人の役に立ちたい。元ファッションデザイナーがなぜキャストに?キャストジャーナル⑧池亀 行弘さん(いけがめ・ゆきひろ)さん

去年の12月からカジーで働き始めた池亀行弘(いけがめ・ゆきひろ)さん。元はなんと、ファッションデザイナー。海外生活や複数の会社経営など、多様な経験をお持ちです。最前線での仕事生活が一段落し、「人の役に立つことを実感できる仕事がしたい」とカジーに応募をしたそうです。すでにリピーターのお客様もいらっしゃる、その人気の理由と、応募に至るまでの池亀さんのこれまでの人生について語っていただきました。

元は世界を飛び回っていたファッションデザイナー!経営経験も豊富な異端のキャスト

若い頃からファッションに興味があり、深く勉強をするため20代でフランスに移住をしていました。その後、27歳で自身のアパレルブランドを立ち上げ、10年が経った頃、後継してくれる方に引き継ぎ、次は宮古島でダイビングリゾートの会社を立ち上げました。  

その会社も安定し、軌道に乗ってきた頃に代表を引き継ぎ、2001年頃には東京に戻ってきました。その後芸能プロダクションを設立し、前の会社のダイビングリゾートとも連携しながら、経営をしています。今もその事務所の運営を行う他、NPO法人などにも所属して、さまざまな活動に参加しながらカジーの仕事をさせていただいており、充実した毎日を送っています。

職業の関係上、海外を転々とすることが多かった私。今までに訪れた国は36カ国近く。ニューヨークなどの都市は案内できるくらい詳しくなるほど、何回も訪れています。

ベッドメイキングやメイド、ベビーシッターなどは海外ではかなり普及していて、日常的に利用されている光景を目にしてきました。私は掃除が好きだったので海外滞在中利用することはありませんでしたが、カジーのような家事代行サービスは、現代の人にとって必要なものだと感じていました。

次なる挑戦は「人の役に立てる仕事」


この年齢になって、周りの人たちはみんなしっかりと何か社会に貢献していることを、ふと去年の夏頃から思い始めました。こんな感じで代わる代わるいろいろなことをやってきた自分ですが、次は人の役に立つ、固まった仕事を持ちたい、と。

どんなことがいいだろう、と考えた時、今まで多様なお仕事をしてきた中で、お客様と直接関わって人に喜んでもらうことができる、接客が好きなことに気づきました。また、自分は綺麗好きだからお掃除で何か人の役に立てるかも! 

そういったことを頭の片隅におきながら探していて、出会ったのがカジーでした。去年の11月頃に応募をし、合格をいただき、本部の方に相談しながらそのまますぐに定期サービスに応募しました。

初めてのサービス。
自分が納得できるお掃除をしたと思っても、それがお客様にとってご納得いただけるサービスとなるのか、緊張しながら訪問しました。自信がなかったからこそ、お客様のご要望を詳しく伺い、掃除機などの機械の使い方まで細かく聞いてからサービスに入りました。

少しずつ慣れてはきましたが、人のお家で行うサービスなので、常に緊張感を持って行うようにしています。

常にポジティブ、プラスワンのサービスを

ありがたいお言葉をいただく一方で、お客様からご注意をいただくこともありますが、全て完璧な人間はいないから大丈夫、と自分に言い聞かせています。代表の加茂さんがキャストに発信してくださるメッセージでもおっしゃっていたのですが、最後の着地点でお客様に喜んでいただけるサービスを届けられることが大切です

よくない評価をいただいたときには、その言葉をしっかりと受け止めて、お客様に寄り添い、「次回はこうします」と提案するようにしています。逆に良い評価のときでも驕(おご)ることはなく、次はプラスアルファのサービスを届けられるように常に向上心を持ってサービスに伺っています。

人の役に立て、自分の身体も健康的に

カジーでのお仕事は、日々の暮らしに寄り添ったお手伝いができ、人の役に立てている実感を持つことができます。そしてお客様に喜ばれ、「ありがとう」という言葉を直接いただけることがいちばんのやりがいだと思っています。

実は、昔は海外でホテルマンになりたかったんですよ。アルバイトとしてホテルでお客様と関わる仕事をやっていたこともありました。その経験から、昔からサービス業など直接お客様と関わることが好きだったし、自分に向いているなと思ってきました。

男性キャストさんはまだ少ないと伺いましたが、性別問わず、ホテル業や飲食店などのサービス業に関わってきた、または興味がある方、そしてサービス精神が旺盛な方にはカジーの仕事はぴったりだと思いますよ!
また、男性の方が一般的には力も強いので、その力でお客様の役に立てる場面も多くあると思います。

さらに、カジーを始めたことによって健康状態が以前より良くなったんです
と言うのも、ここ最近はコロナ禍もあって特にデスクワークが多く、ジムにも行けなくなってしまい、家から出ずに体を動かさない日が続いていました。

カジーの仕事を始めてからは出勤時だけでなく、サービスで体を動かす機会が増えました。そのおかげで寝つきが良くなり、午前のサービスに出ることにより規則正しい生活にもなりました。お客様のお家まで一駅分歩くなど自主的に歩くことも意識していて、今はとても健康的な生活を過ごせていています。

感染症対策などで心配する方も多いかと思いますが、私は必ず外出時は二重マスクをし、消毒液を常備して、しっかりと対策をしながら移動するようにしています。さらに早寝早起きで健康的な生活を送っているため、以前より毎日元気です!

まだカジーを始めて3ヶ月目ですが、先日、すでに指名で再度サービスを予約してくださったお客様もいらっしゃいます。普段はテキパキとお掃除するため黙々と作業をすることを心がけていますが、機会があればお客様と美味しいパン屋さんの話など他愛のない会話をしながら、楽しくサービスをさせていただいています。

お客様たちの期待に応えられるよう、自分もできる限りこれからもカジーのお仕事を続け、お客様のご要望に寄り添ったサービスを提供していきたいですね。

キャストに挑戦してみたい方はこちらから。

カジーで家事代行サービスのキャストに挑戦してみませんか?ご興味のある方は、下記からエントリーしてみてくださいね。

 家事代行の仕事へ応募する 

高時給!未経験OK!週2時間〜
家事代行スタッフ募集中

この記事を読んでいる人は
こんな記事も読んでいます

お部屋も心も気持ちよく! 家事代行を利用で注意すべきトラブルと防止策は?

冬は肌トラブルが増える季節!気をつけたい子どものスキンケア

転ばぬ先の杖!もやもや病について共働き世代が知っておきたいこと