梅雨のじめじめに負けない!浴室のカビで悩む前にできること

お風呂場はカビが生えやすい要素でいっぱい!ちゃんと浴槽はお掃除しているつもりでも、気づくと壁の隅や窪み、シャンプーボトルの底にカビが…!?放置して頑固な汚れになってしまう前に、お風呂のお掃除をあらためてチェックしましょう♪

梅雨時期のお風呂の困りごと例

梅雨は湿度が高くなり、カビが生えやすくなる季節。中でもお風呂はお家の中でも常に湿度が高く、こもった空間なため、最もカビが生えやすい場所となっています。

黒カビ

お風呂場の床や天井、壁のくぼみなどに発生しやすい黒カビ。斑点状にポツポツとできるのが特徴です。

黒カビは皮脂や石鹸カスを栄養源としていて、20〜30度の暖かい温度、高い湿度の酸素がある場所で発生しやすくなります。これらの条件が揃うとあっという間に増殖してしまいます。時間が経つにつれ、取れにくい汚れになってしまうので、見つけたら早めに除去しましょう。

ピンクのぬめり

赤カビとも言われるピンクのぬめり。これは実はカビではなく、「ロドトルラ」という酵母菌が増殖したもの。水滴が残っている所や汚れている所で発生しやすく、放置すると黒カビの原因にも。浴室ではすぐに発生しやすい汚れではありますが、落としやすい汚れでもあります。掃除が大変になる前に、見つけたらすぐに落とすようにしましょう。

梅雨に役立つ一手間

熱いシャワーをかける

カビは50度以上の温度の場所では生きることができません。排水溝や壁など、カビが気になる場所に、50度の熱いシャワーをかけるのがおすすめ。ただし、お湯をかけたあとそのまま放置すると、だんだんとカビが大好きな20〜30度のぬるい温度になってしまうので、すぐに冷水をかけるのがコツ。排水溝にはお湯をかけたあとに氷を入れておくのもいいでしょう。

水は残さず、最後に上がる人が拭き取ろう!

水滴が浴室に残っている状態のまま、お風呂を上がっていませんか?残された水滴が栄養素となり、カビの原因に。最後に入った人は湯船のお湯をすぐに抜き、浴室内の壁や鏡などもさっと水滴を拭き取りましょう。おすすめは自分の身体を拭いたタオルで拭き取ること。タオルはそのまま洗濯機に入れてしまえばいいので、抵抗がない方はやってみてくださいね♪

こまめに換気を

湿度が50%以下になると、カビの繁殖率はぐんと下がると言われています。そのため、浴室の換気はとても大切。最後に入浴した人は特に、換気扇を必ず回し、湿気が浴室にこもらないようにしましょう。

シャンプーで「ついでに小掃除」を習慣に

お風呂の壁や溝のお掃除は、一度にやろうとすると腰が重くなってしまいます。身体を洗うついでに、桶も洗う、浴槽内をスポンジで洗うついでに、壁も少し擦る、など、ちょっとした「ついでに」掃除の積み重ねでピンクぬめりや黒カビを防ぐことができます。

その際に役立つのが、実はシャンプー。界面活性剤が含まれているものは、皮脂や垢などのタンパク質を落とすのに効果があります。髪を洗うついでに、浴室内のちょっとした汚れならシャンプーで落とすことができます。定期的なお掃除が苦手な人には特におすすめ!ぜひ意識してみてくださいね。

 

梅雨に役立つお風呂掃除グッズ

排水溝グッズ

ネットタイプやシールタイプなど、今ではお掃除を簡単にする排水溝グッズが百均・薬局でたくさん売っています。

使い捨てネットをかぶせておけば溜まった髪を触らずにパッとすぐ捨て、付け替えることができるので簡単でおすすめです♪排水溝にはさまざまな形があるのでご自身の家庭の排水溝の形を確認してから購入するようにしましょう!またネットは毎日取り替えましょう。

防カビくん煙剤

浴室の床、壁、天井なども全て丸ごと防カビしてくれる便利グッズ!

使い方は簡単、浴室に置いて約90分放置、その後換気をすれば防カビ完了です。使用上の注意をよく守って利用しましょう。

効果は約2ヶ月続きます。使う前にあらかじめカビを取る必要はなく、浴室内のものもそのままで使えるので事前準備は不要です!

番外編:浮かせるグッズ

近年は床との接地面に水が溜まってカビが発生するのを予防するために、「浮かせる」グッズも増えています。

シャンプーボトルだけでなく、風呂桶や椅子を壁にくっつけることができるものも販売されています。気になる方は「浮かせる収納」「お風呂」などでぜひ検索してみてくださいね。

どうしても生えてしまったら

カビ取り剤で除去しましょう

予防していても気付かぬうちに発生してしまうこともあります。そういった時はカビ取り剤を活用し、増殖する前にしっかり除去しましょう。

しつこいカビには散布したあと、ラップなどで数十分間湿布をするのがおすすめ。頃合いを見てしっかり流せばお掃除完了です。

カビ取り剤は強い洗剤なので、「混ぜない」「使用していい素材以外には使用しない」といった注意が必要です。特に、塩素系漂白剤の場合は有毒ガスが発生する場合があるので、必ず「使用上の注意」を守ってください!

カビは放置してしまうと落とせない汚れになってしまいます。気づいたらなるべく早くお掃除しましょう。

まとめ

梅雨の悩みの種であるカビ。中でも特に発生しやすいお風呂は毎日使う場所だからこそ、気付かないうちに汚れが蓄積してしまう場所でもあります。お風呂グッズを活用し、適度に手を抜きつつ、梅雨のじめじめに負けず、きれいで清潔なお風呂を保てるといいですね♪

高時給!未経験OK!週2時間〜
家事代行スタッフ募集中

この記事を読んでいる人は
こんな記事も読んでいます

その保冷剤、捨てないで!こんなにある保冷剤の賢い使い道

ハイハイ赤ちゃんのママ必見!廊下を掃除する安全で身近な洗剤3選

GWだからこそ着手!片付けたくなる子ども部屋を作る、5つの方法