合皮バッグは家で洗える!?超意外なアイテムでキレイにする方法

毎日の通勤に使用しているバッグ、お出かけの際に持ち歩くバッグなど、誰でもひとつはお気に入りのバッグがあるはず。しかし、お気に入りで登場回数が多ければ多いほど、汚れなどでくすみが付きやすいものです。

数ある素材の中でも合皮のバッグは軽くて丈夫で使い勝手がいいので、ヘビーユーズしている方は多いのではないでしょうか。しかしその反面、一旦汚れがついてしまうとどうやって落としていいかわからないことも多いですよね。とくに仕事に持っていくバッグは、いつの間にかボールペンの汚れがついてしまっている!なんてことも。

そこで今回は、合皮のバッグについてしまった汚れを落とす方法を紹介します。

合皮にはおしゃれ着用の中性洗剤を使おう!

一見、お家でのお手入れが難しく見える合皮のバッグですが、水洗いが可能なものに関しては家で汚れを落とすことができます。まずは洗濯表示を見て、水洗いが可能かどうかを確認しましょう。もし水洗い不可であった場合はクリーニングに出してくださいね。

それでは、実際に自宅で合皮のバッグの汚れを落とす方法を紹介します。

1: ささっとホコリを払おう

まずは表面やバッグ内部のホコリやゴミを柔らかいブラシなどでさっと払いましょう。

泥などの汚れがついてしまっている場合は、歯ブラシで軽くブラッシングします。この際、バッグの劣化が激しい場合は、歯ブラシだと素材がはげてしまうことも。ですから、歯ブラシではなく乾いた布などで拭き取るようにしてくださいね。

2: 汚れの拭き取りは叩くのがポイント

おしゃれ着用の中性洗剤を水で薄め、布を浸して液だれがしない程度に軽く絞ります。この布で合皮の汚れた部分をポンポンと叩くようにして、汚れを落としていきましょう。この時にゴシゴシと拭き取ってしまうと、合皮を傷めたり、汚れを広げてしまったりする原因になります。

また、白い合皮の場合は中性洗剤で変色しないかどうか、まずは目立たない部分で試してみてくださいね。

3: 最後に乾拭きを!

汚れが落ちたら、一度水拭きし、最後に乾拭きを行います。この時、水拭きと乾拭きいずれもポンポンと叩くように行いましょう。

乾かす際は、風通しのいい日陰で!

合皮が柔らかい場合は、乾燥の際に型崩れしないよう、バッグの中に丸めた新聞紙や、空気を入れて縛ったビニール袋などを入れて、形を整えてから乾かすようにしてください。

部分的な汚れに使えるのは、文房具のアレ!

全体的に汚れやくすみが気になるわけではなく、一部分だけに汚れがついてしまった!という場合に使えるのは、なんと消しゴム!汚れのある部分に消しゴムをあてて、優しくこすっていきます。

ただ、この方法が使えるのは劣化していない合皮の場合のみ。劣化がある場合は、こすることでより劣化を進めてしまう可能性があります。また、光沢の加工がしてある場合、光沢が剥がれてしまったり、合皮の風合いが変化してしまったりする場合もあるので、まずは目立たない場所で試しみてくださいね。

色移りの原因になる色付き消しゴムや固い消しゴムは避け、白い消しゴムを使って試してみましょう。

いつでもキレイなバッグでお出かけしよう

外出の際、必ずと言っていいほど必要になるバッグ。ちょっと汚れるたびにクリーニングに出すのも正直面倒ですよね。もちろん、クリーニングの費用も気になります。合皮のバッグはお家では洗えないと思いがちですが、お手入れの方法をしっかり理解しておけば、お家でも簡単に汚れを落とすことができます。

通勤、友人とのお出かけ、ちょっとそこまでお買い物と、どんな時でもキレイなバッグで出かけられることで、コーディネート全体もパッと明るくなりますね。

監修:鈴野寿子(家事代行サービスCaSy・お掃除研修講師)

photo/PIXTA

高時給!週1日2時間からできるお仕事
家事代行スタッフ登録

この記事を読んでいる人は
こんな記事も読んでいます

共働き夫婦直伝!家事(洗濯・料理・掃除)のおすすめ時短術4選

共働き家事の分担戦争勃発!!戦争回避のカギは「家事リストの作成」

花粉対策にも有効★洗濯物の部屋干しの嫌なニオイを防ぐ方法