知らなかった!素材別・バッグの取っ手についた日焼け止めの落とし方

日差しが強くなる季節、欠かせないのが日焼け止めです。メイクの前に顔や首に塗るのはもちろん、この季節に露出が多くなりとくに焼けやすい腕は外出先で何度も塗り直すという人も多いのではないでしょうか。

しかし、この腕に塗った日焼け止め、バッグの取っ手についてしまうことがありませんか?肌に塗った日焼け止めはすぐに落ちてしまって何度も塗り直さないといけないのに、バッグについてしまった日焼け止めは一度ついてしまうとなかなか落とすのが大変!そこで今回は、バッグの取っ手についてしまった日焼け止めの落とし方を素材別に紹介します。

自分でバッグのクリーニング、注意点は?

自分自身でバッグの汚れを落とす場合、少々注意しなければいけないポイントがあります。

色落ちなどが起きてしまうことを考えて、まずはバッグの目立たない部分で洗剤などを試すようにしましょう。素材によっても合う洗剤と合わない洗剤が異なるので、どんなバッグであるかに関わらず、必ず『試し拭き』をしてください。

また、もうひとつの注意点は汚れたらできるだけすぐにその汚れを拭き取ること。時間が経ってしまうとその分汚れがどんどん蓄積されていき、自分で落とすことがなかなか難しくなってしまいます。

もしも、自分で落とせないと判断したら、無理に落とすことはせずクリーニングにお願いしましょう。無理に落とそうとするとバッグを傷めてしまう原因になります。

【素材別】日焼け止めの落とし方は?

それでは実際に、バッグについてしまった日焼け止めの落とし方を素材別に紹介していきます。素材によっては衣服などに日焼け止めがついてしまった場合にも応用できますよ。

1:布製のバッグ

まずは布製のバッグから。布製のバッグの場合は、化粧用のクレンジングと食器用洗剤を使用しましょう。クレンジングと食器用洗剤を少量ずつ混ぜて、汚れの部分に乗せてくるくるとなじませていきます。汚れが浮いてきたら、ぬるま湯などで優しくすすいでください。

これは、衣服に日焼け止めがついてしまった場合にも応用できます。衣服の場合はぬるま湯ですすいだ後に通常通りの洗濯を行いましょう。

また、布帛(ふはく)素材のトートバッグなどの場合は、衣服と同じようにぬるま湯ですすいだ後に洗濯機で洗濯してしまうのも手です。布製バッグは日焼け止めだけではなく、他の汚れも目立ちやすいため、定期的に洗うことをオススメします。

2:ナイロン製のバッグ

軽くて使いやすく、夏場のレジャーなどにも大活躍してくれるナイロン製のバッグ。しかし、これも一度日焼け止めがついてしまうと意外に目立ってしまう素材です。

ナイロン製のバッグの場合は、通常の洗濯用洗剤を使用して汚れを落とします。洗濯用洗剤を汚れの部分に乗せて、布製バッグの時と同じように指でくるくるとなじませ、濡らした布などでキレイに拭き取りましょう。もしも、薄手で折りたためるバッグなどの場合は、一度洗濯用洗剤を混ぜたぬるま湯の中でもみ洗いしてもOKです。もちろん、その場合はしっかりとすすぎを行ってくださいね。

3:革製のバッグ

素材の中でもとくに注意が必要なのが、革製のバッグ。傷みやすいため、強く擦るなどをせず、優しく汚れを落としてくださいね。また、変色などにも注意しなければなりません。先に話したように、目立たない場所での試し拭きは、革製の場合は必ず行うようにしましょう。

革製のバッグの場合は、直接洗剤をバッグに付けることはせず、洗濯用洗剤を一旦布などに付けてその布で汚れを拭き取るようにしましょう。汚れが浮いたら、しっかりと優しく水拭きをしてくださいね。使用する洗剤は、皮脂汚れなどに強い液体洗剤がおすすめです。

また、この革製のバッグの日焼け止めを落とす方法は、車のシートやハンドルにも応用できます。

キレイなバッグで夏場のお出かけが楽しくなる!

夏は日焼け止めが手放せないがゆえに、それによって付いてしまった汚れのために何度もクリーニングに出すというのは、面倒で躊躇するもの。しかし、しっかりと正しい汚れの落とし方を理解していれば、十分自宅で対応できる場合も多いのです。

持ち物をキレイにすると、なんとなく外出時の気分も浮き足立つもの。お気に入りのバッグの汚れをしっかりと落として、いい気分でお出かけできるようにしましょう。

監修:鈴野寿子(家事代行サービスCaSy・お掃除研修講師)

photo/PIXTA

高時給!週1日2時間からできるお仕事
家事代行スタッフ登録

この記事を読んでいる人は
こんな記事も読んでいます

今すぐできる!毎日やっておきたい簡単キッチン掃除法3選

朝は忙しい!共働きママの朝食づくり時短テク3つ

洗濯機は新品でも3ヵ月でカビ発生!?知っておくべき予防&掃除法