水垢にサヨナラ!洗面所をピカピカにするたった2つの簡単掃除法

毎日使っている洗面所の鏡や蛇口、気がついたらウロコのような模様がついていることはありませんか?それ、水垢が原因なんです!しかし、長いこと放っておいた水垢汚れは、スポンジや雑巾でこすっただけではなかなか取り去れないもの。

そこで今回は、水垢をキレイに取り除き、洗面所をピカピカにするオススメの掃除法をご紹介します。ポイントは“簡単”と“安い”こと!ぜひ今日から試してみてくださいね。

水垢掃除はピカピカ洗面所への第一歩!

水垢汚れを取り除くだけで、洗面所の印象は大きく変わります。その理由は、水垢汚れは目につく場所にできやすいということだけでなく、輝いている部分を曇らせてしまうという特徴があるから。洗面所で輝く場所といえば、鏡や蛇口ですよね。このふたつは洗面所でももっとも使用頻度が高い場所ですから、当然、目に入ります。

したがって、鏡と蛇口の水垢をキレイに取り除けば、洗面所の印象は大きく変わることに。不意の来客があっても、慌てなくてすみますよ。

【掃除法1】メラミンスポンジを使う

洗面所の水垢をとにかく簡単に取り除きたいなら、メラミンスポンジを使ったお掃除がおすすめ。

メラミンスポンジは硬質樹脂で作られたスポンジで、100円ショップでも販売されています。メラミンスポンジのすごいところは、水を含ませるだけで、洗面所のほとんどの水垢汚れをキレイに取り除けること。洗剤をつける必要もありませんし、大抵の水垢であれば、力を入れてこすらなくてもキレイに取り去ることができます。

蛇口や陶器の洗面ボウル、窓ガラスなど、洗面所の水垢汚れが気になる大抵の場所で使用することができますが、鏡に使う際には注意が必要。メラミンスポンジは、別名『研磨スポンジ』と呼ばれるように、表面を削って汚れを落とします。そのため、例えば曇り止めのコーティングなどを行っている鏡の場合は、メラミンスポンジによってコーティングがはげてしまう場合が。洗面所にコーティングがなされている場合は、メラミンスポンジの使用は控えたほうがよいでしょう。

【掃除法2】クエン酸を使う

鏡の水垢汚れをキレイにしたいなら、クエン酸を使うのがおすすめです。クエン酸もメラミンスポンジ同様、100円ショップで粉末状のものが販売されていますので、手に入れやすいアイテムのひとつ。

クエン酸は梅干しなどに含まれる成分で、体に取り入れると疲労回復やミネラルの吸収促進などの効果があると言われています(工業用のクエン酸は食べないでください)。

そんな体にいいクエン酸は、水垢の原因となるカルシウムやマグネシウムなどを中和する働きを持っています。掃除に使用する場合は、粉末のクエン酸を水に溶かし、クエン酸水を作って使用します。クエン酸水の作り方はとっても簡単。水100mlに対し、小さじ2分の1程度のクエン酸の粉末を入れるだけです。スプレーボトルなどに入れ、よく溶けるようにしっかり振りましょう。

メラミンスポンジと違い、クエン酸は中和によって水垢汚れを取り去るので、さまざまな場所の掃除に使えるのが大きなポイント。コーティングされた鏡はもちろん、洗面ボウルや蛇口、タイルにも使えます。

メラミンスポンジが使えない場所は、クエン酸水でピカピカにしましょう。

朝起きて顔を洗う時、帰宅して手を洗う時と、1日の内で節目のタイミングで使用する洗面所。だからこそ洗面所をキレイにすると、なんとなく気分が良くなり、毎日を楽しめるようになります。

メラミンスポンジでの掃除なら、それほど時間をかけなくても簡単に洗面所をピカピカにすることが可能。メラミンスポンジが使えない場所は、週末にクエン酸水でキレイにすればよいでしょう。ふたつの方法をうまく使い分け、洗面所をより気持ちのよい場所に変えてみませんか?

監修:鈴野寿子(家事代行サービスCaSy・お掃除研修講師)

photo/PIXTA

高時給!週1日2時間からできるお仕事
家事代行スタッフ登録

この記事を読んでいる人は
こんな記事も読んでいます

4つの材料で簡単手作り★好きな香りのアロマ防虫剤で癒しの衣替えを

共働きママ成功の秘訣!!家事・育児を楽にする考え方のコツ

共働き子育て夫婦の朝は戦場!朝型シフトで時間にゆとりを