子供の性格に合わせて工夫しよう!子供部屋を掃除するコツ5選

子供の性格に合わせて工夫しよう!子供部屋を掃除するコツ5選

子供部屋が日々散らかっていてうんざりしている親も多いと思いますが、子供部屋掃除は子供の性格や収納物に合わせて工夫する必要があります。その工夫するポイントを5つご紹介しますので、子供部屋掃除にお困りの方はお子様の性格や年齢に合わせて参考にしてみて下さい。

1.まずはざっくり収納から

これはすでに実践されている方も多いかもしれませんが、子供が小さいうちはまだきっちり整理整頓ができませんので、車・ぬいぐるみ・本のようにおもちゃ毎に帰る場所を作ってあげるようにしましょう。まずは2種類別から始め、子供が好きな物が出てきたら収納先も徐々に増やしていくとステップアップしやすいですね。

2.好きなキャラクターを利用する

好きなキャラクターや色がだんだんわかってきたら、そのキャラクターを利用するのも1つの方法です。収納場所にキャラクターの絵を書いたりするだけでも子供のやる気アップに繋がりますので、カラーコピー等でも構いませんので工夫してみると良いでしょう。
お勧めの方法は、収納を開けるとキャラクターの絵が見えるように貼り、その絵に飽きる前に別のキャラクターにしたりすると「次は何だろう?」と引出しを開ける楽しみにもなりますので興味を持たせるきっかけ作りがしたい人はやってみましょう。

3.細かくて多い物は袋収納しよう

ブロックや着せ替え人形などは細かい部品が多く、集め出すとどんどん量が増えてしまいますので収納には工夫が必要ですが、よっぽどマメに片付けられるような子でない限り、袋収納が断然お勧めです!
丸い形のプレイマットと収納袋が一緒になっている商品が販売されていますし、手作りする事も可能です。このマットの上で子供たちは遊び、座布団変わりにもなる上に遊び終えると紐をひっぱるだけでお片付けは完了です。
これならば部品を無くす心配も減り、お片付けの時間も減り、子供も親も嬉しい収納法ですね。

4.思い出ボックスを作る

子供が制作した作品や上手に書けた書道の字、手紙等は放っておくとどんどん増えてしまいますし、実際には見返している物はあまりない場合がほとんどです。このように不要な物が増え続ける事を避ける為に、思い出ボックスを1つだけ決めておき、いっぱいになったら整理して不要な物は捨てるように促しましょう。
子供がまだ小さいうちは親も一緒に必要な物を選んであげ、小学校高学年頃になってくると休日を利用して【断舎利をする日】と月に1度でも良いので設定しましょう。ママは冷蔵庫、子供は自分の部屋の物を見直す日にするのも良いですね。

5.習い事別に分ける

習い事が多い子は特に、習い事で使う用具で部屋がごちゃごちゃとしてしまう場合があります。お勉強系の習い事が多い子はカラーボックスで仕切りを作り、塾の物、英会話の物、書道の物と習い事で分けると忘れ物予防にもなりますね。また、運動系の習い事が多い子であればカゴを利用し、そこにポイポイと入れていけると洗濯物を片付けるママも助かるでしょう。

【まとめ】

子供は遊ぶ事に夢中になり、つい片付ける事を忘れてしまう事は日常茶飯事です。お片付けに時間がかかって喜ぶ子はあまりいないと思いますので、なるべく簡単に、できれば楽しく片づけられる方法を親が考えてあげられると良いですね。
中学生頃には1人で片づけや自分の部屋の掃除ぐらいはするべきですので、なるべく小さいうちから習慣づけ、当たり前に自分でお掃除ができる子に育てる努力をしましょう!

高時給!週1日2時間からできるお仕事
家事代行スタッフ登録

この記事を読んでいる人は
こんな記事も読んでいます

悩んだらこれ!子どもに通わせたい習い事ランキング1位は○○

初めてCaSy vol.2「掃除代行って何をしてくれるの?ハウスクリーニングとの違いは?」

2歳児子育てあるある!食事の際のイヤイヤにはどうする?