壁や窓際だけじゃない!?床にもカビが生える!今すぐできるカビ対策

これからの季節、部屋の中で過ごす際にとくに気になってくるのが『カビ』問題。じめじめとした空気が室内に広がり、気が付いたら部屋の隅や床、畳の表面、窓際などがカビていて嫌な思いをした、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そんなカビ問題。今回は『床』に特化してその原因と対策についてご紹介します。

カビが発生する主な原因

カビが発生する原因は主にふたつあります。それは『湿気』と『水分』です。

最近の建物は昔のものに比べて密閉性・断熱性に優れています。そのため風の通りが悪く、湿気が溜まりやすくなってしまいます。コンクリートの打ちっぱなしのマンションなども締め切られている箇所が多いので、あまり風通しがいいとは言えないでしょう。共働きで日中は部屋をほとんど閉め切っていたり、日当たりがよくないお部屋も湿気が溜まりやすいため注意が必要です。

もうひとつは『水分』。昨今はフローリングが多いと思いますが、ご存知の通りフローリングは木でできています。木は水がとても苦手。水回りやトイレなどの床はとくにカビに注意したい場所ですが、リビングでもカビが生えてしまうケースがあります。その原因は、おもに冬に起こりがちな『結露』。外気と室温の温度差によって発生する結露がフローリングに垂れてしまうことで、カビの発生につながってしまうのです。

カビ対策① フローリング編

フローリングのお部屋では、湿気が溜まらないようにすることが大切。とくにフローリングの上にカーペットやマットを敷いているご家庭では、その間に湿気が溜まってしまい、気が付いたら床面にカビが生えていた、なんてことも。

1年に何回かは家具を移動させ、マットを外し、窓際などに立てかけて風通しをよくするといいでしょう。また、定期的にワックスがけをすることも、フローリングのカビ予防には最適だといわれています。

また、布団などをフローリングに直に敷いている方も要注意。人が寝ている間にかいた大量の汗は、それを吸収した布団と吸湿性のないフローリングとの間で行き場をなくし、カビの発生につながってしまいます。毎日布団をたたむか、忙しい方でも週に一度は必ず布団を干して汗などの水分を飛ばすことを心がけましょう。

カビ対策② 畳編

畳にも、目に見えないほど小さなカビの胞子が空気中から畳の表面に付着し、繁殖していきます。

畳の表面を触って確認できる程度の軽いカビの発生であれば、天気のいい日に窓を開けて、畳の目に沿ってカビを掃除機で吸い取りましょう。その後、乾拭きをする、という流れを複数回繰り返します。その際に注意したいのは、掃除機を持ち上げてゆっくりかけること。掃除機のファンから部屋中に胞子を蔓延させてしまうことにもなりますので、丁寧に行うことが大切です。

5mm以上、または全面的にカビが繁殖している場合には、天気のいい日に畳を室外に出して乾燥させます。できれば3、4日程度行うことが理想ですが、難しい場合は専門の業者に連絡をしてしまったほうがいいでしょう。

カビ発生の予防策とは

『カビ対策』が終わったら、気をつけておきたいことがあります。これによりその後のカビの発生・繁殖を防止することができます。

①定期的に窓を開けて風を通す

シンプルだけど意外と大切なのが、『窓を開ける』ということ。とくに梅雨や夏場の晴れている日には頻繁に行ってください。雨の日に窓を開けると、水分を吸収してしまうため注意が必要です。

②エアコンの除湿機能を使う

梅雨時は雨が多いため、なかなか窓を開けられないことも多いでしょう。そのような時は、エアコンの除湿機能や、除湿機を稼働させます。そうすることで空気中の水分を吸い取ってくれて、湿気のない室内を維持することができます。

③年に2回は大掃除

荷物が多かったりすると、家具を移動してまで床面を掃除するというのはなかなか難しいかもしれません。ですが、カビが発生してしまうと、完全に除去することは難しくなります。予防策として、年に2回は大掃除をしましょう。とくに湿気のたまりやすいカーペット下、布団を敷きっぱなしの畳など心当たりがある方はすぐに実行を。難しい方は、床面と敷物の間に乾燥材を含んだ防湿シートなどを敷いてもいいですね。

たったこれだけでも湿度をぐっと下げてカビの発生を予防することにつながるのです。

日々の心がけが大切

お風呂場などと違い、洗い流したりすることが難しい床面は、カビが発生してしまうと掃除がとても大変です。また、一度カビが発生してしまうと、そこに根を張り何度も同じ個所にカビが発生してしまうということも。何より、カビと一緒に生活していくのは、気持ち的にも滅入ってしまいます。

そうならないためにも、定期的に対策をして、カビ発生を防ぐ心がけをしてはいかがでしょうか。

監修:鈴野寿子(家事代行サービスCaSy・お掃除研修講師)

photo/PIXTA

高時給!週1日2時間からできるお仕事
家事代行スタッフ登録

この記事を読んでいる人は
こんな記事も読んでいます

スッキリピカピカ!洗面台のぬるぬる掃除を簡単にするコツ

なんと乳がん予防でも食生活が大事!揚げ物などNG食材5つ

部屋が汚い&片付けが苦手…を解決!タイプ別対処法を一挙公開