秋冬は手肌の乾燥が気になるもの。そんな悩みを解消してくれるハンドクリームは、香りなども様々あって、塗るだけでなんとなく気分が変わりますよね。

しかし、このハンドクリーム、自分自身で買う以外にも、海外のお土産などでもらうことも多くありますよね。そうすると、いつの間にか使っていないor中途半端に残ったハンドクリームが家に溢れてしまっている!なんてことはありませんか?

余らせたまま捨てるのはもったいないけど、消費しきれない……そんな時は、本来の使い方以外で上手に利用してみましょう。今回は、ハンドクリームの目からウロコな活用法を紹介します。

1: ハサミの切れ味が復活

ガムテープやマスキングテープなどをカットするのにハサミを使用していると、刃の部分がベタベタになり、切りづらくなってしまいますよね。そんな時は、刃のベタついた部分にハンドクリームを塗って、何度かチョキチョキと空切りします。

するとベタつきがとれて、切れ味が復活!もちろん、最後にティッシュペーパーなどでハンドクリームとベタつきを拭き取ってくださいね。

2: シールはがしにも!

子どもがタンスや冷蔵庫に貼ってしまったシール……無理にはがそうとすると、一部が残ってしまったりベタついてしまったり。他にも壁にメモを貼り付けるために使ったマスキングテープをはがす際にも、ベタベタが残ってしまうことがありますよね。

そんな時は、ハンドクリームをシールの上に塗り込みましょう。数分待ってはがすと、驚くほどキレイにシールやマスキングテープを取り除くことができますよ。

シールはがし剤はホームセンターなどにも売っていますが、素材によっては使えない箇所もあるので、成分として優しいハンドクリームが大活躍してくれます。

3: ジッパーや扉などの潤滑剤として

滑りが悪くなってしまったジッパーや扉の蝶番、どうしたものかな?と悩みますよね。なんと、ここにもハンドクリームが使えます!

まず服や周辺の素材が汚れないように、ジッパーや蝶番部分に少量のハンドクリームを塗り、何度か動かしてみましょう。すると、ジッパーや蝶番の引っ掛かりがスッキリなくなり、日々のちょっとしたストレスが解消できますよ!

4: 革の保湿に使ってみよう

手肌に使用できるハンドクリームは、革製品にも使用できます。

革靴のお手入れクリームとして代用できるので、荷物が多くなってしまう出張や旅行の際に持っていくのもいいですね。もちろんレザーのバッグなどの乾燥防止にも使えます。

ただ、変色などが起こってしまうこともあるので、まずはどちらも目立たない部分に少量をつけて試してみましょう。香りもそのまま残るので、ふんわり香るレザーバッグなんて素敵ですよね。

5: 吸盤の張り付きが元通り

使っていると、段々と吸着力が落ちてくる吸盤。そんな時は、吸盤の接着面にハンドクリームを塗ることで、その吸着力を復活させることができるのです。

日々使うことで、接着面に凹凸ができてしまうために吸着力がダウンするのですが、ハンドクリームはその凹凸を平らにする効果が!そのため、接着面を真空状態に戻してくれるのですね。

6: 鏡の曇り止めにも使える!

多くの人が悩まされる鏡の曇り。しかも一度ついてしまうと、何度掃除をしてもなかなか落ちてくれませんよね。

なんとその曇りにもハンドクリームが使えるのです!使い方は、鏡全体にハンドクリームを塗り、磨いていくだけ。ハンドクリームの油分が汚れを溶かして落とし、さらにその後の曇りを防止してくれる効果も!

お風呂場や洗面所の鏡掃除に常備しておきたいですね。

手肌のケアだけに使うなんてもったいないかも!?

肌に使用できるハンドクリームは、実は気兼ねなく使えるシーンがたくさん!

手肌の保湿ケアだけではなく、バッグなどのケアアイテムやお掃除アイテムとしても活躍してくれるハンドクリームを、余らせてしまうなんてもったいないですよね。

家の中に眠ってしまっているハンドクリーム、さっそく今日から利用してみませんか?