脱!正月太り!今からできる『太りにくい体を作る』7つの新習慣

クリスマスから年末年始と、怒涛の行事がひと段落。ケーキにローストチキン、おせち料理、お雑煮と美味しいものをたくさん食べましたね。お酒が好きな方は、たっぷり飲んだことでしょう。

しかし、お正月が終わって仕事も始まってひと段落した今、ふと自分の体が重いことに気づく……というのは、よくある話。毎年毎年、この時期には「今年こそダイエットするぞ!」と決意しているのもまた、よくある話ですね。

しかし、一時的な食事制限でのダイエットは必ずリバウンドしますし、筋肉量が減るなど、長い目で見るとキレイに痩せるダイエットではありません。毎日、規則正しい生活を送り、暴飲暴食を控え、食事に配慮する……と言うのは簡単ですが、私たちにとってはどれも大変!

そこで今回は、太りにくい体を作る7つの新習慣をご紹介!「私は太りやすい体質だから……」なんて諦めている方、まずはその習慣をちょっとだけ改めてみませんか?

新習慣1:食べる順番を決める

まずは食事の順番を変えてみましょう。

  1. 汁物をひと口
  2. 野菜(サラダ、和え物など)
  3. たんぱく質(肉、魚など)
  4. 炭水化物(ご飯、パンなど)
  5. 汁物

今までは好きな物から適当に口に運んでいたかもしれませんが、この順番に統一を。まずは汁物で空腹を和らげ、血糖値の上がりにくい野菜から食べるのが太らない食べ方です。食後には1杯の水を飲むことで「食事終了!」と満腹感にダメ押しするのもポイント。

新習慣2:良質な間食を持ち歩く

仕事の合間、帰宅して家事をする前と、空腹の時はついつい間食に手が伸びてしまいます。しかも、空腹なのでそのへんにあるお菓子や冷蔵庫の中のものを適当に食べてしまいがち。今年は間食をやめましょう!……とは言いません。というのも、空腹が長く続くと、次に食事をした時に体が脂肪を溜め込もうとして吸収しやすくなり、かえって太りやすくなってしまうから。

間食をやめるのではなく、健康的な間食を携帯してはいかが?オススメは砂糖不使用のドライフルーツ、素焼きナッツ、甘栗、干しいもなど。これらはカロリーは低いですが、空腹感を満たすことができますし、無駄なものを食べずに済みます。

新習慣3:お菓子は自分で買わない

会社で仕事をしていると、出張のお土産でお菓子をいただくことってありませんか?または、友達のお家に遊びに行くと、お茶菓子を出していただくことも。実はお菓子って自分で買わなくても、いただいたり、お付き合いで一緒に食べたり、というシーンはとっても多いもの。ですから、この際、自分でお菓子を買うことをやめてみましょう。実践してみると、「いただいた時にありがたく食べるだけで十分だ」と感じられると思いますよ!

新習慣4:甘い飲み物を飲まない

甘い物の中でも、とくにダイエットの敵となるのは甘い飲み物。ペットボトルの清涼飲料水やジュースなどには予想以上の糖分が入っていますし、最近は砂糖ではなく、果糖ブドウ糖液糖と呼ばれる安価な物質を使用しているものが多く、これは砂糖よりも吸収が早く、血糖値が急上昇します。血糖値が急上昇すればインスリンが大量に出て、糖分を脂肪として蓄えます。そして今度は血糖値が急低下してまた空腹を感じる、という負のスパイラルに陥ってしまいます。

また、カフェなどで甘いコーヒーを注文するのも要注意!糖分だけではなく、クリームや牛乳などの脂肪分も多く含まれていることが多いので、ここはノンシュガーのブラックコーヒーを選ぶようにしましょう。

新習慣5:どうしても食べたいものは朝食べる

「クリームがたっぷりのったパンケーキ、太るのはわかってるけど、どうしても食べたい!」

わかります、その気持ち。そういう時は、夜ではなく朝に食べるようにしましょう。朝食として食べれば、少々のカロリーも日中の活動で消費することができます。もうひとつ、「夜は我慢したものを朝になれば食べられる!」と思うと自然と早起きできますよ!

新習慣6:遅い夕飯は分食で

ダイエットのためには、就寝の2〜3時間前までに食事を終えるのが理想です。しかし、仕事が立て込んでいたり、帰宅して家族の食事を優先させたりすると難しいことも。そんな時は、夕食を2回に分けて食べる『分食』をオススメします。

早い時間に主菜だけ食べて空腹をしのぎ、血糖値もキープ。仕事後に主食と副菜を食べれば、夜遅くにドカ食いすることもなくなります。また、翌朝もお腹が空いた状態で朝食を食べられるため、いいサイクルが生まれます。

新習慣7:食べる時は思いっきり食べる!

仕事で失敗した時、家族とケンカをした時、いわゆるドカ食いをしたことはありませんか?そう、ダイエットの最大の敵はストレスかもしれません。ですから、友人とご飯に行った時やお祝いの場など、楽しく食べる時は思いっきり好きなものを食べましょう。

そのルールをあらかじめ決めておくことで、罪悪感もなく、「明日から頑張ろう」と気持ちを切り替えられるはず。メリハリが大切ですね!


どれも今日からできる簡単なことばかり。太りにくい体を作るには、いい習慣を積み重ねることが必要なのです。7つもあるのか……と思うかもしれませんが、続けていれば習慣になり、おのずと結果がついてきます!

まずはできることからひとつずつ実践してみませんか?

photo/PIXTA

高時給!週1日2時間からできるお仕事
家事代行スタッフ登録

この記事を読んでいる人は
こんな記事も読んでいます

空の巣症候群とは?なりやすいタイプや対処方法は?

アイスはNG!?インフルや風邪の時は絶対に食べてはいけない食品

冬は肌トラブルが増える季節!気をつけたい子どものスキンケア