新人共働きパパ必見!!子供をお風呂に入れてみよう

新人共働きパパ必見!!子供をお風呂に入れてみよう
「理想的な父親になりたい」子供が生まれると、多くの男性はそう考えます。
しかし、理想的な父親になるという事は言葉で言うほど簡単な事ではありません。
子供が生まれると思ってもいなかった問題が次から次へとでてきますし、妻と二人だけの生活していた時とは夫婦の関係も変わってきます。
そうした状況を考えるなら、良い父親になるという事は簡単にできることではないと言えるでしょう。
でも、不可能な目標でもありません。

どうしたら、良い父親になれるのでしょうか?一緒に考えてみましょう。

理想的な父親とは?

そもそも、理想的な父親とはどのような父親でしょうか。
どの家庭でも共通している理想の父親とは、こうした人を指すようです。
1.子供とコミュニケーションが取れる
2.子供のために一緒に過ごす時間を作る
3.間違っていることを、正しく子供に教える
4.妻を大切にしていることを行動と言葉で示す

こうした人を、理想的な父親と定義することができます。
あなたは、いかがでしょうか。

理想的な父親になるためにできる事。

理想的な父親になるために、絶対しなければならないことがあります。
それは、【子育てに参加をする】ことです。
でも、毎日の仕事があって、母親のように子育てに参加することが難しいと考える人も多いと思います。
そのような人は、「一緒にお風呂に入る」という事から始めてみるのはいかがでしょうか。
できるのなら、赤ちゃんの時から一緒に入るのが一番効果的です。

考えてみてください。
子供が少し大きくなっているのなら、ある日突然、父親が「一緒にお風呂に入ろ」と子供に行っても、子供も「なんで急に?」と警戒をすることがあるかもしれません。
でも赤ちゃんの時から一緒に入っているのなら、子供にとってもそれが習慣になっているので、「お風呂の時間が父親と話が出来る時間」と認識をするようになります。

どうして、お風呂を一緒に入るのが良い方法なのでしょうか。
理想的な父親の定義を考えるのなら、お風呂の時間は子供との時間や会話をするのに打ってつけの時間となります。
妻に対しての行動にしても、夫が妻を大切にしていることを表現できる方法なのです。
その理由の一つは、女性にとっては子供をお風呂に入れるという事はかなりの重労働なのです。
そうした大変な仕事を夫が助けてくれるという事は、とてもうれしいことなのです。
それ以外にも、子供をお風呂に入れてもらえるのなら妻は一人でお風呂に入ることが出来ます。
四六時中、子供と家族のために時間を使っている妻が一人でゆっくりできる数少ない時間を、夫が作ってくれるという事は、とてもうれしいプレゼントと妻は感じることができるのです。

子供は、赤ちゃんの時から父親が母親を大切にしているかどうかを観察しています。
そして、子供は「自分のために時間を作ってくれる人」に愛されていると感じます。
そうした、二つの面をフォローできる方法が「子供をお風呂に入れる」ということなのです。

【まとめ】

いかがでしょうか。
理想的な父親とは、どのような人なのか。
そうなるためにできる、一つの点をご紹介しました。
今日からお子さんと一緒にお風呂に入ってみるのはいかがでしょうか。
妻の皆さん、ご主人に「子供をお風呂に入れてほしい」とお願いをしてみるのはいかがでしょうか。
家族にとっても、子供にとっても絆を育む貴重な時間になるでしょう。

高時給!未経験OK!週2時間〜
家事代行スタッフ募集中

この記事を読んでいる人は
こんな記事も読んでいます

家事に育児に【余裕がない共働き夫婦必見】すきま時間を活かすテクニック

そろそろ赤ちゃんが欲しい!!妊活に必要なアイテム5選

親にもメリット!?子どもの粘土遊びが優れているこれだけの理由