エアコンクリーニングの頻度は年に一回で良い?キレイを保つ方法を紹介

エアコンをつけるとなんだか臭い!

そう感じたことはありませんか?

原因は、フィルター掃除だけでは取り切れないエアコン内部のカビかもしれません。エアコンは定期的なお掃除とプロのクリーニングで、清潔かつ効率的に使うことができますよ。今回は、クリーニングにオススメの時期や頻度と自分でできる掃除方法について詳しくご紹介します。

エアコン掃除の最適な頻度は?

エアコンは、自分で掃除するのが難しいエアコン内部も定期的にキレイにしておく必要があります。

自分で掃除できるフィルターは、月に一度のペースで掃除をするようにしましょう。ただし、夏や冬は使用する時間が長く、頻度も多くなるので、2週間に一度の方が良いです。

自動掃除機能が付いたエアコンも多いですが、この機能で掃除できるのはフィルターのみ。多くの場合、ダストボックスに溜まったホコリを定期的に捨てる必要なければなりません。

エアコン内部もお手入れが必要ですが、ここを自分で掃除をするのは難しいです。黒カビや臭いがエアコン内部に発生しないようにするために、年に一度はプロに依頼してみましょう。

自分でできるエアコン掃除の手順

フィルター掃除とエアコンの周囲のホコリや汚れは、自分でお手入れできます。手が届く範囲で、こまめにホコリや汚れを取り除くようにしましょう。お手入れする時は事故防止のために、必ずエアコンの電源を切ってから行いましょう。

用意するもの

  • ハンディモップ
  • 掃除機
  • 雑巾
  • タオル
  • 台所用中性洗剤
  • 古くなった歯ブラシ

掃除の手順

  1. エアコンの吹出口やエアコン周辺のホコリをハンディモップで取り除く
  2. 吹出口のルーバーを手で回して開き、固く絞った雑巾で汚れを拭きとる
  3. 本体カバーを開けたら、フィルターを外さずに掃除機をかけます
  4. 次にフィルターを外して、表面から丁寧に掃除機をかけます
  5. 手の届く範囲でフィルター周辺のホコリを掃除機で吸い取ります
  6. ダストボックスがある場合は、溜まったホコリを取り除きます
  7. 裏面からシャワーをかけて水洗いします
  8. 汚れが落ちない時は、台所用の中性洗剤をかけて柔らかい歯ブラシなどで優しく洗いましょう
  9. 乾いたタオルで両面の水分をしっかりと拭きとります

エアコンクリーニングに最適な時期

エアコンクリーニングを依頼する場合、オススメなのは4月~5月。この時期は、エアコンクリーニング業者の閑散期にあたるので、希望の日程で予約が取りやすいです。

次が9~10月。夏の間に溜まった汚れを落として、キレイな状態で冬に使えるようにしておくことができます。業者の繁忙期が落ち着く時期なので、春に次いで希望の日程で予約が取りやすくなっています。

避けた方がいい時期は、クリーニングの需要が一番高い6~8月。予約が取りにくくなり、予約が1ヵ月以上先になってしまうこともあります。また、作業中はエアコンを使えないので、どんなに暑くても数時間はエアコンを使えません。

使用頻度が高くなる前に、エアコンクリーニングを依頼してキレイに掃除しておくようにしましょう。ただし、「エアコンがなんだかカビ臭い!」と感じたときは、時期に関係なくエアコンクリーニングを依頼しましょう。放置したままにすると部屋中にカビを撒き散らすことになり、体に悪影響を及ぼすことがあります。

エアコンクリーニングでできること

パネルや吹出し口、フィルター部分はもちろん、自分でのお手入れが難しいエアコン内部まで掃除することができます。内部を高圧洗浄することでカビやホコリを取り除き、稼動時の嫌なカビ臭を軽減します。

定期的にクリーニングすることにより、運転効率が上がるのでエアコンの負担を減らすことができますよ。エアコンの寿命を延ばすためにも、定期的なエアコンクリーニングをするようにしましょう。

定期的なクリーニングでキレイなエアコンをキープ

エアコンを長く快適に使うためには、定期的なお手入れが大切です。年に一度はプロに内部までしっかりクリーニングしてもらえば安心ですね。

我が家も先日、CaSyのエアコンクリーニングを依頼しました。購入から2年で初めてのクリーニングでしたが、真っ黒の排水を見てビックリ。溜まっていたカビや汚れがすっかりキレイになったので、今年の夏は気持ちよく過ごせそうです。

まだ早い?と思う今こそエアコンクリーニングに最適な時期。本格的にエアコンを稼動させる前に、キレイにしておきましょう。

監修:鈴野寿子(家事代行サービスCaSy・お掃除研修講師)

photo/PIXTA

高時給!未経験OK!週2時間〜
家事代行スタッフ募集中

この記事を読んでいる人は
こんな記事も読んでいます

梅雨時は必見!大切な靴にカビが…そのお手入れ&カビ予防方法は?

お手伝いの習慣が身につく!いますぐ一緒にできる簡単なお掃除3つ

お掃除するなら今が最適!新聞紙で楽チン!網戸と窓のピカピカ掃除術