こんなにあった!水回りの汚れは種類別に対処してスッキリ

こんなにあった!水回りの汚れは種類別に対処してスッキリ
台所、トイレ、お風呂、これらの水回りは汚れやすい場所。なぜ、汚れやすいのか?原因は水そのものと雑菌。
水に含まれる成分が汚れになるのです。この水による汚れは放っておくと固くなり、落としにくくなる、とても厄介なもの。
そして、どこにでもある雑菌は水分が大好きなのです。水回りの掃除のコツを汚れの種類別に紹介します。

1.水あか

水道水に含まれるカルシウムやマグネシウムが残った白っぽい汚れです。
水分が蒸発するたび、少しずつ堆積していきます。

蛇口の先端やシンク、浴槽などにできやすい汚れです。

中性洗剤で落とします。落ちにくい場合はクレンザーを使います。
蛇口やシンクはクエン酸を使うと曇りが取れ、きれいに仕上がります。

2.ざらつき

せっけんや体の脂肪分が水道水中の金属成分と反応してできるもので【金属せっけん】と呼ばれる汚れです。
白っぽく、ザラザラしています。
少しずつ堆積している汚れで、目につく汚れとなったときは、簡単には落ちない状態になっています。

浴槽のふちや洗面ボウル、手洗いボウルにできやすい汚れです。

軽度のものは中性洗剤で落ちますが、頑固なものはクレンザーでこすります。
また、クエン酸でも効果があります。
ただし、堆積した状態の汚れはすぐには落ちません。
根気よく、少しずつはがして落としていきましょう。

3.黒ずみ

空気中のカビが、せっけんやあかなどを栄養源に繁殖した汚れです。
また、湿度が高い場所でカビは繁殖します。
放っておくと、カビは奥底まで入り込み、完全に除去することができなくなります。

浴室の床や壁、便器の内側、タイル目地や境目に使われるシリコンシール材などにできやすい汚れです。

目地の奥に入り込んだカビには、カビ取り剤が有効です。
漂白効果のあるカビ取り剤は、カビの色も除去できますが、色落ちの危険があるので注意しましょう。
また、刺激臭があるので、換気は十分におこないましょう。

4.ピンク汚れ

水の中の細菌(バクテリア)がせっけんやあかなどを栄養源として繁殖した汚れです。

トイレや洗面台の排水口や水栓まわり、便器の内側や浴室の床や壁などにできやすい汚れです。

中性洗剤で落とします。
完全に落としきれていないと、すぐに同じところに発生します。
ブラシやスポンジで早めにこすり落としましょう。

5.ヌメリ

水分がある状態で細菌が繁殖したもので、細菌やカビなどの微生物がかたまりになってできた汚れです。
排水口や排水トラップ、ゴミ収納バスケットなど水がたまる場所にできやすい汚れです。

中性洗剤でこすり落とします。
臭いが気になる場合やしつこい汚れの場合は塩素系の洗剤が効果的です。

ヌメリを予防するには、金属イオンが効きます。
十円玉やアルミホイルを排水口に入れておくと、ヌメリが軽減されます。

6.もらいさび

濡れたヘアピンやカミソリなどのさびがステンレスやプラスチック、陶器に付着した汚れです。

クレンザーでこすり落とします。
メラミンスポンジが使える場所でしたら、メラミンスポンジも効果的です。

まとめ

水そのものが原因となっていたり、水があることで雑菌が増殖する汚れであったり……
水を残さないことが、汚れを減らせる近道であることがわかりますね。

水回りはちょっと気をぬくと、すぐに汚れがたまってしまいます。
手遅れにならないよう、日頃からのお手入れが大切ですね。

高時給!週1日2時間からできるお仕事
家事代行スタッフ登録

この記事を読んでいる人は
こんな記事も読んでいます

スーパーフードをプラスして効率よくキレイになる時短レシピ2選

先輩ママから聞く!育休から復職で罪悪感との闘いの日々と結果

これじゃリラックスできない!トイレのニオイをなくす掃除法&予防法