ニットはなぜ縮む?簡単に元通りにするための3つの方法

秋冬のおしゃれに欠かせないニット。ゆるっと着られるニットワンピースや、オフィスでも活躍してくれるタイトめのリブニットはもはや定番。そんなサイズ感も重要なニットですが、悩みのタネになってしまうものといえばそのニットの縮み。

おしゃれ着用の洗剤で、ドライコースで洗ったはずなのに、洗濯機から取り出した瞬間に「あれ?」とそのサイズ感に違和感を持ってしまうこともしばしば。

そこで今回は、ニットが縮んでしまう原因と、縮んでしまったニットを元に戻す方法について紹介します。

なぜニットは縮んでしまう?

ニットが縮んでしまう原因は、洗剤や水に触れること。洗剤で洗うと、ニットの中に含まれている必要な油分まで洗い落としてしまい、繊維同士が絡まりやすくなります。

髪の毛を洗った後にコンディショナーをしない状態のままだと髪の毛がごわごわで絡まりやすくなりますよね。それと同じ原理です。

絡まりやすくなった繊維が、水の中で他の衣服とぶつかり合っているうちに繊維同士が絡まって固まってしまい、ニットが縮んでしまうのです。

縮んでしまったニット、元に戻す方法は?

縮んでしまったニット。「もう着られないのかな?」とクローゼットの奥にしまいこんでいませんか?

実は縮んでしまったニットは元に戻すことができるのです。今回は簡単な3つの方法を紹介します。

1:アイロンのスチーム機能を使う

アイロンのスチームを使う方法は、カシミヤやウールなどの天然素材のニットに効果的!

縮んでしまったニットをアイロン台などの平らな場所に広げ、アイロンのスチーム機能を使って蒸気を当てていきましょう。

この際、ポイントとなるのは直接ニットにアイロンを当てずに、少し浮かせてスチームを当てていくこと。できるだけたっぷりと蒸気を含ませてくださいね。

全体にスチームをかけたら手でニットを伸ばしていきます。決して無理に伸ばすことはせず、スチームをかける、手で伸ばすの工程を繰り返して希望通りのサイズまで伸ばしましょう。

サイズ感が戻ったらあとは平置きで乾かすだけ。この際、ハンガーにかけてしまうと肩の部分が伸びてしまうこともあるので、必ず平置きで乾燥させましょう。

2:トリートメントを使用する

髪の毛に使うトリートメントを使用するのも、ニットのサイズ感を元に戻す際に効果的に働いてくれます。トリートメントは、綿や麻の天然素材、アクリルやレーヨンなどの化学繊維にも使える方法です。

洗面器や洗濯桶などにトリートメントを1〜2プッシュ(ニットの大きさによって調節)し、少しの水でといた後に、ニットが浸かるくらいまで40℃ほどのお湯を入れます。

その上からニットを軽く畳んで入れ、押し洗いするように優しくニットにトリートメントの水を含ませましょう。

全体的にニットにトリートメントの水が行き渡ったら、ゆっくりとニットを元の大きさまで手で伸ばしていきます。もちろん、この場合も無理に伸ばさず徐々に行ってくださいね。

あとは平置きで乾燥させれば完了です。

3:柔軟剤を使う

綿や麻の場合は、先に紹介したトリートメントを柔軟剤に変えてもOK。水にニットを浸けて、その後に少しずつ縮んだ部分を手で伸ばしていきます。そのあとは洗濯機で優しく脱水をかけ、平置きで乾燥させます。

8〜9割乾燥したら、その上からアイロンのスチーム機能を使って蒸気を吹きかけていくとより効果的です。もしスチーム機能がない場合は霧吹き、または生乾きの段階でアイロンをかけるでもOKです。

縮んでしまっても諦めないで

ニットが縮んでしまうと、もう着られないと思ってしまいがちですが、実は家で簡単に元に戻すことができるのですね。ニット製品は決して安くないため、できるだけ長く着たいですよね。

お気に入りのニットが縮んでしまった!

そんな時は今回紹介した方法を試してみてくださいね。

photo/PIXTA

高時給!未経験OK!週2時間〜
家事代行スタッフ募集中

この記事を読んでいる人は
こんな記事も読んでいます

お手入れしないと、かなり危険!?ドライヤーのお掃除方法とは?

これだけは利用したい!共働き家庭を助ける時短家事便利グッズ8選

共働き家庭が元気な時にやっておくべき、5つの家事リスクヘッジ