ん?トイレが臭い・・・!発生源と掃除法を徹底解説!

 

トイレに入るとふと「なんか臭う…!?」なんてことありませんか?
頭を悩ませるトイレのこの臭い、一体どこから来て、何をすれば消えるのでしょうか。

トイレの悪臭には様々な原因と、それに合った対処法があります。自分のおうちでは何が原因で臭っているのかを見極め、悪臭を撲滅させましょう!

トイレの臭いの原因

尿のアンモニア臭

尿は思ったより広範囲に飛び散っているもの。例えば便器の裏側などの目に見えないところ、また床や壁について放置されている尿も、匂いの原因になっていることも…。また、男性が立って使用している場合、尿ハネがさらに広範囲に及びやすくなります。

飛び散った尿を放置すると、尿素が尿石に変わり、トイレの黄色い汚れの原因となります。そしてそこに雑菌が繁殖することで、アンモニア臭が発生するとされています。

カビ

トイレは窓がない密閉空間なことが多く、さらに常に水気があるので、湿度の高いこもった空間でなりがち。そのため、カビが繁殖しやすく、トイレのタンクの中や便器の裏側、壁にも気づくとカビが発生していることがあります。

発生したカビも、いわゆるカビ臭さの原因となることも。発生しやすいところはしっかりチェックしましょう!

排水管の詰まり

排水管の流れが悪くなり、詰まりが発生すると、トイレの排水管の構造の一部である「排水トラップ」という部分が機能しなくなってしまいます。正常に機能していれば下水の臭いが上がってくることを抑えてくれますが、詰まっていると下水の臭気が上がってきてしまい、臭いの原因となってしまいます。

天候、気温 などの外的環境

梅雨や暑い時期は湿気が高く、雑菌が繁殖しやすい季節。また、気温の上昇とともに空気が膨張するため、臭いも気になる季節です。

またお掃除をしても解消されないときは建物の設備自体に問題があるかもしれません。例えばアパートやマンションの場合は管理会社へ連絡する必要も出てくる可能性があります。

トイレの臭いを防ぐ掃除方法

ここからは、これらの原因によるトイレの臭いを防ぐお掃除方法を解説します!

トイレの壁・床・天井、換気扇

目に見えない尿ハネは、トイレと床の境目や、壁、床、部屋の隅などにまで及んでいることも。トイレシートや雑巾、トイレ用洗剤などを使って、汚れをしっかりと取り除きましょう。

壁の場合は腰より低い位置に尿が飛び散りがち。ただ拭いただけでは取れない場合、トイレ用洗剤や重曹を使うのもおすすめ。ただし、壁紙によっては薬剤に弱いものもあるので、まずは目立たないところで少しだけ使い、壁紙が傷まないか試してからにしましょう。

コツとしては、床や壁を水拭きするなら、乾いた状態で一度ほこりをハンディワイパーやローラークリーナーなどで払ってからにしましょう。ほこりが水気を含むと、汚れのこびりつきや広がりの原因になってしまうためです。

あまり掃除をしない換気扇や天井にも、アンモニア臭が染み付いてしまっていることがあります。未然に防ぐためには、定期的に換気扇のほこりを取るなどのお手入れをすることが大切です。

換気扇に市販のほこり取りフィルターを取り付ければ、汚れた時にそれを取り替えるだけでいいので手間の削減になりますよ。サイズも豊富なのでぜひ試してみてください。

便器

便器のふちの裏までしっかり掃除できていますか?掃除していても、見えないところは汚れが見落とされがちな便器。掃除する際、便器の裏までしっかり汚れが落ちているか確認をしながら、便器の縁にトイレシートを沿わせるように拭きましょう。正面から見えづらいところは手鏡を使って確認するのもおすすめです。

便器と便座の間も意外と汚れが溜まりやすいポイント。そこに尿汚れが発生している場合もあります。トイレの種類によってはスライドして取り外しをしてお掃除ができる機種もあるので、説明書を見ながら試してみてください。

また、プラスチックでできている便座部分は、乾拭きは厳禁って知っていましたか?トイレットペーパーや濡れていない雑巾で拭くと細かい傷がついてしまい、そこに雑菌が繁殖して更に臭いのもとになってしまうこともあります。トイレの説明表示をよくチェックして道具を選ぶようにしましょう。

タンク

常に水が張っているタンクはカビが繁殖しやすい場所になっていて、そこからカビ臭が発生していることがあります。他の便器や壁を掃除していても、タンク内にカビが生えていると部屋の臭いはなかなか解消されません。

一度タンクを開けてみてカビが生えていないか確認してみましょう。
水を抜き、しっかり掃除をすることも可能ですがどうしても手間はかかってしまいます。

トイレタンク専用の洗浄剤がドラッグストア等でも販売されています。タンク内に入れて規定の時間放置することで、つけ置き洗いができるようになっています。簡易的ではありますが、ある程度のカビ汚れ防止が期待できます。ぜひ試してみてください。

また、重曹を入れてしばらくおき、流すことでカビの発生を抑えることができます。カビ予防として手洗い場に置くだけでタンク内を綺麗にしてくれるグッズも売っています。様々なグッズもチェックして活用してみましょう♪


ウォシュレット

シャワートイレのノズルに尿などが飛び跳ねたままだと、汚れがこびりついてしまいがちです。その場合、ノズルを掃除することで匂いがなくなることがあります。

お掃除モードでノズルを出したら、トイレ用のお掃除シートでしっかりと拭いてあげましょう。トイレ掃除と同じ頻度でこまめに汚れを落とすことで、雑菌、臭いの発生を格段に抑えることができます。

1点、ノズルがプラスチック製の場合は、乾拭きは傷の原因になりますので避けましょう。こちらもよく説明表示を見てお掃除道具を選ぶようにしてください。
ノズルがプラスチック製の場合は、乾拭きは傷の原因になりますので避けましょう。

消臭剤だけでは、臭いを除くことができないので、換気や掃除が必要

消臭剤だけでは根本的な臭いの原因の解決には不十分なことがあります。隅々まで汚れが取れているか確認をし、こまめな掃除、換気を心がけましょう。

まとめ

なかなか取れないトイレの臭い、みなさんのおうちの原因は分かりましたか?

トイレの臭いには様々な要因があります。少し大変ではありますが、こまめなお掃除が臭いを発生させないためのいちばんの近道。毎日使う場所だからこそ、汚れには敏感に対処し、定期的なお掃除を心がけて、使って気持ちの良いトイレにしましょうね。

 

高時給!未経験OK!週2時間〜
家事代行スタッフ募集中

この記事を読んでいる人は
こんな記事も読んでいます

栄養価がとにかくすごい納豆、実は食べるのに最適な時間があった

知らないと大喧嘩?共働きの新婚夫婦が家事でうまくやるコツ5選

無理せず続けられる!お弁当作りを楽に、楽しむコツとは?