なんと家事代行が1時間から使える!?おすすめの利用方法3選!

今まで2時間からしか頼むことができなかったCaSyのお掃除代行サービスが、1時間から依頼できるようになったことを知っていますか?

とはいえ、

*一体1時間でどこまでしてもらえるの?
*1時間サービスはどんな人におすすめなの?
*どういう時に使うの?

などの疑問から、依頼に二の足を踏んでしまう方も多いのではないでしょうか。

今日は、そんな疑問を丸っと解決しちゃいます◉

1時間のお掃除代行とは?

CaSyではお掃除代行は2時間からしか頼むことしかできなかったのですが、「より高頻度かつ短時間でお掃除代行サービスを利用したい」というお客様の声を受け、2021年6月より1時間サービスを開始しました。
これまでよりも短時間のサービスとなるため、生活の隙間時間にお願いしたり、週に1度と言わず2回や3回など、頻度を上げてこまめにお掃除をお願いすることもできます。

1時間サービスの料金は、2750円(1時間あたり・別途交通費700円)。

CaSyでは週に1回の定期サービスを選択時のみ、1時間サービスの利用が可能です。

▲サービスの頻度の項目で「週1回」を選択すると、サービス時間で「1時間」が選択可能になります。

1時間でどんなことがやってもらえるの?

そもそも1時間という限られた時間で何がお願いできるの?そんな短い時間でできるの?と、疑問を持つ方もいらっしゃるでしょう。
では、現在、実際に1時間のお掃除代行を利用している方が、どういった内容でお掃除をしてもらっているのか、その一例を紹介します!

 

  • Aさん(共働き)

キッチン15分、トイレ5分、お風呂20分、洗面所10分、廊下5分、玄関5分

  • Bさん(一人暮らし)

キッチン20分トイレ10分、お風呂20分、洗面所10分

  • Cさん(独身、子供2人)

キッチン15分、2部屋(子供部屋)25分、リビング15分、廊下5分

 

このように、1時間という短い時間でも、水回りも含めた複数箇所のお掃除が可能なんです。

毎週掃除して欲しい固定の箇所に加え、その週に応じてプラスで掃除箇所を指定し、家全体のお掃除をお願いされている方も。

例)固定「トイレ」「お風呂」+隔週 「リビング」「玄関」「キッチン」

依頼画面ではそれぞれのお掃除時間の目安が表示されているので、時間を計算しながら依頼するお掃除箇所を選んでみてください。多くの箇所を指定された場合、お風呂は浴槽のみ、吹き上げはしないなど、キャストさんも工夫しながら全体的に効率よくささっと掃除を行ってくれます。

もちろん、2時間や3時間サービスに対して1箇所にかけられる時間が減る分、細かい部分の仕上がりが異なる点は注意が必要です。ですが、「こまめに使うならそれで十分」と考える方にはおすすめですよ!

あくまでも上記は一例ですので、みなさんが利用する際のイメージとして参考にしてみてくださいね。

実際どんな人が使っているの??

CaSyで1時間の家事代行サービスが始まって約3ヶ月、どんな方が現在利用しているのかまとめました!

現在、1時間家事代行の利用者は1R〜1LDKの方が半分近くになります。

やはり部屋が少ない方は1時間で十分、という方も多いのかもしれませんね。

利用者の内訳では、一人暮らしの方の割合がかなり高くなっています。

注意点

お料理代行、ハウスクリーニング、「スポット」や「2週に1回」「4週に1回」の定期お掃除代行では、現時点では1時間のサービスを選ぶことはできません。

また、内容は1時間でできる範囲での対応となります。時間のかかるお掃除や、広範囲・複数の細かい箇所のお掃除は難しい場合がありますので、ご注意ください。行き違いのないよう、内容については、事前にキャストさんと相談することをおすすめします。

こんな人におすすめです!1時間お掃除代行の使い方3選

一人暮らしの方

家事代行というと、ファミリー世帯が使っているイメージが強いかもしれませんが、先程の実態調査の通り、一人暮らしの方で家事代行を利用している方も増えています。

仕事が忙しくてお掃除までは手が回らない、そもそも掃除が好きじゃない、他のことに時間を使いたい、そんな一人暮らしの方に、1時間の家事代行はピッタリです!

1R〜1LDKにお住まいの方

「部屋がそんなに広くないから2時間もお掃除してもらわなくても大丈夫」、「自分でやっても時間はかからないけど、自由な時間がほしいから、やっぱりお掃除を誰かにお願いしたい」。そんな比較的小さな世帯にお住まいの方にも、1時間の家事代行はおすすめです。1Rや1LDKといった限りのあるスペースであれば、時間を持て余さず効率よくお掃除できる1時間はちょうどいいかも。

部分的な掃除をお願いしたい方

最後はピンポイントでお掃除をお願いしたい方へ!

「水回りの掃除は苦手」「掃除機は定期的に自分でかけているけど、細かい汚れが溜まってくる箇所の掃除までは手が回らない」。そんな方は「ここだけはお願いしたい!」という箇所を部分的に1時間お掃除をお願いするのもひとつの使い方。

普段の掃除はしっかりやっているつもりでも気づけば排水溝、トイレ、お風呂場にカビが…なんてこと、ありますよね。全部ではなく「この部屋だけ」「玄関だけ」「水回りだけ」など、一部だけをお掃除代行にお願いすることで、汚れの蓄積を防ぐことができます。

毎週別の場所をお願いすれば、常に家全体をスッキリした状態に保つことができそうですね。

また、いつくるかわからない来客に備えて、玄関やリビングは毎週お掃除代行でサッと綺麗にしておく、という使い方もおすすめ。お客様が入る場所を綺麗にしておけば、いつでも安心して来客を迎えられそうです。

まとめ

今回は、1時間家事代行の内容、実際にどんな方が利用しているか、おすすめの利用方法を紹介しました!みなさん、1時間の家事代行のイメージはつきましたか?

家事代行で予定を縛られてしまうのがネック…、と始められてない方、また、今のプランを見直したい方も、1時間家事代行を試してみませんか?

今回おすすめしたケースに限らず、1時間家事代行はさまざまな家庭に合った利用方法があるはずです!

短時間、低価格で気軽に試してみることができまので、ぜひ周りの方にもおすすめしてみてくださいね♪

ご依頼はこちらから。

会員登録はこちら

すでに会員登録済みの方のご依頼は、こちらからどうぞ。

高時給!未経験OK!週2時間〜
家事代行スタッフ募集中

この記事を読んでいる人は
こんな記事も読んでいます

結婚、同棲…パートナーと共に生活する前に話し合っておくべきこと

今すぐマネしたい週1~毎日までカバー食材宅配サービスの取り入れ方

夏休みに子供がスイスイ自発的にお掃除しちゃう方法