります。その中には「見えないところも手を抜かず…」という一文が含まれています。お客様が気付かない部分であってもしっかり対応するのがCaSyのキャストさんです。ですがお二人は、「こんなところにこんな汚れが!」という発見と共に、キャストのはたらきに気づいてくださっていたのですね。

キャストが何を大切にしながらどんな動きをしているのかをよく見てくださり、喜んでくださっていることをとてもありがたく思いました。

次回、後編に続きます。

 

 

高時給!未経験OK!週2時間〜
家事代行スタッフ募集中

この記事を読んでいる人は
こんな記事も読んでいます

初めてCaSy vol.6「小中学生を持つ多忙なワーキングマザー宅へ。初めてのお掃除代行に密着!」

お財布に優しい!家事と収納におススメな100均グッズの紹介

キッチンから漂う嫌なニオイの原因は? 簡単に消せる方法はある?