購入前にチェック!失敗しない電動アシスト自転車の選び方とは?

軽量モデルや低重心など、子育て世代やシニア世代にも乗りやすい機能がついた電動アシスト自転車。たくさん種類があってどれを選べばいいかわからない。という人も多いのではないでしょうか?

通常の自転車よりも高額なので、絶対に失敗したくない買い物ですよね。

今回は、電動アシスト自転車の選び方とチェックすべきポイントをまとめました。購入前にチェックして失敗しない自転車選びをしましょう。

電動アシスト自転車を買う前に知っておきたいこと

電動アシスト自転車とは、漕ぐ力をアシストしてくれる自転車のこと。早く走るためではなく、楽に走るための機能が付いた自転車です。

法律で定められた時速24kmになるまで電動で漕ぐ力をアシストしてくれます。このおかげで、漕ぎ出しや上り坂なども楽に進むことができます。ただ、電動アシスト自転車は通常の自転車の1.5~2倍程度の重量があるので、充電切れなどでアシストが効かない時は、通常よりも漕ぐ力が必要になります。

電動自転車と電動アシスト自転車の違い

電動自転車と電動アシスト自転車は、厳密には違う乗り物を指します。

電動アシスト自転車は、時速24kmまでをアシストしてくれる免許の要らない自転車。それに対し電動自転車とは、アシストの制限速度がなくペダルを漕がなくても進む自転車で、原付免許が必要です。

見た目では違いが分からないほど似ている上に、電動アシスト自転車のことも電動自転車と呼んでいる場合が多いので購入の際は注意しましょう。

電動アシスト自転車の3つの選び方

電動アシスト自転車にはたくさんの機能があり、たくさんの車種が販売されています。ここでは、自分に合った電動アシスト自転車を選ぶための3つの方法をご紹介します。

用途で選ぶ

「どのような用途で電動アシスト自転車を使いたいか」によって、優先すべき機能が違ってきます。用途に合わせて最適な機能を持った自転車を選ぶといいですよ。

例えば、子どもを乗せるための「子ども乗せ専用車」や安定性を重視した「3輪タイプ」、山間部でのサイクリングも楽しめる「スポーツタイプ」などがあります。用途に適した機能を選べば、安心して乗れる電動アシスト自転車を選ぶことができます。

バッテリー容量で選ぶ

自転車を毎日使う人や長距離を走る人は、バッテリーの容量を重視しましょう。バッテリーは充電回数を減らした方が長持ちするので、容量の大きいものを選ぶとバッテリー寿命を伸ばすことができます。ただし、バッテリー容量が大きくなると価格も高くなりますので、予算に合わせて選びましょう。

タイヤサイズで選ぶ

電動アシスト自転車の乗り心地や操作性を大きく左右するのが、タイヤの大きさ。小さめの20インチや22インチは、低重心で安定性が高く車高が低いので乗り降りが楽です。また、車体の重量が軽いタイプが多いので、子どもを乗せる方や女性、シニア世代にもオススメ。

大きめの24インチや26インチのタイヤは長距離の走行でも疲れにくいのが特徴。普通~長身の女性や男性は、大きなタイヤの方が快適に走行できます。

用途に合わせた選び方

自分にぴったりの電動アシスト自転車を選ぶには、用途に合った機能の自転車を選ぶのがポイント。ここでは、用途別にチェックしておきたい機能をご紹介します。

子どもを乗せて走りたい

子どもの送迎や買い物などに使いたいという場合は「子どもを乗せても安定して走ることができる」自転車を選びましょう。

一般車に幼児用座席を取り付けて乗車することもできますが、できれば「子乗せ専用車」を選ぶのがオススメ。価格は多少高くなりますが、子どもを乗せて安全に走ることを前提に考えられた自転車です。車高が低く設計されており、乗せ降ろししやすく重心が安定しているのが特徴です。

また、子どもを2人乗せたい場合は「幼児2人同乗基準適合車」の認定を受けた自転車を選ぶことが法律で定められていますので、必ずチェックしましょう。

通勤通学に使用したい

通勤通学に使用する場合、毎日ある程度の距離を走行することが予測されるので、重視すべきなのは「バッテリー容量」。

バッテリー容量が大きければ、充電頻度が少なくなるので充電の手間がかかりません。長距離の走行をする人は、大きいタイヤの自転車を選ぶと疲れにくく楽に走行することができます。

スポーツ・レジャーに使用したい

最近では「スポーツタイプ」の電動アシスト自転車も販売されています。スポーツタイプは、長距離サイクリングや山間部でのツーリングなどに最適。丈夫で軽い車体や高機能な変速機を採用しているので、本格的に自転車を乗りこなしたい人にオススメです。

坂の多い街での移動や買い物に利用したい人

電動アシスト自転車は、坂道が多い街での移動や日常的に買い物に自転車を使いたい人にピッタリ。漕ぐ力をアシストしてくれるので、重い荷物を運ぶ時も、坂道を上る時も楽に走ることができます。

「計量モデル」や「小さいタイヤ」の自転車を選ぶと、力のない女性やシニア世代でも安心して乗ることができますよ。

お気に入りの電動アシスト自転車で毎日快適に!

いかがでしたか?用途に合わせて機能を選べば、快適で安心して乗ることができる電動アシスト自転車を選ぶことができます。

最新の電動アシスト自転車はデザインやカラーバリエーションも豊富。乗りやすさや安全性はもちろん、見た目にもこだわって自分にピッタリの1台を見つけましょう。

photo/PIXTA

高時給!未経験OK!週2時間〜
家事代行スタッフ募集中

この記事を読んでいる人は
こんな記事も読んでいます

部屋の掃除がぐ~んと楽になる?一人暮らし向けの収納術3選

初めてCaSy vol.7「多忙なワーママ宅、掃除のプロの技に興味津々なのは小学生男子!?」

家の中で一番汚い場所!?リビングの大掃除を簡単に済ませるコツ