大掃除のその前に!絶対にやっておいた方がいい3つのこと

気がつけば、すでに12月!となると、いよいよ大掃除という難題から逃げられなくなりますよね。

とはいえ、忙しいし、寒いし、掃除道具を買いに行かなきゃだし、面倒だし、掃除しなくちゃいけないところがたくさんあるし……。と、ただでさえ重い腰に、余計な重りがたくさんついているような気になってしまいます。

そんな重い腰をやっとあげて、年末にいざ大掃除!となっても、準備が整っていなくて再びヤル気消失……。という事態に陥らないためにやっておくべきなのは、実は大掃除の事前準備。これだけはやっておきたい3つのポイントをお伝えしましょう。

今すぐに!この3つだけご準備ください!

①大掃除スケジュールを立てる

大掃除を遂行するにはスケジューリングが大切です。「私は予定を立てない」「いきあたりばったり」なんて豪語している人も、大掃除に関しては別物と考えてください。大掃除は予定が決まってこそ実現できるのですから。

しかし、いくら予定を立てても、その予定に無理があっては意味がありません。実際にその通りに大掃除が進んでいくような、現実的な予定が必要です。そのために、この順番でスケジューリングしてみましょう。

  1. 大掃除をする場所をリストアップする(玄関・キッチン・お風呂場・トイレ・リビングなど)
  2. リストアップした箇所の中で、重点的にキレイにしたい場所を決める(この際、目をつぶる場所もあっていいのです)
  3. 自分や家族のスケジュールをチェック(大掃除は家族で協力してやってしまいましょう)
  4. 大掃除の日を決める(いざ、決戦!)

年末ギリギリになって慌てないためにも「大掃除を早い時期から始めたい」と考える人は少なくありません。気持ちはわかりますが、大掃除のスケジュールは12月に入ってからがベストです。あまりに早くから取りかかると、本腰を入れて大掃除をしたい年末にはもう疲れきってしまうこともあります。そして大切なのは大掃除をしないお休みの日も設けておくことです。無理がないスケジュールを心掛けましょう。

また、このスケジューリングの時に、家族の中で大掃除箇所の担当者を決めておくといいですね。一人暮らしの場合は、友達を巻き込んでしまうという手もアリです。

②大掃除の道具を揃える

大掃除をするには掃除道具が不可欠です。いざ大掃除を始めようとしても、道具が揃っていないとやる気をなくしてしまいますよね。そこで、まずは掃除道具の準備をしましょう。最低限必要なものはコチラです。

  • 洗剤
  • 雑巾(マイクロファイバー雑巾がオススメ)
  • ハンディワイパー
  • スポンジ
  • ブラシ

①でリストアップしたお掃除箇所に合わせて、上記のものを用意しましょう。ほとんどが100円ショップでも購入可能ですよ。

また、大掃除の道具は自分で作ることだってできます。作ると言っても至って簡単。古着や使い古したタオルを使いやすい大きさにカットするだけでOKです。古着なので、大掃除で使った後はそのまま捨ててしまうことができますね。他にも、使い古しの歯ブラシも用意しておくと便利。窓のレールの掃除や浴室のタイルなど、大きなブラシが入らないところは歯ブラシでお掃除するとキレイになります。

準備をしっかりとしておけば、大掃除をしながら「アレがない!」と中断して買い物に行くのを防ぐことができます。

③片付けは先に済ませておく

「大掃除をしていたはずなのに、気づいたら床に積んでいた本を読んでいた」
「大掃除をするはずが、片付けで終わってしまった」

これらは大掃除あるあるですよね。リビングの大掃除では、フローリングにワックスをかけたりといつもより念入りに掃除をしたいのに、床に物がいっぱいあってフローリングが見えない。お風呂場はシャンプーなどを置く棚までキレイにしたいのに、モノが乱雑に置かれているなどなど。大掃除をしたいけれど、散らかっていてはかどらないというのはよくある話です。

こうならないためにも、まずは片付けをしておく必要がありますよね。重要なのは、片付けと掃除は全く別であるということ。片付けは、出しっぱなしになっているものを収納するか、または不要品と見なして処分をするかの判断をすることです。これをするだけで、大掃除がしやすい状態が整います。片付けは大掃除の前日までに終わっているようにしましょうね。

いかがでしたか?大掃除で重要なのは、実はこれらの事前準備なのです。準備をしっかりしておけば、大掃除を1日で終わらせることも十分可能。そうすれば空いた時間を他のことに使えますよね。また、スケジューリングの際に事前準備の時間も考慮しておくと、直前になって慌てずにすみます。

用意周到にしてこそスムーズに遂行できる大掃除。今年こそ、キレイなお家で年末年始を迎えましょう!

photo/PIXTA

この記事を読んでいる人は
こんな記事も読んでいます

共働き・子育て家庭の救世主!ほったらかし調理家電おすすめ5つ

クッションやぬいぐるみは洗える?型崩れしない洗濯&お掃除方法は?

子供に和食を作ってあげたい。そんなママへの最初の一歩は!?