共働き夫婦必見! 面倒くさいトイレ掃除を時短でやるコツ4つ

共働き夫婦必見! 面倒くさいトイレ掃除を時短でやるコツ4つ
毎日使うトイレは、いつも清潔にしておきたいですよね。
でも、共働きなので家事に使える時間が少なく、なかなか掃除ができない……そんな人も多いかもしれません。
今回は、面倒で時間のかかるトイレ掃除を、時短でやるコツ4つをご紹介します。

1.汚れに気づいたらすぐにふき取る!

便器のフタのホコリや便座裏の汚れは、日々積み重なっていくもの。
本格的な掃除が必要になる前に、気づいたらすぐふき取るようにしましょう。
流せるタイプのトイレクリーナーを常備しておくと、ふき取った後さっと捨てられるので便利です。
もっと簡単にするには、トイレットペーパーは最初から多めに取って、重曹水を吹きかけて、蓋やタンク周辺を軽く拭いたら、蓋を上げて、便座の座面をさっと拭きます。
この時に、拭いて汚れがついたら、そこを丸めて新しい面を出すようにして、拭いていくと最後便座を拭いた後には、ポイっと便器に流しいれて掃除が終われますよ。

2.床周辺もペーパーで解決

床も尿の飛びちりや、汚れた部分があったら水とペーパーでサッと拭いていきます。便器を拭いたペーパーではなく、新しいものを使っていきます。汚れは放置すると頑固になって、掃除するのが大変になります。毎日の習慣化することで、汚れたらすぐにふき取ることで楽ちんになって、時短になります。

3.貯水タンクの汚れは重曹で解決!

貯水タンクが汚れていると、トイレを使うたびに汚い水が流れ、便器がどんどん汚なくなってしまいます。
でも、貯水タンクを頻繁に開けて掃除するのは大変ですし、面倒ですよね。
そんなときに活躍してくれるのが重曹です。ひと月に1回程度、1カップの量を入れておくだけで、貯水タンクが綺麗になりますよ。
このひと手間で、キレイな水が流れるので便器の汚れの頻度が変わりますよ。

4.「トイレを使わない時間」を有効活用する!

寝ている間や家を留守にする間など、「トイレをしばらく使わない時間」はどこの家庭にもあるはず。
トイレ掃除に手間をかけたくないなら、こういった時間は積極的に活用するべきです。
寝る前や出かける前につけ置きタイプの洗浄剤を便器に入れておくだけでも、汚れはかなり落ちますし、その後のトイレ掃除も楽になりますよ。

汚れが落ちにくい時の裏技

便器のしつこい汚れがある時には、トイレットペーパーを便器にパックするように敷いて、重曹水のスプレーをペーパー吹きかけていきます。しばらく汚れ具合によりますが10-20分位放置して、落ちた事を確認したら、そのまま小で流してください。
放置できるので、その間他の箇所の掃除をしたり、消臭剤を吹きかけたり他のことができるので楽ちんです。
狭いトイレでゴシゴシ洗うのは、体勢も辛いですし便器も傷にならないのでオススメ。

いかがでしたか? 忙しくてトイレ掃除がちゃんとできていない、トイレ掃除は時間がかかって億劫だ……そんなふうに思っている方は、毎日の習慣化するといいですよ。ぜひ一度試してみてくださいね。

高時給!未経験OK!週2時間〜
家事代行スタッフ募集中

この記事を読んでいる人は
こんな記事も読んでいます

コンビニ食材だけで栄養バランスってとれる?上手な献立作りのコツとは?

100均アイテムでできる!賢いコード収納でオシャレなインテリアへ

みんな、どうしてる?共働き家庭が実践する、時短&手抜きの家事術