働くママに自由時間を!家事時間を節約する時短アイテム5つ

働くママに自由時間を!家事時間を節約するためのアイテム5つ
あなたは1日のうちどれくらいの時間を家事時間に費やしていますか?家族がリフレッシュし、団らんするための家庭のはずが、家にいるほとんどの時間を家事に費やしているという方もたくさんいるのではないでしょうか。今回は、そんな1日のうちの家事時間を節約してくれる時短アイテムを5つご紹介します。

【1】食洗機

家事の中で避けて通ることができず、毎日複数回必ずついてまわるのが【食器洗い】。どちらがやるのか夫婦で喧嘩になってしまった経験がある方も多いですよね。

私は1人目の子供の妊娠を機に食洗機を取り入れました。近所に住んでいた先輩の家にあり「家にある家電の中で1番活躍していてコスパがいい!」と紹介されたため、購入に踏み切りました。家族で使えるものだと6万円くらいする機種が多く高いと感じましたが、使い出してみるとその快適さにびっくり。

機械が洗うことに半信半疑でしたが、自分で洗うよりも綺麗になり、水の使用も手洗いより少ない機種もあるのだそうです。子供が生まれてからも、哺乳瓶や乳首も洗うことができ、うちの機種では熱湯洗いもできたので衛生面で安心でした。

【2】部分洗い用ハンディー洗濯機<COTON>

スプレー缶のような見た目の小さな洗濯機が販売されているのをご存知ですか?うっかり子供が食べこぼしてしまった食品汚れや、洗ったばかりのワイシャツについてしまった口紅などのシミを、洗濯機で洗うことなく洗うことができる便利なグッズなのです。

水を噴射しながら1分間に約700回振動し、汚れをかきだしてくれるハンディ洗濯機。おでかけ先にも簡単に持ち運べるので、子連れランチに持ち運べば、帰宅した後の洗濯が格段に楽になりますよね。

【3】傾かないハンガー

最近ホームセンターでみつけて、私も購入した【傾かないハンガー】。
普通の洗濯バサミハンガーは、左右の重みを見て洗濯物を干さないと、どちらかに傾いてしまいますよね。

重さを合わせるために洗濯かごの中身をガサガサと見て、傾いたら調整……、意外と時間がかかってしまった経験ありませんか?しかし、この傾かないハンガーがあれば大丈夫。両はしにフックがついていて、それを使って物干し竿に干せば、どんな干し方でも傾く心配なし!これなら手当り次第にどんどん干せて、干し直しも無しですね。

【4】流せるトイレブラシ

トイレ掃除に必要不可欠なトイレブラシですが、ブラシ自体が汚れてしまった時、それをゆすいでそのままケースに戻すことに抵抗はありませんか?
ブラシに汚れがついてしまうと取るのは大変ですし、乾燥させてからケースに戻そうとすると置き場所に困ってしまうトイレブラシですが、最近は【流せる】トイレブラシというものが発売しているのです。
掃除が終わったらワンタッチボタンを押すだけで、ブラシをそのまま便器に流すことができます。これならブラシの衛生面を気にしないで済むので、ブラシ洗いの時間を時短できますよね。

【5】シューズ洗濯ネット

毎週末持ち帰られる子供たちの上履き。室内だけで使っているはずなのにかなり汚れて帰ってきて、毎週洗うことに疲れてしまった…という方も多いのでは?そんなあなたを助けてくれるのはシューズ洗濯ネット。まさかの、上履きを洗濯機で洗うという男前なネットなのです。

通常の洗濯ネットに靴を入れて洗ってしまうと、洗いの段階では特に問題がなくても、脱水になると洗濯機の内側に靴が激突し、音がするだけでなく、靴は傷み、洗濯機も故障の原因になってしまいます。しかしシューズ洗濯ネットは内側にやわらかい素材の骨組みがあり、洗濯機との衝突を予防。実際に使った方の口コミでも「普通の洗濯と同様の音しかしなかった」との声が。そして、洗い上がりもきれいになり「使いだしたらやめられない!」との声が上がっているのです。

心配な方はまず子供のサイズアウトしそうな上履きから始めてみてはいかがでしょうか。気に入ったら、癖になるかも!

■おわりに

いかがでしたか?毎日の家事は忙しく、息をつく暇もないと感じている主婦の方々、ぜひこうした便利グッズを活用して、余裕のティータイムを勝ち取ってはいかがでしょうか。

高時給!未経験OK!週2時間〜
家事代行スタッフ募集中

この記事を読んでいる人は
こんな記事も読んでいます

クエン酸と重曹の使い分けで、安心&エコな賢いお掃除!

共働きママ必見!赤ちゃんがいても家事を時短できるコツ

雑巾しぼりにさようなら!100均グッズで時短掃除のススメ