『中耳炎』と聞くと、子どもの時によくかかったというイメージがある方も多いのではないでしょうか?

実際に、子どもは大人より中耳炎にかかりやすいと言われています。生後1歳までに60%、3歳までに80%の子どもが、少なくとも1回は中耳炎にかかると言われるほどです。また、一度かかると繰り返しかかる人も多く、悩んでいる人も多い病気です。

今回は、中耳炎にかかってしまったときの対応と、予防法について説明します。

■中耳炎とは?

そもそも、中耳炎とはどんな病気なのでしょうか?

耳は外側から、外耳・中耳・内耳の3つの部分に分かれます。中耳炎は、この中耳と呼ばれる部分に炎症を起こす病気です。慢性のものと急性のものがありますが、一般的には急性中耳炎のことを指します。細菌感染であることがほとんどですが、ウイルス感染や膠原病の場合もあります。

症状としては、耳に強い痛みを感じたり、耳の聞こえが悪くなったり、高熱が出る場合も多くみられます。ひどくなると、耳から膿が出てくる、耳だれの症状が見られることもあります。

大人であれば、「耳が痛い」と言葉にすることができるのですが、痛みを訴えられない赤ちゃんや幼児は、ただただ機嫌が悪く、ぐずるなどの症状が見られます。オムツを替えたり、抱っこしたりしても泣いたりぐずっている場合は、子どもの仕草に注目してみましょう。耳を引っ張ったり、耳を気にする仕草をするときは要注意です。耳に違和感や痛みがあるから、引っ張っているのかも。

中耳炎は長引くと難聴や言語障害の原因にもなり、中耳炎から悪化して髄膜炎になる場合もあることがわかっています。早期に治療しないと、内耳まで感染が広がったり、頭蓋の内側まで広がったりと合併症を引き起こす可能性も。ですから、早期に適切な対処を行うことが大切です。

■中耳炎の原因

子どもの場合、鼻水が耳へと流れ込むことが原因であることがほとんどです。ですので、風邪症状から始まることが多いよう。喉や鼻に炎症を起こしていた細菌やウイルスが耳へ入ってしまい、化膿してしまうと中耳炎になってしまいます。

ですから、「鼻水が出ているな」と思ってから、急な発熱が起きたり、痛みを訴えるような場合は、中耳炎を疑ってみる必要があるでしょう。言葉を話せるような子どもでもうまく症状を伝えらないことがあり、悪化してしまうケースもあります。子どもが鼻水を出しているときには、耳に異常がないか注意してみましょう。

また、鼻水以外に、哺乳瓶のミルクが原因となることもあります。姿勢が水平な状態でミルクを飲んだ場合に、ミルクが耳へ流れ込んでしまうことがあるからです。ミルクを飲ませるときは、なるべく、頭を高くするなどの工夫をすることで防げます。

ちなみに、大人の方はプールやお風呂で耳に水が入ると中耳炎になると言われた人もいるでしょう。ですが、実際は鼓膜は水をほとんど通さないので、外から水が入り込むことが中耳炎の原因になることはありません。

■なぜ子どもに多い?

中耳炎は1、2歳をピークに5歳ぐらいまでに非常に多い病気です。

赤ちゃんや子どもに多いのは、抵抗力の弱さに加え、中耳と鼻をつないでいる耳管(じかん)という器官が大人より太くて水平であるため、鼻水が耳へ流れやすい構造となっているためです。

また、赤ちゃんは鼻を自分でかむことができませんし、子どもでも、3歳ぐらいまでは上手に鼻をかめずに、鼻水が鼻の奥に残ってしまっていることがあります。そのため、中耳炎は子どもに多く見られる病気なのです。

■中耳炎の治療法

耳を痛がるそぶりがあったら、まずは耳鼻咽喉科を受診しましょう。早期に診断してもらい、薬を処方してもらえば安心です。

軽い症状のうちは、抗生物質を飲むことで治療できます。抗生物質を飲み始めると間もなく、炎症が治まり、痛みが和らぎます。ですが、抗生物質はすぐに止めずに、完治するまで飲み続ける必要があります。途中で抗生物質を止めてしまうと、またすぐに炎症を起こしたり、慢性的な中耳炎となってしまうこともあるので、注意しましょう。耳鼻科での診断にそって、きちんと飲むようにしてください。

中耳の膿みを完全に出しきるには、1ヶ月ぐらいかかります。酷い場合は2~3ヶ月かかることもあるようです。痛みがなくなったからと自己判断で治療をやめず、医師の指示に従うことで再発を防ぐことができます。

中耳炎の原因となる細菌は、その80%が『肺炎球菌』と『インフルエンザ菌』といわれ、最近では抗生物質に対する耐性菌が増えていることが問題となっています。抗生物質を服用してもなかなか治らない場合は、耐性菌が疑われます。

また、適切な抗生物質を使用しないと中耳炎が治らなくなるだけでなく、さらに薬剤耐性菌を増やすことになります。このため、耐性菌のことを考えて治療を受けることが大切です。

投薬の他には、鼓膜切開などの手術療法もあります。鼓膜切開は、中耳に溜まった膿みを排出するために行います。手術は難しいものではないので、炎症が酷い場合や、何度も中耳炎を繰り返す場合はとても有効な治療法です。

また、鼓膜に開けた穴にチューブを通して、中耳に空気が入るような通気療法という治療法もあります。

いずれの治療法も、中耳炎の改善効果が認められているものです。中耳炎の進行状態を考慮し、医師と相談の上、納得のいく治療法を選択するとよいでしょう。

■中耳炎の家庭でのケア

中耳炎は夜中に突然、痛みだし、発熱することも珍しくありません。それは、寝ている状態だと、鼻水が耳へと流れ込みやすいからです。ですから、夜中に突然、泣き叫んだり、耳の痛みを訴えだした場合の対処法も知っておくと安心です。

まず、痛みを訴えている耳の下や耳の後ろのあたりを冷やします。この時に、頭を少し高くして眠るようにすると楽になります。この時に、鼻水がさらに流れ込むと悪化の原因になりますから、鼻水はなるべく取ってあげるようにしましょう。

夜中に突然、痛みを訴えると慌ててしまいますが、痛みは体が温まったときに起こりやすく、一過性の痛みのことが多いようです。あまりの泣きっぷりに、痛がりに救急外来を受診することを考えてしまうかもしれませんが、まずは冷やして様子を見てみましょう。

ただし、これらの応急処置で痛みが和らいだとしても、中耳炎が治った訳ではないので、翌日には耳鼻咽喉科を受診するようにしましょう。

■中耳炎の予防法

前述の通り、中耳炎は風邪から始まるケースが多いですから、まずは風邪を予防することが中耳炎の予防にもつながります。そして、耳とつながっている、喉、鼻をケアすることが基本になります。

その上で、鼻水は溜めずにこまめに取り除くことが大切です。鼻水には、細菌やウイルスなど、炎症を引き起こす原因となるものがたくさん含まれているからです。

まだ、鼻をかめない赤ちゃんは、鼻水吸引器で鼻水を吸い取ってあげる必要があります。可能であれば、耳鼻咽喉科できちんと鼻水を取ってもらうことが理想です。

しかし、鼻水を吸引してもらうためだけに頻繁に耳鼻咽喉科に通うのは、なかなか大変です。時間もかかってしまいましよね。そんな場合は、電動の鼻水吸引器の購入がおすすめです。電動の鼻水吸引器は、口で吸い取るタイプの吸引器に比べて、各段によくとれると評判です。価格は15000円程度と値段は少々張りますが、中耳炎に頻繁に悩まされている場合は試してみる価値がありそうです。

■肺炎球菌ワクチンの有効性

中耳炎の原因となっている細菌の3割が『肺炎球菌』との報告があります。そのことから、定期接種となっている『小児用肺炎球菌ワクチン』は中耳炎予防にも効果があるのではと期待されています。

欧米では、肺炎球菌ワクチンは中耳炎も予防対象と認定されており、日本でもワクチン接種により、中耳炎が3割ほど減るとの見方もあるようです。肺炎球菌ワクチンの接種も、中耳炎予防の一環と呼べるかもしれませんね。ですから、予防接種をきちんと受けることも重要ですね。

■まとめ

中耳炎は子どもに非常に多い病気です。しかし、耳の中は直接見えませんから、なかなか気づいてあげづらい病気でもあります。大泣きをする子どもを前に、途方に暮れてしまうこともあるかもしれません。しかし、耳を気にしているなど、子どもの仕草の変化を見逃さないようにすることで、早期発見ができます。

中耳炎の炎症は、急激に炎症を起こし、ゆっくりと引いていくのが特徴。じっくりと根気よく治療していく必要があります。

また、鼻水をすするのが癖になってしまうと、鼻水が耳へ入りやすくなってしまいます。鼻はこまめにかむように普段から促していきましょう。

photo/PIXTA