赤ちゃんはパンをいつから食べれる?そのままあげる?食べさせ方

赤ちゃんはパンをいつから食べれる?そのままあげる?食べさせ方
離乳食が始まると、10倍がゆから徐々に食べられるものを増やしていきますが、何をどの時期から食べさせることができるのか、悩みますよね。お米だけでなくパンも離乳食の初期から食べさせることができますが、パンは小麦や卵・乳製品などを使用しているのでアレルギー症状を発症することがあって注意が必要です。小麦・卵・乳製品をそれぞれ単品で試しに食べさせて、問題が無いことを確認してからの方が安心して食べさせることができますよ。
食パン・ロールパン・フランスパンなど、“パン”といってもたくさんの種類があるので、どのパンをどの時期にどのパンをどれくらい食べさせることができるようになるのか、ご紹介したいと思います!

どのパンをいつからあげられる?

離乳食が始まって、まず与えることができるのは、“食パン”になります。初期に与えられるパンの量は10gから20gとなっているので、与えすぎないように注意してくださいね。また、パンの耳は固いので、最初は白い部分をくりぬいて食べさせるかサンドイッチ用のパンを購入して使用するようにしてくださいね。
離乳食中期までは、食パンのみでメニューを作りますが、後期になると、“ロールパン” “フランスパン”が食べられるようになってきます。ロールパンは脂分や塩分が多く使われているので、1歳頃から食べさせるようにする方がオススメです。フランスパンは、乳製品を使用していないので、乳製品でアレルギー症状を発症する赤ちゃんでも食べることができますが、塩分が多いので中をくりぬいて使用することがオススメです。
また、最初は一度ゆでて、ゆで汁を捨てたものを調理するなど、ひと手間加えてくださいね。いろいろな種類のパンがありますが、菓子パンは砂糖を多く含んでいたりするので、なるべくあげないようにしてください。

離乳食の初期から完了期にオススメの調理法

・初期
離乳食初期でパンを食べさせたい時は細かくすりつぶした状態で“パンがゆ”を作るのがオススメです
食パン1/4枚を1/2カップのミルクまたは水で煮るだけの簡単なメニューです。かぼちゃのペーストなど、野菜のペーストなどを加えれば、バリエーションが豊富になるので便利ですよ。

・中期
離乳食中期になると、食べ物をすりつぶすことができるようになるので、1㎝角程度のちょっと大きいサイズになってきても食べられます。6枚切の食パン1枚を、100㏄のミルクで煮るのが基本的な調理法になります。そのほか、野菜と煮て栄養たっぷりな一品としても良いですよ。

・後期
離乳食後期の時期には、かじって食べることができるので、手づかみで食べれるメニューを増やしていくなど、バラエティも豊富になります。フレンチトーストなどでおやつ代わりにしてあげてもいいですよ。大きさを小さくして握りやすくしてあげれば、赤ちゃんも自分で食べることができて楽しく食べられます。

・完了期
完了期になると、ロールパンやフランスパンなど食べられる食材も多くなるので、料理のメニューも増えていきます。グラタンやサンドイッチなど、肉やチーズなどを組み合わせてバランスよく食べさせたいですね。

いかがでしたでしょうか?パンは、卵・乳製品を使用しない種類のものがあったり、米粉パンがあるなど種類も豊富にあります。トランス脂肪酸フリーの商品も増えてきているので、商品の成分表示を確認して、安心できるものから挑戦してみるといいですよ。

高時給!週1日2時間からできるお仕事
家事代行スタッフ登録

この記事を読んでいる人は
こんな記事も読んでいます

ゲッ……お腹が痛い!梅雨時の食中毒を防ぐためにできること3つ

自分ばかり子育ての不満があると思ってない?対処するコツ4選

0歳からできる!身体を使って育脳することが良いと科学的に判明!