重要なのは吸引力だけじゃない!?床タイプ別、掃除機選びのコツ

冷蔵庫、エアコン、洗濯機など、日々進化を遂げる電化製品。中でも種類が多く、購入の際に迷いに迷ってしまう電化製品といえば掃除機ではないでしょうか?

家を空けることが多く、なかなか掃除に時間がとれないという場合は、ロボット型の掃除機を選ぶなど選択肢が多いこともありますが、紙パック式、サイクロン式など、そのタイプは様々。ますます自分にはどのタイプが合うのかがわからなくなってしまいますよね。

そこで今回は、掃除機の上手な選び方とキレイに仕上がる掃除機のかけ方について紹介します。

まずは床の種類を確認

掃除機選びをする際は、まず自分の家の床がどのタイプかを確認しましょう。床は大きく分けてフローリング、畳、カーペットがあります。

フローリングの場合は、ホコリなどが表面に出ており目で見ても汚れているかどうかがわかりやすいですよね。対して畳やカーペットはホコリや髪の毛が畳の隙間やカーペットの毛に絡みつきやすく、フローリングよりもより強い吸引力が必要になります。畳やカーペットの場合、サイクロン式の掃除機をオススメされることが多いのはこのためです。

掃除機選びはヘッドが重要!

前述の通り、吸引力の強さを意識するのであればサイクロン式がオススメです。その理由は、サイクロン式は直接掃除機の中にゴミを溜めるため、掃除の度に中を空にしておけば、吸引力を落とすことなく使うことができるから。対して紙パック式は紙パックの中にゴミが溜まりきったら捨てる、というもの。もちろん、捨てる直前ともなると吸引力は落ちていきます。しかし、ゴミ捨ての頻度が少ないので、手間のかからなさを優先するのであれば紙パック式がオススメなのです。

けれど、実は、掃除機を選ぶ際は吸引力や手間のかからなさよりもヘッド選びの方が重要です。では、どんなヘッドがいいのか?それぞれのヘッドの特徴を紹介します。

1: パワーブラシ

パワーブラシは、ゴミやホコリを吸い取る部分にモーターで動くブラシがついているタイプのヘッド。床のゴミをかき取るパワーが強く、細かなホコリだけでなくダニなどもしっかりキャッチしてくれます。フローリング、畳、カーペット、どんなタイプの床でも力を発揮してくれるオールマイティカードと言えるでしょう。

2: タービンブラシ

タービンブラシも吸い込み口にブラシがついているタイプのヘッドです。しかし、パワーブラシと違うポイントはモーターではなく、吸い込む際の風を利用してブラシを回転させている点です。パワーブラシと同じように細かなホコリをキャッチしてくれますが、畳やカーペットでの性能はやや劣ります。

3: 床ブラシ

床ブラシは、吸い込み口にブラシがついていないタイプのものです。畳の隙間やカーペットの毛に絡みついたホコリを吸い取りきれないことがありますが、目に見える大きめのゴミやホコリをしっかりと吸い取ってくれます。家の床がフローリングのみ、という場合はこの床ブラシのヘッドでも十分快適にお掃除ができます。

掃除機がけのコツは『ラク・カンタン・キレイ』

床をしっかりキレイに掃除するためには、いくつかのコツがあります。もちろん難しいものではなく、むしろ毎日のお掃除を楽チン、簡単にしてくれるテクニックばかりですから、今すぐに導入してみて!

1: 力を入れすぎない!

掃除機をかける際、ついつい腰を曲げてヘッドに重心をかけてお掃除していませんか?しかしこうすることで、ヘッドブラシの回転を潰してしまい、吸引力を落としてしまうことにつながります。掃除機をかける際は背筋を伸ばして軽く掃除機に手をかけて滑らせるようにかけましょう。こうすることで、本来の吸引力のままお掃除をすることができます。

2: ゆっくり掃除機を動かそう

掃除機を動かす際、せわしなく動かしてしまうと疲れるわりにしっかりとホコリを吸いきれません。ゆっくりと、1往復5〜6秒かけて動かすようにしましょう。往復する際、引く時に早く動かしてしまいがちなので、そこを意識すること。そうすれば、なんと吸い込まれるホコリの量に2倍近くの差が出ることも!

3: T字のヘッドは重ねがけ!

掃除機のヘッドの多くがT字になっていますよね。吸い込み口はその中央にあるため、どうしてもT字のサイド部分の吸い込みが甘くなってしまいます。そこで、一度掃除機をかけた部分に1/3程度重ねて掃除機をかけると、余すところなくゴミやホコリをキャッチできます。

お部屋タイプに合った掃除機選びを!

数ある掃除機の中からぴったりのものを選ぶのはなかなか至難の技。しかし、自分の家の床タイプなどをきちんと把握しておけば、案外簡単に合うものをセレクトすることができます。

もちろん、合ったものを選ぶだけでなく、日々のお掃除で掃除機に溜まりがちなホコリや絡まりがちな髪の毛などもしっかり取り除いてケアしていきましょう。

監修:鈴野寿子(家事代行サービスCaSy・お掃除研修講師)

photo/PIXTA

高時給!週1日2時間からできるお仕事
家事代行スタッフ登録

この記事を読んでいる人は
こんな記事も読んでいます

【共働き家庭の時短術③】 時短のプロ:洗濯乾燥機

使いこなせれば無敵!重曹の5大作用を知って、効率よくお掃除を

やっぱり?予想外?共働き家庭で夫の家事分担率が高い県、低い県