学校の成績は生活で上がる!?子供に教えたい理想的な3つの生活習慣

学校の成績は生活で上がる!?子供に教えたい理想的な3つの生活習慣
生活習慣。
これは、大人も子供も考える必要のある大事な点です。大人は、仕事の面でも健康の面でもよい生活習慣を送ることで、暮らしが豊かになります。

同じように子供も、良い生活習慣を作ることで、学校の成績に大きな違いが出てくるという事をご存知でしょうか?
今回は、家庭でできる教育の一つとして、学校の成績が上がるための理想的な生活習慣3つをご紹介したいと思います。

予定をたてることを教える

学校に行くのは楽しいけど、学校で勉強をするのは好きではない、というお子さんもいらっしゃいますね。
やる気が起きない理由の一つは「宿題などが多すぎて遊べない」と子もいれば、「勉強が分からない」という事で悩んでいる子もいます。

病気やいじめという大きな問題が隠れているのなら話は別ですが、そうではないのなら、予定をたてることを親の皆さんが教えてみるのはいかがでしょうか。
勉強は、子供が第一に優先する分野の事柄です、遊びはその次になる分野の物ですね。
第一優先の事を先に行うという習慣を身に着けるためにも「予定をたてる」という事は大切な事です。

予定をたてるにあたって、どのような分野がありますか
・宿題
・学校の持ち物を準備する時間
・遊び
・テスト
・塾や習い事

それ以外にも、お子さんの予定には、どのようなものがありますか?
親の皆さん、一度お子さんと一緒に優先順位を考えた予定を一緒に考えてみるのはいかがでしょうか。

どのような期限の予定をたてると立てた予定を実行しやすくなるでしょうか。可能なら、以下の期限の予定をそれぞれ立ててみることをお勧めします。
・1日
・1週間
・1ヶ月
・3ヶ月の
こうした、期限の単位で予定を立てておくなら、毎日の習慣を確立しやすくなりますし、約束や提出期限を忘れることが無くなります。

予定をたてるなら「時間が足りない」と感じることが無くなり、勉強をしても遊ぶ時間も増えていくことが感じられるようになります。そのためにも、予定をたてる際は1分単位で立てるのではなくて、30分単位や1時間の単位で立て、余裕のある時間配分で予定を立ててみましょう。そうするなら、お子さんも予定に圧倒されないでチャレンジしやすくなると思います。

健康に気をつける

体のメンテナンスがてきていると、やる気がわいて力がみなぎるように感じてきます。結果的に、学校に行くことが楽しくなり、学ぶことが苦ではなくなってきますね。では、どのような分野の健康を考えてみるのは良いのでしょうか。
基本的な健康としては、睡眠、食事、運動ですね。
子供は大人の体への成長をする期間の体になります。成長期に入る10代には、体の変化も大きく出てきますので、特に健康には気をつける必要があります。

必要な睡眠時間をきちんと取りましょう。睡眠不足のまま学校に行っても、集中できません。また、感情の面でも不安定になりやすいので、やる気を起こすことが難しくなります。
食事の面ではいかがでしょうか。朝食をとることには、脳を目覚めさせる効果や、集中力が高まりやすくなるという効果があると言われています。学校に行く前には、朝ご飯を食べていくことも、学校でのやる気を起こしやすくする方法の一つと言えます。

適度の運動も、大切です。運動の効果は、筋肉や骨が強くなることや体力強化以外にも大きな効果があります。それは、体の免疫力が高まり、ストレスが緩和されるという効果があります。
ストレスがかかっている状態で、集中して考えるという事は難しいことです。でも、運動によってストレスがある程度緩和されて、気持ちが切り替えられるなら、学ぶことへ気持ちが集中しやすくなると考えられています。

家族で食事をし会話をする

親は共働きで忙しく、子供は塾があり家族が全員そろって食事をすることは難しいという家庭が増えています。でも、子供の成績と家族で一緒にする食事には深い関係があります。

家族で共に食事をして、食事の時に家族で楽しく会話をすることができている子は「親から愛情を受けている」と感じることができます。そうした安心感が子供の精神的な安定感に大きな影響を与えます。
精神的に安定している子供は、感情面においても積極的な考えを持ちやすくなります。また精神的安定は正しい自尊心を作るのにも欠かせ要素になってきます。

自尊心を持っている子供は、学ぶことにおいて無関心になる可能性は少なくなります。また、感情的な病気にかかるリスクも低くなると考えられています。思春期になり、感情面でも難しい時期になったとしても、子供の時から親との良いコミュニケーションを取ることが習慣化している子は、非行に走るリスクも少なくなると考えられています。

【まとめ】
いかがでしたか。
学校で成績が上がるための、理想的な生活習慣をご紹介しました。
予定を立て、健康を維持し、家族での食事をする。という方法でしたね。どの方法も、子供だけで行うには難しい分野かもしれません。

親の皆さん、お子さんのために良い生活習慣を身に着けることができるように、お子さんを助けてあげてください。

高時給!週1日2時間からできるお仕事
家事代行スタッフ登録

この記事を読んでいる人は
こんな記事も読んでいます

困った!ママ友の家にお呼ばれ…手土産はどうしたらいい?

実は花粉の温床!?コートなどのアウターに絶対必要な花粉除去法

離乳食を始める前に!赤ちゃんに与えてはいけないNG食べもの5つ