共働き子育て世帯の理想の住まい【賃貸VS分譲】あなたはどっち?

お風呂 バウンサー 赤ちゃんとお風呂に入る時に役立つバウンサーの紹介
夢のマイホームが欲しい!!
そう感じている人は、多くいます。でも、家の購入は、大きな買い物。
失敗しないで、購入したいとだれもが思います。
共働きで子育て中の家庭にとっては、どのような住まいが、理想的なのでしょうか。
家のスタイルも様々ですが、今回は【賃貸VS分譲】という観点から、それぞれのメリット、デメリットも踏まえて、おすすめの住まいをご紹介したいと思います。

分譲一戸建:メリット

人気が高い、分譲の一戸建。
どのような、メリットがあるのでしょうか。

一戸建を購入する人は、庭付きの家に住みたい。と考えている人が多いようです。
庭で、ガーデニングをしたい。犬を飼いたい。子供が好きに遊べるようにしたい。と庭に関して、それぞれの思いがありますね。

それ以外にも、一戸建の場合、駐車場が家についているというメリットもあります。
車や、バイクが趣味の人にとっては、駐車場が家についているのは、理想的な住まいのようです。

洗車も、庭でできるので、マンションに比べて快適だ、と感じる人もいます。
また、子供の成長に合わせて、部屋をリフォームしやすいので、一戸建にしたという方もいます。

そして、分譲一戸建の一番のメリット。音の問題。
マンションなどの集合住宅とは違い、独立している一戸建は、隣の音が気にならないのが魅力と感じている人は多いです。

夫婦で、フルタイム勤務の共働きの場合、夜に掃除をしたり、洗濯をしたりする人も多いと思います。また、子供の歩く音や、遊ぶときの音。これも、マンションだと下の階に住んでいる人への配慮が必要になってしまう点です。
一戸建では、こうした生活音を気にしないでいられることは、大きな魅力です。

分譲一戸建:デメリット

一つには、メリットにもなる庭が、デメリットにもなることがあるようです。

庭に生えてくる雑草。
夏場などは、すぐに生えてくるので、草むしりが大変と感じる人もいます。

また、マンションに比べて、寒いと感じる人もいるようです。
庭の手入れ費用が定期的にかかったり、床暖房の使用頻度が多くなったり、維持費用がかさんだりすることが、デメリットと感じる人もいます。

光熱費や、庭の手入れ費用。それ以外にかかる費用が、家の修繕費。
マンションの場合は、マンション全体で、修繕費を徴収するところが多いです。
でも、一戸建の場合、自分で修繕費を貯めていく必要があります。

このように考えると、分譲一戸建は管理の費用が、思っている以上にかかるのですね。

それ以外にも、セキュリティーに関しても、デメリットを感じている人もいます。
マンションの場合、マンションの建物に、万全のセキュリティーが備わっていますが、
一戸建の場合、自分でセキュリティーを備える必要があります。

分譲マンション:メリット

共働き子育て世帯の理想の住まい【賃貸VS分譲】あなたはどっち?
分譲マンションは、分譲一戸建よりセキュリティーが優れていることが、メリットだと考える人もいます。
管理人の常駐、オートロック、セキュリティー会社と提携をし、敷地内の防犯カメラを24時間体制で、監視するなど手厚い管理体制が提供しているマンションが増えています。
こうした、セキュリティー費用や修繕費用をマンションの組合が管理してくれることが、大きなメリットだと感じるようです。

また、家の管理に関しても、マンションにはメリットがあります。
一戸建の場合、庭の管理などがありますが、マンションは庭がないので、管理に時間も、体力も取られない、と感じている人も多くいます。

子育て中の人は、家事をしながら、子供をみることが多くあります。
マンションの場合、家の中での移動が少ないので、子育てをしやすいと感じる人もいます。

マンションの、上層階に住んでいる人は、窓からの眺めが良いのがメリットだ、という人もいます。
共働き生活の場合、家で過ごす大半は、夜の時間です。
夜の、夜景がきれいな部屋を選べるのも、マンションのメリットだと感じる人もいます。

分譲マンション:デメリット

音の問題が心配、と感じている人が多いようです。
共働きで、子育て中の場合、親の帰りは夜になります。
親の帰宅まで、子供だけで留守番をしているときに、子供の遊ぶときに出る音が、下階に住んでいる人に響いていないか、と心配になる人もいます。

また、夜にする家事の生活音。
これも隣室に響かないか心配をしている人もいます。

それ以外にも、高層マンションの場合、風が強いときには洗濯物が外に干せないことが、不便と感じている人もいるようです。
風が強くなくても、マンションの景観や安全対策のため、洗濯物やふとんを外に干すことができないマンションもあります。

太陽の光で、乾燥させたいと思っている人には、デメリットと感じるポイントです。

賃貸一戸建・マンション:メリット

共働き子育て世帯の理想の住まい【賃貸VS分譲】あなたはどっち?

何と言っても、引っ越しがしやすい、という点があります。

仕事で、急に転勤が決まったときや、子供の成長に伴って住宅を変えたいと思っても、分譲の場合、簡単に引っ越しはできないことが多いです。

でも、賃貸の場合、新しい部屋が決まれば、すぐに引っ越しをすることができます。
家族の生活スタイルに合わせて、住宅を変えられるのは大きなメリットです。

また、分譲で家を購入した場合、固定資産税などの税金を払う必要がありますが、賃貸の場合、そうした税金の支払いがないのもメリットです。

分譲一戸建のメリットに【庭がある】の点がありました。
賃貸でも、一戸建の場合、庭がある物件もあります。

マンションのメリットとして【窓からの眺めが良い】の点がありました。
賃貸マンションでも、眺めが良い部屋があります。

住宅ローンを抱えないで、自分の憧れている部屋に住めるのも、メリットと言える点です。

賃貸一戸建・マンション:デメリット

一番のデメリットと言える点は、どんなに長い期間住んでいても、自分の持ち物にはならないという点です。

分譲の場合、住宅は自分の資産になります。
でも、賃貸は自分の資産にはなりません。
また、毎月の家賃の他に、更新料がかかる物件が多くあります。

住まいの広さの面でも、賃貸にはデメリットがあります。
分譲住宅の場合、自分の希望の間取りに建てたり、リフォームしたりすることができますが、賃貸の場合はできません。

理想的な広さや、間取りがあっても、家賃が高くて借りられない、などの悩みを抱える人もいます。

賃貸マンションを、借りるときのデメリットとしては、分譲マンションに比べて、一般的に壁の作りが薄くなっている場合が多いです。

そのため、分譲マンションに比べて、隣室の生活音がストレスになったりする人もいます。
また、自分たち家族の生活音が響いていないか、心配を感じる人も多くいます。

それ以外の構造も、分譲マンションに比べると、賃貸マンションは貧弱な作りが多いと感じている人もいます。
その他にも賃貸では、ペットの飼育や、楽器の演奏など、制限があるところもあります。

まとめ

賃貸VS分譲では、それぞれのメリットと、デメリットがありました。
【家】と一言にいっても、人によって、理想と感じる感覚は、大きく変わってきます。
分譲と賃貸をどちらにしても、忘れてはならないことは、
・共働きを、続けていくことができる場所にある家か。
・子育てをするのに、向いている環境か

という点を、決定する前に調査していくことは不可欠です。

今回お伝えした、分譲、一戸建&マンション、賃貸の一戸建&マンション。
それぞれのメリット、デメリットを比較検討して、あなたの家庭にとって最適な家かを考えること。
これが一番おすすめの家になります。

共働きで、子育て中の家庭にとっては、どのような住まいが我が家の理想なのかを
ぜひ、一度考えてみてください。

この記事を読んでいる人は
こんな記事も読んでいます

これって私だけじゃなかった!?共働き子育てあるあるエピソード9選

あなたは実践できてる?効果的な怒り方のコツ4つ

今さら聞けない家事ハラスメント!解決には2つの魔法の言葉