エアコン掃除は自分でもできるの?自分でできるお掃除と業者にお願いするお掃除の違いを解説!

いつの間にやらすっかり秋ですね!気づけば肌寒い日が続いていますが、サマーシーズンを終えた今、エアコンのお手入れはどうしていますか?

掃除する頻度が少ない分、忘れてしまいがちなエアコン掃除。今では自動清掃機能がついているものもある中、お掃除を忘れてしまいがちになっていませんか?

実は、自動清掃機能付きであっても、エアコンを正しく清潔に使うためには定期的なお掃除と管理が必要です。

じゃあエアコン掃除ってどうやってするの?
自分でできるの?業者にお願いしたほうがいいの?
そんなエアコン掃除事情について解説します!

エアコン掃除が必要な理由

ほこりの蓄積・カビの発生

今では自動掃除機能が付いているエアコンが多いですが、それで掃除されている部分はフィルターのみのことがほとんどで、ダストボックスに溜まったほこりは自分で捨てる必要があり、内部までの清掃はできていません。

きちんと内部をお掃除をしないとカビが発生してしまったり、さらには気付かぬうちにそのカビやほこりを乗せた空気が部屋中に蔓延し、健康に影響が…なんてこともありうるので、注意が必要です。

電気代の節約

実はエアコンを掃除することで電気代の節約になるんです!

エアコンの内部やフィルターを綺麗にすることで空気の吸い込み・吐き出しがスムーズになり、少ない電力でエアコンを稼働させることができます。電気代も自然と落ち、節電に繋がります。

エアコンの効きの改善

内部の汚れによって送風が妨げられている場合は、汚れを除去することで本来の送風機能が回復することがあります。

条件や機種にもよりますが、エアコン掃除をすることで風力は2倍に、室温が設定温度に達する時間は1/4になる、とも言われています。

エアコン掃除の必要性とメリットはおわかりいただけたでしょうか?
とはいえ、知識が曖昧なまま自分でやってしまい、エアコンを壊してしまうことは避けたいですよね。

そんな事態を避けるべく、エアコン掃除のどこまでが自分でできて、どこからをプロの業者さんにお願いするべきなのか、明確な区分けをしっかり把握しておきましょう!

自分でできる部分と業者に頼む部分

自分でできる部分

自分ができる掃除部分は、基本的にフィルターと、外から見える羽部分、そして外装部になります。
無理矢理分解をして内部を掃除をしようとすると故障に繋がるケースがあるので控えましょう。

業者に頼む部分

分解を伴う内部の掃除は、業者さんが行う区分になります。
専門的な知識のもと、専用の機器を用い、隅々まで掃除をしてくれます。
外からは見えない箇所になりますが、実はカビで真っ黒、なんてこともあるエアコン内部。定期的にプロにお願いするのがおすすめです。

自分でするエアコン掃除

お掃除の前に

ではここからは、自分で掃除をする場合、どういったステップで行うべきかをご紹介します!

まず、感電等の事故を防ぐため、必ず電源は抜いてから作業を始めましょう。また、エアコンは高い場所にあるため脚立などを使うと思いますが、思わぬ事故につながらないようくれぐれも足元には気をつけてくださいね。

必要な道具

  • ハンディモップ
  • 掃除機
  • 雑巾
  • タオル
  • 台所用中性洗剤
  • 古くなった歯ブラシ

手順

  1. ハンディモップで表面のほこりをとる。
  2.  きつめに絞ったタオルで吹き出し口など汚れが目立つ部分を拭く。
  3. 本体のカバーを開け、フィルターを取り出す。(簡単に持ち上げられるような掃除機をお持ちの場合は取り出す前に一度ほこりを吸ってください。そうすることで取り出すときに埃が部屋に舞い上がるのを防げます。)
  4.  下に新聞紙などの紙を敷き、フィルターを置いて掃除機で丁寧にほこりを吸い上る。
  5.  ダストボックスがある場合、溜まったほこりを取り除く。
  6. 洗面台へ持っていき、裏側から水をかけて水洗いをする。(汚れが落ちない場合は台所用中性洗剤をかけて柔らかい歯ブラシなどで細かい汚れを取り除きましょう。)
  7.  乾いたタオルで水分をしっかりと拭き取り、乾かす。

理想的な頻度

掃除頻度は少なくとも月に1回。使う頻度が高まる時期は2、3週間に1回が理想的です。

全部を一度に掃除するのは時間がかかるので、表面のほこりは週1でハンディモップで除去をするなど、部分ごとに日を分けて対応するのもいいですね。

業者にお願いするエアコン掃除

エアコン内部の掃除は難しい・・・

分解を伴うエアコンの内部の清掃は、基本的に素人では不可能。専門知識を持つプロの業者さんにお願いしましょう。

理想的な頻度

できれば1、2年に1度はプロに任せることをお勧めします。定期的にプロの清掃を入れることで、エアコンの効きや消費電力を保ち、清潔なお部屋環境を維持することができますよ。

プロへ依頼するには

CaSyのハウスクリーニングサービスでも、エアコン清掃を承っています。
他とも比較しつつ、検討してみてくださいね。
詳しくはこちら

まとめ

現代の生活には欠かせないエアコン。

暑い夏が終わり、すごしやすい季節になってきましたが、またすぐに暖房を使う季節も近づいてきます。暖房シーズンがやってくる前に、一度エアコンもお掃除を検討してみてはいかがでしょうか?

定期的なエアコン掃除を習慣づけることで、快適空間を保つことができますよ。

高時給!未経験OK!週2時間〜
家事代行スタッフ募集中

この記事を読んでいる人は
こんな記事も読んでいます

洗濯機でオムツを洗っちゃった…そんな時はアレを使って無事に解決!

料理&片付けが苦手でもOK!?フライパンひとつでできる簡単レシピ

冬の方が乾きにくい!?今こそ徹底したい洗濯物を早く乾かす方法