仕事と子育てが両立できるかも!?手抜き家事のススメ3つ

仕事と子育てが両立できるかも!?手抜き家事のススメ3つ
仕事復帰はしたものの、家事や子供の世話に追われて、毎日が必死の子育て奮闘中のあなた。もしかして、必要以上に頑張り過ぎていませんか?

手を抜くことは、決して悪いことではありません。その分、心にも時間にも余裕を持たせて、快適な生活を送れるはずです。今回は、何気ないちょっとしたことで、うまく手抜きできそうな家事を3つ紹介します!

【1】夕飯の1品は、●●だけに!

一汁三菜が基本、とはいえ、仕事してクタクタの毎日の生活の中で、それを守り通すのは至難の業です。コンロも2~3口フル回転させて、あれもこれも……は、作るのも片づけるのも大変!

手作り料理はもちろん大切ですが、手間暇かけて頑張るのはお休み限定にして、仕事がある日は、1品を●●だけのおかず、にしてみましょう!

そのまま焼くだけ、揚げるだけのような調理方法の手抜きはもちろん、あっためるだけのお惣菜も良し!です。

ただし、食卓に出すときは、そのままボン!と買った容器のまま出すのは、手抜きがバレバレでNGです。きちんとお皿に盛りつけてあげるだけでも、見栄えが良くなって、美味しくいただけますよ♪

さらに補足として、おかずはなるべく一人ひとり小分けにして出しましょう。ただし、洗い物を増やさない方が楽なので、幾つかに区切られているプレートでお子様ランチ風に……大皿で出すより特別感が出て、食も進みます!

【2】リビング以外は週末にかけろ!

掃除機は、モノをどかしながらの作業となるので、意外と時間がかかります。フローリングなどでゴミが目につくと気になりますが、ここは思い切って、全体の掃除は週末などのお休みの日にまとめてやると決めて、みんなが集まるリビングだけに集中しましょう。

リビングがきれいなだけで、家全体の印象も変わるから不思議ですよね!?お休みの日は逆に、来客などもあるかも知れないので、リビングの掃除はせず、寝室・子供部屋などの小部屋をメインに片づけましょう。

また、掃除機を使わなくても掃除ができるグッズを有効活用するのも、一つの方法です。フローリングシートや雑巾、モップなど、各部屋の片隅に置いておくだけで、ちょっとしたゴミや汚れにもすぐに対処でき、作業効率もアップ!します。

【3】当番制や分担は、家族コミュニケーションの一歩!

これは、いろいろなパターンがあります。家族構成にもよりますが、家族みんなで協力し合える家事分担が、やはり理想的ですよね?筆者の経験で幾つかの例を挙げてみます。

1.洗濯物を取り込むときは、一人に一つのカゴを準備して放り込むだけ。たたむのは各自で!
2.食べ終わったお皿は下げた時にそのまま各自が洗う!
3.ホワイトボードを用意し、曜日ごとに担当する家事をルール化する!(犬の散歩・お風呂掃除・ゴミ出し・炊飯器の設定……など)

一つひとつは些細な内容ですが、誰かに手伝ってもらうことで、時間短縮になるだけでなく、家族間のコミュニケーションもとれて、まさに一石二鳥です♪
子供が小さければ、一緒にやってみて、できた後にいっぱい褒めてあげましょう!「手伝ってくれてありがとう!お母さん、とっても助かったよ!!」と。

小さいころに手伝った家事というものは、案外心の中に自然に残り、かなりの高確率で習慣になっていくものです。大きくなってからあれこれ頼んでも嫌がられるだけなのが悲しい現実……。

今からでも遅くはありませんよ。ぜひ提案してみてください!

【おわりに】

挙げればキリがないくらい、手抜きできることはあります。

でも肝心なことは、自分が楽をしたいから、ということではなく、家族間の思いやりや協力があってこそできる手抜きもあるのだということ。一人で頑張り過ぎず、時には家族に甘えてみましょう!!

高時給!未経験OK!週2時間〜
家事代行スタッフ募集中

この記事を読んでいる人は
こんな記事も読んでいます

掃除嫌いな人に捧げる!掃除マニアが教える好きになるコツ

疲れた時の救世主!簡単で美味しいズボラ飯のアイディアレシピとは?

知らないとソン!時短に繋がる生活雑貨の選び方