あなたはどうしてる?夫のやる気を導く魔法の言葉

あなたはどうしてる?夫のやる気を導く魔法の言葉
夫は仕事以外、家族のために何もしてくれない。
私が何もかもやらないと、この家はダメになる。
このように考えている女性が、一番知りたいこと。
それは夫が家族のために動いて、私のことを気遣うような優しい言葉をかけてくれるようになる魔法の言葉ではないでしょうか。

そうした、魔法の言葉があります。
でも、この言葉が威力を発揮するためには、ちょっとしたコツがあるのです。
今回は夫がやる気を出す魔法の言葉と魔法を使うためのコツをご紹介します。

魔法のコツ:コントロールすることをやめる。

あなたは、「自分が家のことを全て決めていけば、問題なく物事はうまくいく」と思われていますか?
そう考える女性の方は多くいます。
そして、上手く物事が解決されていきます。
でも、本当にそうなのでしょうか……。

家を中を円滑にしていくために、あなたは悪戦苦闘して疲れていませんか?
自分の思う通りに動かない夫をみてイラつきませんか。
「私が夫のことを思って言ったアドバイス」を夫は聞かないと感じることありませんか。
もし、こうした点にYESと感じることがあるのなら、それは夫をコントロールしようとしているという事です。

人をコントロールすると、一見物事は解決したように思います。でも、目先の解決と引き換えに人との関係において最も大切なものを壊しているのです。
最も大切なもの、それは「親密さ」です。
夫婦という間柄で、親密さが壊れていくというのは悲しいことではないでしょうか。

どうして、夫をコントローしようと思うのでしょうか。
それは、自分の不安を隠したいからです。
先々を考えて不安が一つもない状態にしたいと考えるのです。
そして、それに気づいていないように思う夫をコントロールして自分で問題を解決しようとします。

でも、本当に夫は何もできない人なのでしょうか?
結婚する前は、もっと情熱的であなたのことを気遣ってくれていたのではありませんか。
今の夫が動かないように見えるのは、あなたがすべてを決めて命令をするので行動によって夫にこんなメッセージを伝えているからなのです。
「あなたなんか信用できない。」

魔法の言葉:敬意と感謝

人は、自分のことを信頼していない人を信頼しません。
そして、自分を攻撃してくるかもしれないと思う人の前ではリラックスをしません。
あなたが夫をコントロールし続けるのなら、夫からの信頼を勝ち得ることが出来ません。
信頼がないところに親密な関係は、絶対にできません。

では、どのように夫に敬意を示すことが出来ますか。
それは、夫の間違えを指摘や指図しないという事です。
たとえ、「なんで、そんなものを買ってきたの!?」と思うようなものを夫が買ってきたとしても何も言いません。

なぜか機嫌が悪く、無言で威圧感を与えてくることがあっても何も言いません。
教えたり、指摘をしたりしないという事で夫に敬意を払えます。
でも言うべきときもあります。
そのときは、言葉を発する前に考える点が一つあります。
それは『言葉』です。

「言葉が多ければ違犯を避けられない。しかし,唇を制する者は思慮深く行動しているのである」という古い格言があります。
唇を制する人は、「今言う言葉を、相手はどのように感じるだろうか。」と考えてから話をします。
そうした人は、人から信頼をされるようになります。
あなたは、夫に信頼を勝ち得る言葉を話していますか。

夫に敬意を払うとともに、感謝の言葉を伝えましょう。
「ありがとう」と言う言葉を心を込めて伝えていますか。
言わなくてもわかると考えないようにしましょう。人は心が見えません。なので言葉で感謝を伝えましょう。

【おわりに】

いかがでしょうか。
夫にやる気を出してもらう言葉とそのコツをご紹介しました。
男性は、女性以上に敬意が自信につながります。妻からの感謝によって英雄になることが出来るのです。
それが、妻からもらえたらこれ以上ないくらい「やる気」を出します。

あなたが欲しい「率先して動いてくれる夫」は、あなたの言葉の魔法を通してあなたの所にやってきます。
敬意と感謝。どうぞ試してみてください。

高時給!週1日2時間からできるお仕事
家事代行スタッフ登録

この記事を読んでいる人は
こんな記事も読んでいます

小さい頃からのしつけが肝心!朝ちゃんと起きるテクニック

思ったより大変?仕事両立を諦めない妊娠中期のプレママへのススメ

いつからOK?気をつけることは?赤ちゃん温泉デビューのマナー