家事代行のスタッフってどんな人?年代や性別も気になる!

家事代行サービスを利用したいと思っている人は多いはず。でも、いざ実際に依頼するとなると、色々と不安に感じる部分もありますよね。依頼方法やサービス内容の他、どんな人が来るんだろう?男の人?女の人?年代は?などなど、初対面になるだけに人物像がイメージできないと自宅に招き入れることに緊張しがちです。

そこで、5000人もの『カジーキャスト』を抱える家事代行のCaSyが家事代行スタッフについての疑問にお答えします。

年代と性別で多いのは?

家事代行会社からやってくるスタッフは女性が中心。エアコン清掃などのハウスクリーニングや家具移動のような特殊なプランでは男性スタッフの場合もありますが、掃除や料理といった一般的な家事代行サービスの場合はほとんどが女性と考えてよいでしょう。

年代は30代~50代が多いものの、20代や60代もいて幅広いです。しかし、どの年代でも共通しているのは、家事スキルが高いこと。当然と言えば当然ですが、家事スキルに自信があり家事が好きだからこその仕事と言えます。

一部では外国人スタッフを派遣する業者もあります。公用語が英語のフィリピン人を希望し、子どものために英会話レッスンの要素をプラスしたいというような例も。一方で文化の違いに不安を感じるため、外国人スタッフを避けたいという人もいるでしょう。どのようなスタッフを持つ業者なのかは、事前に確認した方がいい部分です。

資格を持っているの?

ほとんどの運営会社は、スタッフ登録にあたって資格保有を必須にはしていません。しかし、『管理栄養士・栄養士』、『調理師』、『フードコーディネーター』、『野菜ソムリエ』、『整理収納アドバイザー』等の資格を持っている人がスタッフとして登録していることは少なくありません。

CaSyではアピールしたい資格がある場合にはキャストのプロフィール欄に明記できるようになっているので、得意分野を活かした作業をお願いすることも可能です。

どんなタイプなんだろう?

各運営会社によってスタッフの採用基準は異なるものの、おおむね以下の資質は重視されています。

  • お客様としっかりコミュニケーションがとれること
  • 礼儀正しい
  • 清潔感がある
  • 人あたりが良い

自宅というプライベート空間に入ってもらうだけに、これらは大事な要素ですよね。

CaSyでは稼働前にキャストとしての心構えとマナーの研修を専任講師によってしっかり行うので、より安心。「優しい笑顔の方で話しやすかった」、「提案をしてくれたり気が利く方で助かった」など、ユーザーからキャストの人柄に対する評価も高いのがCaSyの特徴です。

気に入ったスタッフに出会うには?

人対人のサービスなので、やはり相性はあるかと思います。どの会社もお試し的にお得な価格で利用できるプランを設定していることが多いので、活用して様子を見るのがオススメ。まずは数名のスタッフを客観的に比較してみてはいかがでしょうか。

その中で合うスタッフに出会えたならば、指名等の制度を使って毎回同じ人に来てもらうようにするといいでしょう。

気に入る・気に入らないは主観的な部分もありますが、コミュニケーション不足から生じることが多いので、重点的にお願いしたいことや避けてほしい行動といった要望を作業前にしっかり伝えることがポイント。その際、曖昧な返答ではなく、できないことはできないとしっかり意思表示できるスタッフの方が信頼度が高い傾向があります。さらに、ただ「NO」という返事だけでなく「この方法ならば」と代替案を提示してくれるようなスタッフならば、ユーザーの立場としては嬉しいですよね。

スタッフの研修制度と評価制度があるかどうかは、家事代行サービスを選ぶ上で判断基準にしたい部分。気に入ったサービスやスタッフと出会えますように!

photo/CaSyジャーナル

高時給!週1日2時間からできるお仕事
家事代行スタッフ登録

この記事を読んでいる人は
こんな記事も読んでいます

共働き家庭の家事時短術!!出来ないのではなくやらない家事へ

大切なのは間取りと設備!同棲のお部屋探しで重視すべきポイント

パパは何もわかってない!? 男性が家事代行を入れたがらない3つの理由