これなら笑顔で見守れる♪安全&落とせる!子どものお絵描きグッズ

お家遊びの定番とも言えるお絵描き。大好きなお子さんも多いのではないでしょうか?幼少期のお絵描きは、思いのままに自由に描いて自己表現をさせるといいそうです。でも、ペンやクレヨンを握れるようになると、自由すぎるお絵描きは壁や床までキャンバスになってしまうことも……。

そこで今回は、安心安全なお絵描きグッズをご紹介します!

お絵描きグッズ選びのポイント

安全なもの

赤ちゃんはなんでも口に入れてしまいます。誤飲しにくい形で、舐めても安全な材料で作られているものを選んでおくと安心ですね。

経済的なもの

幼い頃はダイナミックにぐしゃぐしゃーっと書いたりすることも多いので、スケッチブックや小さい紙は不向きです。広告や包装紙など裏面が白い紙は、お絵描きにどんどん活用しましょう。簡単に書いて消せるお絵描きボードは、何度も繰り返し使えるのでオススメです。

洗って落とせるもの

お絵描きに夢中になっていると、ペンやクレヨンで手や衣服を汚してしまうことがあります。できれば洗って汚れを落とせるものを選びたいですね。

オススメお絵描きグッズ5選!あなたはどれを選ぶ?

上記のポイントを満たした安心のお絵描きグッズはなんでしょうか?子どもの年齢によって多少変わってきますので、合ったものを選んでくださいね。

安心のクレヨンでお絵描きデビュー

初めてのクレヨンは、握りやすい形のクレヨンがオススメ。少々乱暴に扱われても割れたりしないので安心です。1歳頃は舐めたりかじったりするので、自然由来の材料で作られているものを選びましょう。普通のクレヨンは石油由来の成分が含まれているので、避けた方が無難です。

水で描けちゃう不思議なシート

水が乾くと自然と消えるので、何度も遊べます。ペンやスタンプがセットになっているので、ペンとスタンプ台に水を入れるだけで準備はOK。手形や足形だって簡単に押せちゃいます。水で描くので、手や服が汚れることはありません。

何度でも描いて消せるお絵描きボード

昔ながらのマグネットが付いたペンで描けるボードです。スタンプがついたものやキャラクターの物、多色使いできるものなど、たくさんの種類があります。書いては消して、何度も楽しめるので長く遊べます。ボードにマグネットで書くので、机や服が汚れません。持ち運びしやすい小さなものは、お出かけの時に持っておくと食事の時や待ち時間にサッと取り出して遊べて便利です。

洗濯で落とせるマーカーペン

クレヨンで上手に描けるようになったら、ペンにチャレンジしてみましょう。ペンを選ぶ時のポイントは『洗濯や水で落とせる』ということ。床や机に書いてしまっても水拭きで落とせて、衣類に付いたインクは洗濯で落とせるペンがあるんです。これならヒヤヒヤしながら見張っていなくても大丈夫ですよ。

お風呂用クレヨン&ジェル

お風呂で楽しめるクレヨンや、指に付けて描くお絵描き用のジェルもオススメ。お風呂の壁や浴槽に描けて、水で落とせるので後片付けも簡単です。お風呂の壁いっぱいにダイナミックなお絵描きを親子で楽しんでみて。

ちなみにお風呂用クレヨンは100円ショップでも売っています。様々なカラーを揃えると、大人も楽しめちゃいますよ。

長い紙を使って自由にお絵描き

白く四角い紙に飽きたら、普段とはちょっと違った紙を用意してみるのはいかが?ロール状の紙を好きなだけ床に広げて、自由に描くという経験は子どもの創造性を豊かにします。いつもと違うアイテムを使うことで、子どもは大人が思いつかないような遊び方をするかもしれませんよ。子どもの無限の想像力を引き出してみませんか?


1歳頃から楽しめるお絵描きですが、安全なアイテムを用意した上で、必ず大人がそばで見守るようにしましょう。幼少期のお絵描きの経験は、心の成長に大きく作用すると言われています。自由に描いて自己表現することで、子どもの想像力や表現力を育むことにつながります。

子どもの「やってみたい」を刺激するお絵描きアイテムを用意して「ダメ」や「やめて~」を言わなくてもいい、快適なお絵描きタイムを親子で楽しみましょう!

photo/PIXTA

高時給!週1日2時間からできるお仕事
家事代行スタッフ登録

この記事を読んでいる人は
こんな記事も読んでいます

子育てしながら算数脳を作る一石二鳥のワザ♪

保育園にはいる時のお作法って大事!覚えておきたいポイント5つ

なんで言うこと聞いてくれないの!イヤイヤを乗り切る方法