家事代行の利用率・利用者ってどんな感じ?CaSyがすべて答えます!

『家事代行サービス』、広告やテレビ番組などでその存在を知り、いくつかのサービスの内容を調べたりしたことこそあるにしても、実際には使ったことはない、という方が多いのではないでしょうか。実際に利用した人の感想などを聞いてみたくても、家庭の状況が違う方だったりするとなかなか話題にできなかったりすることもありますよね。

そんな、家事代行を利用してみたいけれど、実際に利用率はどうなの?不安なことはないの?と困っている方に向けて、家事代行サービスを提供しているCaSyが行ったアンケート結果などをもとにサービスの内容をご紹介します!

利用したことがない方の、“使わない理由”って何?

年々、女性の出産後の復職率は上がっており、共働き世帯はますます増えていっている状況です。そんな時に役立ててほしいのが、『家事代行サービス』。でも、なかなかサービスの利用に踏み切れていない方も多いようです。

・家に知らない人を入れることに不安がある
・物を壊されたりしたらと心配
・自分でもできる“家事”を他人に任せることに抵抗がある
・どのぐらいやってくれるのかわからない

たしかに、家事代行サービスは基本的には“人”を介して提供されるもの。家事を行ってくれる方の人柄や家事のスキルなどに対しての不安の声がもっとも多く挙げられました。また、時間さえあればできる“家事”という仕事を、お金を払って誰かに依頼することへの抵抗感。自分たちの母親世代はそんなことはしていなかったのに、自分だけ我慢せずにアウトソーシングしていいものなのだろうかと、後ろめたさを感じていらっしゃる方もいるようです。

実際に利用している人はどんな人?

では、実際に家事代行を利用している方々はどのような方が多いのでしょう。CaSyをご利用いただいた方々のデータをまとめてみました。

<年齢>30代・40代で約7割、次いで20代が約2割
<世帯構成>家族世帯が6割、次いで単身者が4割
<家族世帯の内訳>共働き・子供あり世帯が約6割、次いで片働き・子供あり世帯が約2割、共働き・子供なし世帯が約1割

(※ 2017年2月~2018年6月集計)

上記の内訳を見ると、多くが30代~40代の共働き・子どもあり世帯です。30代~40代ともなると、管理職になったり、責任ある仕事を任されることが増えてきます。そのため、「仕事が多忙で家事の時間が割けない」、「仕事と家事を行うと子どもとの時間がとれない」という現状があるよう……。そこで、「お金はかかるけれど、家事は誰かにお願いしたい」と依頼をする方が多いようです。

家事代行を利用し始めたきっかけは?

不安な気持ちはどなたも同じであったはず。それでも家事代行サービスを初めて利用してくださったきっかけは、以下のようなものがありました。

・仕事が忙しすぎて、どうしても家事に手が回らなくなったので、誰かに助けてほしかった(会社員/フルタイム/子供2人)
・ずっと気になってはいたので、広告などで見て実際に利用してみようと思った(会社員/育休中/子どもあり)
・第2子が誕生したタイミングで、家事をする時間が極端になくなった(会社員/フルタイム/子ども2人)
・引越し後、なかなか片づけができず、誰かに手伝ってほしかった(事務アルバイト/共働き/子供なし)

(※2018年7月実施のユーザーインタビューより)

やはり仕事と子育ての両立で悩んでいて、どうしようもなくなった方がCaSyを頼りにしてくださったことが大きなきっかけのようです。また、衣替えや後片付けなど、一時的に必要として、CaSyをご利用いただいている方も多くいらっしゃいました。

高時給!週1日2時間からできるお仕事
家事代行スタッフ登録

実際に利用してみてよかったことは?

CaSyを利用して、よかったことを挙げてもらいました。

<よかったこと>
・自分ではできないことや、普段はなかなか手の周らない箇所まで目をかけてくれること
・頼むと心に余裕が生まれること
・キャストの方々のスキルが高く、教育をしっかりと受けている感じを受けた
・直前でも依頼できたり、価格が他社よりも抑えられていることなどの、利用ハードルの低さ
・掃除や料理のやり方がそもそもわからないので、やり方を学べるのがよかった

排水口の掃除や、散らかった服の片付け、お風呂の水アカとりなど、日々の生活の中で時間をとらないとできないことを代行してもらえたことを『よかったこと』として挙げてくださる方が多いようです。「人を家に上げることが不安だ」とおっしゃっていた方も、実際にサービスを使ってみるとCaSyキャストの人柄やスキルの高さに驚いたそうで、不安が払拭されたとのことでした。

また、「家事がとても苦手だけれど、どうしたらいいかわからない」という方は、CaSyキャストに実際に家事を教えてもらうことで、その後に生かすことができたというメリットもあったそう。

家事代行に頼ってもいい時代に

今後ますます家事代行が必要とされる時代になることを見据え、CaSyでは日々キャスト陣の拡充や教育、さらに事前の情報開示やマッチングの精度を高めるための施策を遂行しています。その理由はただひとつ。誰かに家事を依頼することで家族の時間が持てたり、自分の時間を確保したりと、より豊かな生活を送っていただきたいと考えているからです。

家事代行サービスは、体験してみないとその便利さがわかりません。百聞は一見にしかず。まずは一度利用してみて、その良さを実感してみてくださいね。

photo/PIXTA

高時給!週1日2時間からできるお仕事
家事代行スタッフ登録

この記事を読んでいる人は
こんな記事も読んでいます

スッキリピカピカ!洗面台のぬるぬる掃除を簡単にするコツ

不満爆発!共働きでも家事をするのは自分ばかり……どうしたらいい?

これだけは利用したい!共働き家庭を助ける時短家事便利グッズ8選