おうちに帰りたい!夫の帰宅時間が早くなる家づくりのポイント・5つ

みなさんこんにちは、作家・イラストレーターの斉田直世です!

d8eebc4d

退社時間が過ぎても、デスクに座ったままぼんやりしたり、帰宅途中、コンビニで時間を潰したりする既婚男性たち……「家に自分の居場所がない」「家にいると妻から不平不満を言われる」など、帰りたくない理由は様々です。

 

結婚して、馴れ合いの関係になると、パートナーに対しても文句が多くなりがちですが、「帰宅拒否症状」を起こしている夫に対しては、「もっと早く帰ってきてよ!」と訴えるより、「早く帰りたい」と思える家づくりをする方が効果的です。というわけで今回は、ご主人が帰りたくなる家づくりのポイントをご紹介したいと思います。

 

【1】明るく出迎える

夫が帰ってくる時間には、玄関の電気を点けておきましょう。とくに一人暮らし経験のある男性にとって、「帰った時に、家の明かりがついている」のは、結婚した喜びを感じる瞬間です。さらに、「おかえりー」と妻や子供の明るい笑顔が迎えてくれれば、仕事の疲れも吹き飛ぶことでしょう。

 

【2】食べる楽しみを与える

昔から、「男は胃袋を掴め」と言われるように、食事を疎かにしてはいけません。「夕飯は何がいい?」と聞いて、リクエストに応えると、夫は食事を楽しみに帰宅します。特別な日でなくても、「今日は、あなたの好きな○○買っておいたよ♪」とメールしてみる、普段飲んでいるものよりワンランク上のビールを用意しておくなどして、帰る楽しみを増やしてあげましょう。

 

【3】手抜きの料理にもひと手間を

共働きで忙しい、育児で手一杯……そんなときはスーパーのお惣菜やレトルト食品で済ませることもありますよね。忙しいのは承知の上でも、買ってきたときのパックのまま食卓に出されると、内心ガッカリしてしまうのが男性。面倒でもお皿に移す、付属の薬味も袋のままでなくお皿の端に出しておく、こういったひと手間を惜しまないことです。

 

【4】部屋のニオイに注意

中にいるときは気づかなくても、外から帰って来ると、敏感に感じ取ってしまうのが、お部屋のニオイ。玄関を開けた途端、生ゴミのニオイ、洗濯物の生乾きのニオイがする家は、誰でも嫌になってしまいます。また、物が積まれた食卓やソファ、洗い物が溜まったキッチンなどもゲンナリの元。片付けが間に合わないときは、せめて夫の視界に入らない場所に移動しておきましょう。

 

【5】スッピン力を上げる

自分の選んだ女性には、いつまでも魅力的であって欲しい、というのが世のご主人たちの願い。しかし、深夜帰宅する夫のためにバッチリメークでいるのは、お肌にとっては負担ですよね。素顔で向き合う時間が増える結婚生活では、肌の美しさや、キレイに整えられた眉毛、スッキリとしたフェイスラインなど、「スッピン力」を上げることが大切。部屋着やエプロンもオシャレを心がけ、だらしないものは避けましょう。

 

【おわりに】

仕事=ON状態、家庭=OFF状態である男性にとって、家の中は、「完全にリラックスできる場所」であるのが理想です。ガミガミネチネチ言わず、外での疲れを笑顔で癒してくれる、そんな暖かな雰囲気の家庭なら、「一刻も早く仕事を終わらせて、家に帰ろう!」という意識が芽生えるはず。

 

この記事を読んでいる人は
こんな記事も読んでいます

共働き子育てで失敗しやすい【子供の自立サポート】効果的な方法は?

ママになったら必見!結局いくらかかるの?紙おむつのコストと比較

今後の人間関係に影響しちゃう!妊娠報告のタイミングとは