一人暮らしだって掃除は必要!キレイな部屋を保つための最低ライン

一人暮らしって、とっても気楽。いつ起きても、いつ寝ても、いつ食べても、誰からも文句を言われないのですから。しかも、インテリアや電化製品だって、自分の好きなものを揃えられます。もちろん、どんなお家に住むか?というのも、あなたの自由!

素敵な新居で一人暮らしを始めたはいいけれど、一人だけで生活していてもお家は汚れてくるもの。では一体、キレイな空間を保つにはどのぐらいの頻度でお掃除したらいいのでしょう?今回は、一人暮らしのあなたのお家のキレイを保つ最低ラインをお教えします。

■リビング

一人暮らしで平日は仕事、休日も趣味に習いごとにと忙しいと、1日お部屋で過ごすということが少ない人もいるかもしれません。そうなると、それほどリビングの汚れを感じないかもしれませんね。

でも、ホコリはちょっとずつ溜まっています。汚れていないと思っても、1週間に一度は掃除機がけをするのが理想です。掃除機を使わず、フロアモップ派の場合は、週に2回ぐらいは部屋全体をモップがけしたいところ。カーペット敷きのお部屋であれば、コロコロでホコリを取るのがよいでしょう。

床の色によって、髪の毛やホコリなどのゴミが目に付く場合は、小さなちり取りとほうきを用意しておくと、気づいた時にサッと掃除できて便利ですね。

また、テレビやパソコン回りなどは静電気でホコリが溜まりやすくなっていますので、ハンディーモップなどでなるべくこまめに掃除しておくと、後が楽です。簡単に掃除できるような便利な掃除グッズは100円ショップでも販売されていますので、いくつか用意しておきましょう。

部屋全体というと、時間がかかって面倒なイメージですが、ワンルームなら5分程度で済みます。ぜひ、習慣化することをおすすめします。

■キッチン

キッチンは、料理をする頻度により掃除の頻度も変わります。ほとんど自炊しないという場合は、月に一度程度の掃除でも大丈夫です。

自炊派の場合は、最低でも2週に一度、できれば週に一度は掃除をしておきたいところ。キッチンは、蓄積すると厄介な汚れが多い場所です。油汚れや水垢などは蓄積すると落ちにくく、放置しておくと掃除に余計な時間がかかることになります。

コンロの近くなどの油が飛び散る場所には、あらかじめフィルム状のシートを貼っておくのも手。水回りは、普段から水を残さないように拭き取っておくと、掃除時間を減らせます。また、排水口にはぬめり防止対策をしておくことをオススメします。ぬめりを防止する商品も売られていますし、10円玉を入れておくのも効果があると言われています。

そして、目に見えないので、ついサボってしまいがちなのが換気扇掃除。換気扇内部がホコリやカビだらけだと、料理にもその汚れが入ってしまいますので、外側だけでなく、内側も掃除しましょう。簡単に分解して掃除できる物もありますが、手が届かない場合などもあると思います。そういう場合は、ハウスクリーニングや家事代行サービスを頼ってしまうのもひとつの方法ですね。

■お風呂

湯船にお湯をはる場合は、そのたびに浴槽の掃除をするのが理想です。毎回、お湯を抜くときに、さっとこすり洗いすると短時間で済みます。

シャワーだけという場合は、使用後にシャンプーやボディーソープのカスが残らないようにきちんと流すこと。この時、湿気を減らすために冷水をかけるという方もいるようですが、実はそれは間違いです。浴室の汚れの多くはカビが原因なのですが、カビ胞子は45度以上のお湯で不活性化状態になり、胞子が死滅します。ですから、毎日入浴の最後に45度のお湯を浴室全体にかけることを習慣づけましょう。その上で、週に一度ぐらいは水垢を落とすと、さらにキレイを保てます。シャワーの使用後は換気も忘れずに行ってくださいね。注意していてもカビがついてしまった時は、カビは定着すると落としにくくなりますから、早めにカビ取り洗剤で落とすようにしましょう。

また、お風呂の排水口が詰まると厄介ですから、普段から、髪の毛などのゴミはきちんと取り除くようにしましょう。

■トイレ

トイレは臭いも気になりますし、汚れがこびりつくとやっかいな場所ですから、週に一度は必ず掃除したいですね。

便器はもちろん、床や壁、ドアノブなどを一通り拭き掃除しましょう。流せるタイプのトイレ掃除シートを使えば簡単に拭き掃除できますから、常備しておくといいですね。

また、便器内は毎日続けられるのであれば、洗剤のついていないトイレブラシでこすっておくだけでも十分キレイを持続させることができます。なるべく手間をかけたくない場合は、洗剤をかけて数分放置し流すだけで汚れを落としてくれるタイプのトイレ用洗剤を使用すると手軽にキレイにできますよ。いずれにしてもトイレは狭い空間ですから、それほど時間がかからずお掃除できます。

トイレは毎日使う場所ですから、普段から汚れたらサッと拭くように心がけておくと、掃除がとても楽になりますし、ニオイを防ぐことにも。とくにワンルームタイプの場合、リビングとトイレの距離が近いですから、普段からニオイには気をつけたいものです。

■クローゼット内

部屋が狭いと、ついつい何でもクローゼットの中にしまいこんではいませんか?でも、クローゼットの中にもホコリは溜まりますし、やみくもに物を詰め込んでいくと、カビや虫が発生してしまうかもしれません。気がついたら、お気に入りの洋服がカビだらけ!虫食いが!なんてことも。

これを防ぐためにも最低でも年に2回、衣替えの時にはクローゼットの中身をすべて外に出し、掃除機をかけたり、衣類を外気に触れさせたりできるといいですね。また、衣替えは絶好の断捨離のタイミングですから、1年以上着ていない服やもう使っていないバッグなどは捨てたり、フリーマーケットに出品したりできると、荷物もスッキリしますね。

クローゼットの下部には洋服や荷物についていた髪やホコリが落ちていることもありますので、リビング掃除のついでにクローゼットの床も掃除できるとなおいいですね!

■窓

一人暮らしで、窓ふき掃除までできている人は少ないかもしれません。しかし、窓ガラスだけでなく、サッシや網戸も汚れていると見栄えも良くないですし、ガラス汚れがひどいとお日様の光が入ってこず、部屋の中が暗くなります。そうなると、気持ちいい空間が台無し!窓をキレイにして視界がスッキリすると頭もスッキリしますので、年に4回、季節ごとに窓掃除をしましょう。

色々な窓拭きの方法はありますが、簡単なのは新聞紙を使う方法。新聞紙をくしゃくしゃに丸め、少し水で湿らせて拭き、同様の丸めた新聞紙で乾拭きするだけである程度の汚れが落ちます。不要な新聞紙を使うだけであっという間にキレイになりますので、ぜひともチャレンジしてみてください。

■ベランダ

お掃除の場所として見落としがちなのが、ベランダです。ゴミや趣味のものなど、ついつい不要なもの、すぐに使わないものをとりあえずベランダへと追いやってませんか?それ、そのまま放置しておくと汚れが溜まってしまいます!まずはベランダの不要品は早めに処理しましょう。

ベランダの掃除方法としては、まずほうきとちり取りでゴミを取り除きます。その後、掃除機でさらに細かなゴミを吸うといいでしょう。掃除機のノズルの汚れが気になる場合は、ベランダ掃除をしてすぐに拭き取れば、キレイになります。

さらにベランダをキレイにしたい場合は、その後、バケツなどを使って床面を濡らし、デッキブラシでゴシゴシ擦るといいですね。しつこいカビ汚れがとれない場合は塩素系漂白剤を使うと簡単に落とせます。

マンションであれば、風が強い日に掃除するとゴミが飛び散り、近隣の方に迷惑をかけるかもしれませんので、気を付けて掃除しましょう。

一人暮らしだとついつい掃除をサボリがちですが、清潔な空間を保つためにも、週に一度の掃除は習慣にしたいものです。できるだけ面倒にしないためにも、日頃のちょっと掃除を心がけておくと、1回の掃除時間は短くなります。100円ショップで色々な掃除用品や洗剤を手に入れることもできますし、ヤル気を上げるためにも可愛い掃除雑貨を用意するのもひとつの方法です。

それでも、仕事もして趣味も満喫してお部屋の掃除は大変!という方も多いことでしょう。そんな時は、是非とも家事代行のCaSyにお任せください。一人暮らしで、家事代行をお使いの方は意外に多いのですよ。

・レンジフードを分解して洗浄してほしい!
・エアコンの内部まで分解洗浄してほしい!
・お風呂場のエプロン内部や鏡のウロコ取りまでやってほしい!
→という方は、ハウスクリーニングへ!

・キッチン、トイレなどの水回りを念入りにお掃除してほしい!
・お部屋の掃除も頼みたい!
・一緒に整理整頓してほしい!
→という方は、お掃除代行へ!

部屋をキレイに保って、快適な一人暮らし生活を送ってくださいね。

photo/PIXTA

【関連記事】人気急上昇中!1K一人暮らしでも『家事代行サービス』を賢く活用する方法

高時給!週1日2時間からできるお仕事
家事代行スタッフ登録

この記事を読んでいる人は
こんな記事も読んでいます

【CaSyにて販売中】CaSyキャストが選ぶ! マーナのおすすめお役立ちお掃除グッズ

これは知らなきゃ損!美味しいアボガドの選び方と活用レシピ3選

仕事と子育ての両立は大変!ストレスをためない4つの方法