手抜きに見えない!!お弁当作りたった2つの時短術

手抜きに見えない!!お弁当作りたった2つの時短術
お弁当作りの時短術あればいいな……と思いながら毎日お弁当を作っているお母さん。
是非知って頂きたいお弁当作りの時短術があります。
これを知れば毎朝のお弁当作りが楽になりますし、明日からもう眠い目をこすりながら台所に立たなくてもよくなりますよ。

■作り置きは必須

お弁当作りの悩みの種は断然おかず作りです。卵焼きにウィンナーと定番のおかずだけでなく、毎日違ったおかずを入れたいですよね。
しかし、毎朝お弁当の為だけに、おかずを作るなんて至難の業。
そこでお弁当のおかずは、作り置きをしておくのがベストです。夕飯で作ったおかずを冷凍保存したり、長期保存がきくものは、タッパウェアに入れて冷蔵庫に常備入れておきましょう。
切干大根、きんぷらごぼう、バスタ料理も意外と冷凍保存ができますよ。

冷凍の保存方法にも、ちょっとした時短術があります。
お弁当に入れる小さなカップにおかずを入れて、その上にラップをし、ジップロップの袋に入れて冷凍をするとお弁当のおかずに使う時には取り出して入れるだけのかなりの時短となります。
野菜類は下ゆでをした状態で冷凍をしておくと便利ですね。かぼちゃ、ブロッコリー、ニンジン、ほうれん草などは下ゆでをしてラップに包んで冷凍をしておきましょう。

お弁当のおかずに使う時にはすでに茹でてあるので、ドレッシングに和えたり、ゴマをまぶしたりするだけでOKです。
オムライスの中身となるケチャップご飯を1食分ずつ冷凍保存をしておくのも良いですね。
ご飯がない朝でも電子レンジでチンをして解凍をし、卵にくるむだけであっという間にオムライスのできあがりです。

■容器もひと工夫

お弁当作りの時短術としてはおかずとご飯を入れる容器もひと工夫しましょう。
ご飯とおかずといったお弁当の固定観念をふりはらい、バラエティーに富んだお弁当も楽しいですよね。
最近注目されているのがランチボウル弁当です。ボウル型の容器にフタがついているタイプのお弁当です。
ロコモコ丼や牛丼など、ご飯の上におかずをおくことができるので、忙しい朝でも簡単にできるお弁当です。

スープジャーも人気です。温かいスープを入れることができますので、寒い冬などには体が温まります。
スープジャーにお味噌汁を入れて、後はおにぎりといったお昼ご飯でもいいですし、前の日のカレーやシチューを持っていくのもいいですね。
いつもと違うお弁当に、お昼休みもちょっとワクワクした楽しい気分になりますね。

おわりに

お弁当を作るとなると大変なイメージがあります。
しかし、時短術を使えば毎朝のお弁当作りの苦労も減りますし、ひと工夫されたお弁当はお昼休みの楽しみにもなります。
お母さんが作るお弁当は、御主人や子供にとって大きなエネルギーです。
「午後からも頑張ろう!」と元気になるお弁当を作りたいですよね。
だからといって毎朝、お母さんがしんどい思いをするのではなく、上手に時短術を使い、お弁当作りを楽しみましょう。

高時給!週1日2時間からできるお仕事
家事代行スタッフ登録

この記事を読んでいる人は
こんな記事も読んでいます

これで朝の準備もラクラク! 大量の子供服が一瞬で片付くマル秘収納術

朝は忙しい!共働きママの朝食づくり時短テク3つ

お手入れをしないと危険!?ドライヤーのお掃除方法とは?