賀正と謹賀新年の違いは何?年賀状の正しい書き方と注意点

お世話になった方に対して、感謝を込めて送る年賀状。目上の方や上司に送ることも多いので、正式なルールやマナーはしっかり押さえておきたいところ。

今回は、今更聞けない年賀状の書き方や、正しいマナーをご紹介します。大切な相手に失礼のないように、注意点をしっかりチェックして年賀状を書きましょう。

相手に合わせた賀詞の選び方

「賀詞」とは、新年を祝う言葉です。年賀状などに書く「謹賀新年」や「賀正」のことを指し、それぞれに意味があります。

例えば、賀正は「正月を祝う」という意味で、謹賀新年は賀正よりも丁寧で「謹んで新年をお祝い申し上げます」という意味になります。

二文字よりも四文字の賀詞の方が、相手の方に対する敬意と丁寧さが含まれているので、目上の方に送る際は四文字の賀詞を使いましょう。それぞれの意味を理解した上で、送る相手に合わせた賀詞を選ぶと良いでしょう。

賀詞はひとつだけ使う

賀詞はひとつしか使用できないという決まりがあります。例えば「新年あけましておめでとうございます」という挨拶文は、「新年」と「あけまして」というふたつの賀詞が含まれているので、実は間違い。

賀詞をひとつにするためには、「新年おめでとうございます」や「あけましておめでとうございます」というのが正しい使い方です。

「〇〇年一月一日 元旦」というのも間違った使い方。元旦は、1月1日の朝という意味なので、重複表現です。「〇〇年 元旦」と書くのが正しい使い方です。

句読点は使わないのが正式なマナー

年賀状の挨拶文には「、」「。」などの句読点を使わないのが正式なマナーとされています。

句読点は「文章を読めない人に向けて読みやすくする」ために用いられてきたという歴史があり、句読点を使うことが相手に対して失礼にあたると考えられています。

年賀状の他にも証書や賞状などのような正式な文章には、句読点を使わないのが一般的です。文章が読みにくい場合は、改行やスペースを用いて読みやすくなるように工夫すると良いでしょう。

注意が必要!NGワードとは?

年賀状は、ふさわしくない言葉を使わないように気を付けることも大切です。

「失う」「病む」「倒れる」「衰える」「滅びる」「破れる」など、おめでたい場にふさわしくない意味を持った「忌み言葉」は使わないようにしましょう。よく使う文字の中でも、忌み言葉に該当する文字があるので注意が必要です。

例えば「去」という文字には「離れる」や「別れる」などの意味が含まれています。そのため年賀状では「去年」という言葉を避け、「旧年」もしくは「昨年」など別の言葉に置き換えて書くと良いでしょう。

宛名の書き方

宛名を書く際にも注意すべき点があります。まず、住所は二行以内に収めるようにしましょう。マンションやビルなど、建物の名称や部屋番号は省略せずに書くと丁寧な印象になりますね。住所が長い場合は、文字の大きさを調節して二行以内に収めましょう。

個人宛の敬称は、氏名の後に一文字分の間をあけて「様」と書きます。「様」以外にも、恩師などに宛てる場合「先生」を使用することもできます。

会社関連の年賀状の場合、個人宛であれば氏名の後に「様」と書きましょう。部署宛てに送る場合は「御中」を用います。会社名は、(株)などの略称は使わずに「株式会社」と書くようにしましょう。

「私製はがき」を使う場合の3つの注意点

郵便局が発行する「年賀はがき」や「郵便はがき」以外にも「私製はがき」を年賀状として使うこともできます。年賀状に私製はがきを使う時は、3つの点に注意しましょう。

1.朱書きが必要

私製はがきを年賀状として送る場合、表面の切手の下に縦書きで「年賀」と赤字で書きます。手書きでも印刷でもかまいません。郵便局に用意されている専用のゴム印を使っても良いでしょう。

「年賀」の文字が書かれていないと、年賀状ではなく通常の郵便はがきとして扱われ、配達されてしまうので必ず確認しましょう。

2.郵便はがきと書く

私製はがきの表面に、「郵便はがき」または「POST CARD」と書く必要があります。きちんと書かれていない場合、郵便はがきではなく通常の手紙として扱われ、配達料金が84円になってしまいます。

文字は赤でも黒でも問題ありませんが、間違われないようにはっきりと書きましょう。

3.規格に注意

私製はがきの規格は、以下のように定められています。規格に合わないものは、第一種郵便物扱いになってしうので、投函前に必ず確認しましょう。

  • 紙質と厚みが郵便はがきと同等以上
  • サイズは14cm~15.4cm×9cm~10.7cm
  • 重さは2g~6g
  • 表面の色は白色または淡色

一年の感謝を込めて書こう

年に一度、大切な人に感謝を伝える年賀状。正しい書き方やマナーを紹介しましたが、いかがでしたか?

大切なのは、一年の感謝をしっかり伝えること。ルールを厳密に守る必要はないと思いますが、相手に気持ちよく受け取ってもらえる年賀状を送りたいですね。

2020年の年賀状は12月15日から1月7日まで投函することができます。元日に届けたい場合は12月25日までに投函しましょう。

photo/PIXTA

高時給!未経験OK!週2時間〜
家事代行スタッフ募集中

この記事を読んでいる人は
こんな記事も読んでいます

ポイントは干し方と時間帯にあり!洗濯物や布団を花粉から守る術

知ってると得する!メインのお肉を時短料理するコツ3つ

部屋が汚い&片付けが苦手…を解決!タイプ別対処法を一挙公開