大切なのは間取りと設備!同棲のお部屋探しで重視すべきポイント

人事異動や転勤などが発令されるタイミング、引越しシーズンが到来しました。今、住んでいる部屋の契約更新をしないで、別の部屋に引越しをしようか。はたまたこのタイミングでパートナーとの同棲や、仲の良い友人とルームシェアを検討している方もいらっしゃるかもしれません。

でも自分の意向だけではなく、同居する人との要望をすり合わせていくのは色々と大変ですよね。そこで今回は、同棲を始める際のお部屋探しにおいて知っておきたい、間取りや設備のチェックポイントについてご紹介します!

1:生活スタイルが違うふたりは、間取り選びを慎重に

自分ひとりで暮らしている時には気にすることもなかった、生活時間帯。これから同居をする際には、とくに注意して考えていきたいものです。たとえば、あなたが飲み会や仕事で夜遅く帰るころには、パートナーはすでに就寝していたり、夜勤と日勤で生活リズムが全く違ったり……。もしも生活スタイルが違うふたりであれば、以下のような間取りがオススメです。

(1)1LDK、40㎡以上がおすすめ

これはふたり暮らしをする方すべてに該当しますが、できるだけ間取りは1LDK以上、40㎡以上を選択しましょう。もちろん予算にもよりますが、1K・1DKだと寝室以外に居室がないので、どちらかが就寝していると、起こしてしまうことも。また広さとしても少々手狭に感じると思いますので、1LDK・40㎡をひとつの目安にしてみてください。長い目で見て、ふたりが快適に暮らせる部屋を探したほうが無難です。

(2)リビングと寝室が離れている

意外とこれが重要。1LDKといっても、間取りは様々なタイプのものがあります。

生活リズムが似ていればよいのですが、もし違うようであれば、リビングと寝室ができるだけ離れている間取りがオススメです。間に廊下や洗面スペースがあるタイプ、リビングを介して2部屋がある2K~2LDKタイプなどだといいですね。生活音が互いに聞こえないタイプの部屋を選びましょう。

(3)ロフト付きの物件も意外とアリ

ロフト物件は若いころはよかったものの、大人になるにつれて敬遠してしまいがちな間取りかもしれません。しかし、最近ではロフト部分の面積だけでリビングと同じくらいの広さがあるものだったり、ロフト部分にウォークインクローゼットのようなスペースがあったりと、機能的なロフトも多くなってきているんです。

もしも「ロフトもアリかも?」と思えるのであれば、ネットなどで検索する際には一工夫が必要です。ロフト付き物件は多くが『1K』の間取りに該当しているものが多いので、1LDK以上で検索している時には検索結果でヒットしない場合があります。また不動産会社を訪問した際に、その意思を伝えるようにしましょう。意外な物件と出会えるかもしれません。

2:友達を家に呼びたい派のふたりは、広めのリビングを

ふたりが『友達を呼びたい派』か『ふたりでゆっくり過ごしたい派』かも、議論のポイントです。どちらかだけが呼びたい派である場合は後々不満の原因となる可能性もあるので、事前に認識を確認しておくといいでしょう。もしふたりともが『友達を呼びたい派』であるのであれば、以下のポイントを重視してみてください。

(1)広めのリビングを選ぶ

友達が来た時にも狭さを感じさせないためには、リビングは11畳程度を目安として選びましょう。11畳あれば、ソファとテレビのリラックススペースと、食事を楽しむダイニングテーブルのどちらも置くことができる広さになります。

(2)カウンターキッチンはパーティ向き

カウンターキッチンやアイランド型キッチンならば、料理を作ってそのままカウンター越しに渡すことができたり、料理を作っている間にみんなの笑顔を見ることができたり。料理好きの方にはとくにオススメです。

(3)食器棚が置けるスペースを確認する

ホームパーティが好きなのであれば、お皿やグラスなどの食器類が豊富にあることが想定されます。今はなくてもこれから増やしていきたい、と思っている方も同様です。キッチンに備え付けの収納スペースがあるか、なければ食器棚を置くスペースがキッチン周辺に確保されているかなどを確認するようにしましょう。

3:荷物が多いふたりは、収納スペース重視で

最後に、収納スペースについて。ふたり分の荷物をひとつの部屋に集めるとなれば、広い収納スペースのある物件であることが必須です。クローゼットは横幅だけではなく、奥行きがあるものがいいでしょう。ウォークインクローゼット付きの部屋だとそのどちらもかなえられるので、扇風機や加湿器などの季節ものの家電の収納などにも活用できます。

また、見落としがちなのが『シューズボックス』の大きさ。靴が好きなふたりであれば、靴箱にたくさん入るものを選ぶと玄関周りがごちゃごちゃしなくていいですね。

ふたりで話し合って、楽しい新生活を!

実は私自身が半年ほど前に同棲を始めたのですが、あとあと「気にしておけばよかった……」と思った3つのポイントをまとめてみました。事前に知っておくだけで、実際のお部屋探しのお役に立てるのではないかと思います。

でも、一番大切なのは、同棲前にふたりでよく話し合うこと。どうして一緒に住みたいのか?生活において何を重視しているのか?そういったことをきちんと話し合って、素敵な新生活を迎えられるといいですね。

photo/PIXTA

高時給!週1日2時間からできるお仕事
家事代行スタッフ登録

この記事を読んでいる人は
こんな記事も読んでいます

子供がいてもお部屋スッキリ!ママたちのお片付けアイデア・3つ

女性ならでは!防災リュックに入れておきたい意外なアイテム5選

梅雨時は必見!大切な靴にカビが…そのお手入れ&カビ予防方法は?