トイレ掃除にはクエン酸と重曹のダブル使いがおすすめ!その理由は?

家の中でも特に汚れが溜まりやすい場所といえばトイレ。汚れもニオイもスッキリさせたいものですが、何しろ狭い空間であるトイレです。成分の強いトイレ用漂白剤などを使うのはちょっと不安だし準備が面倒……なんて人も多いはず。

そこで今回は、手肌や人体にも安全に使えるクエン酸と重曹を使ったトイレ掃除について紹介します。「本当にスッキリ汚れが落ちるの?」なんてあなどることなかれ。この2つ、実はトイレ掃除にぴったりなのです!

クエン酸と重曹がトイレ掃除に適している理由

クエン酸と重曹が、なぜトイレ掃除に使えるのか?その理由はそれぞれの性質にあり。

汚れは反対の性質を持つ洗剤などで中和させることで落としやすくなります。トイレに溜まりやすい汚れである水垢や尿石、黄ばみなどはアルカリ性の汚れ。アルカリ性の汚れは酸性で中和させることでスッキリと落とすことができます。そこで登場するのがクエン酸です。クエン酸の酸性がトイレの汚れに効果てきめんなのですね。

逆に、重曹はアルカリ性の性質を持っているため、黒ずみや手垢などの酸性の汚れに効果を発揮します。また、重曹は消臭効果も兼ね備えているのです。

この2つを揃えておけば、トイレにはびこる様々な汚れに対応できるというわけです。

クエン酸、重曹のスプレーの作り方

それでは、トイレ掃除に使えるクエン酸と重曹スプレーの作り方を紹介しましょう。どちらも、できるだけ早めに使い切るようにしてくださいね。

1: クエン酸スプレー

スプレーボトルに水200ml、クエン酸小さじ1を入れてしっかりとフタをしめ、よく振ります。たったこれだけでクエン酸スプレーは完成です。しっかりと混ぜて使ってくださいね。

もし量を増やしたい場合は水とクエン酸が同じ割合になるように分量を増やしていきましょう。

2: 重曹スプレー

重曹スプレーもクエン酸スプレーと同じく、水200mlと重曹小さじ1をスプレーボトルに入れ、よく振り混ぜます。重曹の場合は、粉が沈殿しやすいので、使うたびにボトルを振りながら使うといいですよ。

こちらも量を増やしたい場合は、水と重曹が同じ割合になるように分量を増やしてくださいね。

クエン酸・重曹スプレーを使った掃除の方法

それではこの2つのスプレー、どのように使い分けてお掃除をすれば良いのでしょうか?今回は、トイレの場所別にお掃除方法を紹介します。

1: 便器

やはりトイレの中で一番汚れが気になる場所と言えば便器ですよね。

まずはトイレットペーパーを便器の内側に貼り付けていきます。その上からクエン酸水をしっかりとスプレー。これは湿布法といい、パックをすることで頑固な汚れを落とす際に便利な方法です。このまま30分程度放置し、パックに使ったトイレットペーパーで軽く便器を拭き取り、剥がします。

そのあとは通常のお掃除と同じくブラシなどでこすってお掃除して完了です。

ちなみにこれは便座裏のお掃除にも効果的な方法です。その場合は、トイレットペーパーでパックしやすいよう、最初に軽くクエン酸水をスプレーして貼り付けるようにしましょう。

2: タンクの蛇口部分

タンクに水を流してくれる蛇口部分、そんなに汚れがたまる部分とは思えませんが、実はいつの間にか水垢がびっしり!なんてことも。

ここでもクエン酸が活躍してくれます。まずは蛇口部分にクエン酸水をスプレーし、便器と同じくトイレットペーパーでパックし、その上からさらにクエン酸水をしっかりスプレー。そのあと30分程度放置し、トイレ用のウェットシートや雑巾でしっかりと拭き取りましょう。

3: 便座

便座の表面は肌が直接触れる場所。普段からトイレ用ウェットシートで掃除していてもいつの間にか皮脂汚れがついてしまうことも。そんな時は、重曹スプレーを利用しましょう。こちらも同じく湿布法が効果を発揮してくれます。

まず便座に重曹水をスプレーします。そこへトイレットペーパーを貼り付けていき、その上からさらに重曹水をスプレーします。ここでもまた30分程度放置して、あとは拭き取って完了!気になる皮脂汚れなどがスッキリ落とせます。

4: タンク

トイレの貯水タンク、なかなか開ける機会がないですよね。しかし、いざ開けてみると黒ずみがびっしりとついていることも。そんな時は、重曹を直にタンクに入れてお掃除することで汚れを落とすことができます。

重曹120gを粉のまま貯水タンクにイン!そのまま6時間程度放置して水を流しましょう。夜、寝る前などに行うといいですね。月に一回程度、このお掃除をすることで、貯水タンクを常に清潔な状態に保つことができます。

5: クロスや床

クロスや床は、クエン酸スプレーと重曹スプレーの併用がおすすめです。

まずは尿の飛び散りなどを拭き取るため、クエン酸水を全体にスプレーし、雑巾などで丁寧に汚れを拭き取っていきます。そのあとは重曹水を全体的にスプレーして、同じく雑巾で拭き取っていきましょう。

これをすることで、尿などのアルカリ性の汚れにアプローチできるだけではなく、床を歩いた際につく酸性の皮脂汚れを落とし、さらに重曹が消臭効果も発揮してくれます。お掃除してもなかなかトイレのニオイがとれない!なんて場合は、このダブル使いを試してみてくださいね。

汚れやすい場所、だからこそ清潔を意識して!

トイレは誰しもが毎日使う場所だからこそ、汚れが溜まりやすい場所です。放っておくと、汚れだけでなくニオイも気になってしまいます。

自分も家族も毎日入る部分は、常に清潔さを保っておきたいですよね。お家で作れる手作りスプレーで、毎日のお掃除を簡単、快適にしちゃいましょう!

監修:鈴野寿子(家事代行サービスCaSy・お掃除研修講師)

photo/PIXTA

高時給!週1日2時間からできるお仕事
家事代行スタッフ登録

この記事を読んでいる人は
こんな記事も読んでいます

30分で完了!CaSyキャストが教える「簡単クローゼットの収納術」

共働き家事の分担戦争勃発!!戦争回避のカギは「家事リストの作成」

片付けられない人から脱却!思わず片付けたくなる部屋作り3つのコツ