プレママなら知っておくべき!絶対避けたい「風疹」の理由と予防方法

プレママなら知っておくべき!絶対避けたい「風疹」の理由と予防方法
風疹という病気をご存知でしょうか?小さな子どもがかかるもので、大人とは無縁のものだと思っていませんか?風疹は実は大人がかかることもあるのです。中でもプレママは要注意。大切な赤ちゃんにリスクが生じてしまう恐れがあります。これからご紹介する予防や対策法を読み、しっかりと身に着けて回避しましょう。

・風疹ってどんな病気?

「風疹ウイルス」に感染し、発症するものです。
主な症状としては、小さくて赤いポツポツとした発疹が顔や首などに出始め、徐々に体全体に広がっていきます。
それに伴い、リンパ節が腫れ、発熱や関節痛といった症状も現れます。

しかし、それほど重篤な病気ではありません。
通常3日程度で回復傾向に向かうため、「3日はしか」と呼ばれることもあります。
また、症状の出方も人によって違い、発疹が出ない人もいるようです。

感染経路は飛沫感染ですので、感染者の咳や唾液によって広がってしまいます。
特に春から夏にかけて流行しやすい傾向にあるウイルスです。

・プレママが風疹にかかるとどうなる?

プレママだからといって、風疹の症状が重くなるという事はありません。
しかし、妊娠初期の頃(20週前後まで)にかかってしまうと、胎盤を通してお腹の赤ちゃんが風疹ウイルスに感染してしまう可能性があるのです。
風疹ウイルスに感染してしまった赤ちゃんには、障害などの影響が出てしまう事があると言われています。

妊娠初期というのは特に大切な時期です。
赤ちゃんが内臓など様々な器官を形成している頃になります。
感染時期が早期であればあるほど、危険性が増してしまうのです。

お腹の中の赤ちゃんが風疹ウイルスに感染して、何らかの影響が及んでしまった状態の事を「先天性風疹症候群」と言います。

主な症状は、
身体や精神の発達障害、難聴、視覚障害、先天性心疾患などが挙げられます。

妊娠1~2ヶ月など、早期に風疹にかかると、「先天性風疹症候群」の症状も重くなってしまう可能性が高いようです。
ただ、風疹にかかっていても、ママ自身に症状が出ないケースですと、赤ちゃんへの影響も小さいそうです。
また、妊娠20週以降であれば、ママが感染しても赤ちゃんへの影響はほとんどありません。

・予防するにはどうしたら良いの?

赤ちゃんに影響があるかもしれないと分かった以上、風疹にかかるリスクは減らしたいですよね。
風疹ワクチンの予防接種が効果的な予防法なのですが、生ワクチンのため妊娠中は接種することができません。
大切なのは感染者との接触を減らす事になります。
外出時にはマスクを着用し、人混みはなるべく避けるようにしましょう。
帰宅時には手洗いうがいの徹底を心がけてください。

また、ご家族に風疹ウイルスの予防接種を受けてもらうと、より安心でしょう。
風疹の抗体検査もあるので、お医者様とも相談してみてください。

終わりに

妊娠中は風疹以外のウイルスや感染症にも充分気を付けたいですよね。
しっかりと感染対策をしてリスクを減らし、プレママ期間を楽しく過ごせるようにしましょう。

高時給!週1日2時間からできるお仕事
家事代行スタッフ登録

この記事を読んでいる人は
こんな記事も読んでいます

思ったより大変?仕事両立を諦めない妊娠中期のプレママへのススメ

食育生活、最初の一歩!

40日間をどう乗り切る!?共働き家庭の夏休みの悩み・4つ