共働きママの強い味方!便利な家事代行サービスの気になる疑問を解決します

共働きで経済的余裕のある方が、利用するイメージの【家事代行サービス】。
興味があっても不安がある方も多いかと思います。
では、実際にどのような方が頼んでいるのか、利用する頻度や内容をご紹介しましょう。

■どんな人が利用しているのか

インターネットの質問サイト「Yahoo!知恵袋」でも「家事代行サービスやお手伝いさんが頼めるのは年収いくらくらいの人からだと普通は考えますか?」などという内容の質問や、類似した質問が溢れかえっている程、利用したことのない方にとって、家事代行サービスは未知の世界。実際に噂どおり、芸能人やセレブなど、富裕層の方だけが利用しているのでしょうか。

実際に調べたところ「NAVERまとめ」【家事代行=お手伝いさん=富裕層】という発想は、いまどきはもう古いようで、現実には約8割が共働き家庭のようです。利用者層は

1.高齢者世帯(60代以上)
2.共働き世帯(30代)
3.単身世帯(20~30代)

といった様に、高齢者では【単身者の高齢者】が、利用することも増えているようです。
もちろんご自身で呼ばれている方が、ほとんどだと思いますが、遠方に住む親御さんにと、信頼できるスタッフにお任せするのも、親孝行のひとつですね。
年収1000万円以上の世帯が利用するのでは?という考えも古く、300万円~、500万円~世帯でも収入に関わらず、必要によって利用しているようです。
専業主婦の場合はやはり、周囲の目も気になることと、日々の節約もあり利用されている方はセレブな一部の方のようですね。
周囲に目をやると、ヘルパーさんやベビーシッターさんを利用している方って、意外といませんか。家事代行サービスはイメージとしては同じようなもので、贅沢なことをしている、などという罪悪感よりも、仕方がない状況などに【我慢せずに使う】のがいまどきの賢い利用者のようです。
シルバー派遣などの人材もありますが、サービスにばらつきがあったり、専門業者のほうが人材としても基準が高かったり、家事のクオリティが高いようです。

■どんなことを頼んでいるのか

やはり家事代行サービスのイメージで、もっとも浮かびやすいものは、掃除や洗濯ですね。
あまり知られていませんが、それ以外にも、意外と幅広い用途で、業者によっては【様々なニーズに応えてくれる】というサービスもあるようです。

細かい用途によって、ピンポイントで定期的に利用されているのも、便利なポイントです。
掃除・買い物・洗濯はどの世代においても共通していますが、以下のものは意外と便利でありがたいものです。

1. アイロンがけ
少しの場合、手間や光熱費が無駄になるため、ついつい後回しになりがちで、気づけば山積みになりやすいもの。ひとつひとつに時間が掛かり、神経を使うため、面倒で苦手な方も多いですね。時間的な都合もあって、クリーニングに出していないYシャツなど、アイロンをするのとしないとでは、雲泥の差です。シワのない衣類は気持ちよく、周囲からの印象もやはり◎
一人暮らしの男性や、単身赴任の方、子供のアイロンが増える小学生のいるご家庭などに便利ですね。

2.夕食の支度から後片付け
食事の準備をお願いするのは、とても贅沢に思われがちですが、実際、出来合いのお惣菜などを買ってくるのと、意味はさほど変わらず、家にある食材を活用することも出来るし、味の好みも伝えておけば、薄味にも出来るので、こちらのほうが効率的ですね。
体調の優れないときや、帰りが遅くなる日も、いつもどおりのタイムテーブルで過ごせることは、とても重要で有難いですね。
実際に、ママがダウンしてしまったときなどに、一番困るのが食事です。幼い子に外食やスーパーのお惣菜を食べさせるわけにはいきません。

■どのくらいの頻度で頼んでいるのか

次は利用層や、内容について把握したところで、更に気になる【利用する頻度】についてもどのようなパターンが多いのか見てみましょう。

余裕がある方やない方と、ばらつきはあっても、約7割の人が、「週1回3時間」の定期サービスを利用しているという「All aboutマネー」を参考に見てみましょう。

余裕がある方やない方と、ばらつきはあっても、 約7割の人が、「週1回3時間」の定期サービス(デラックス・専任制・1時間あたり3,465円+交通費一律900円)を利用しているというのが多いようです。

家事代行サービスは、現在、需要が増えているため、競合が増えているようですが、大抵の業者が【定期利用】コースを設けていて、その場合、同じスタッフを呼んだり、料金が少し割安になったりというメリットがある業者もあります。

スタッフが変わるのが嫌な方や、少しでもお得に頼みたい方にとっても、ライフスタイルのリズムも整いやすくなりますね。

家庭によっては、それぞれ違うパターンもあり、子供がいない場合、あまり汚れないなどの理由で、隔週の利用にしたり、子供が多く同居の場合など家族が多い方は週に2回などといった利用をされているようです。

単身赴任の方の利用も、夕食作りや掃除を含めて頻度が高いようですね。

■料金はどのくらいかかるのか

家事代行サービスは、世帯収入や年齢に関わらず【気軽に使ってみても大丈夫】ということが分かりましたが、一番気になるのは料金。
金額によっては、躊躇してしまう場合もありますが、相場はどのくらいなのでしょうか。

大体、1時間単位での料金設定がなされていることが多いのですが、家事代行で有名なところをチェックしてみると、1時間1500円~3000円台と幅広い設定で提供されています。
思っていたよりも低価格という印象ですね。お手伝いさんというと、気軽には頼めませんが、この価格で気軽に頼めるというのも、便利な時代だと感じますね。

料金設定に関しては、気軽にネットや電話のみで、マッチングや料金形態が明朗な場合から、クラウドソーシングのように、インターネットで顔写真つきのプロフィールを見て、スタッフを選ぶところ、コーディネーターと面談をしてというところまで、さまざまな形態によっ差があるようです。
ピンポイントで利用する場合や、とにかく誰でも良いので早く来て欲しい、という方は簡単にスマホなどで頼めるところが便利ですし、人と接するのが苦手、好き嫌いや相性にこだわりのある方は、こだわってプロフィールを見ながらじっくりと選定するというのも、業者選びのポイントになってきますね。

【おわりに】

今までは敷居が高いと思われていた【家事代行サービス】。単発での利用で試すのもありですし、もっと気軽に利用すれば、抱えていた色々な問題が解決することも。
共働きで時間がなく、夫婦の時間が取れずにすれ違っていた場合、ゆっくりと話し合ったり、お酒を楽しんだり、お子様との時間もたくさん持てるようになった!という声もよく耳にします。

特に忙しいときに、省いてしまう絵本の読み聞かせは、子供にとっては大事な時間で、導眠効果もあり、寝つきが左右されたりもします。とはいえ、1冊読むのにかなりの時間を要するので、他にやらなくてはいけないことが、山積みのママにとっては、さっと切り上げることも。経験した方にしか、分からない大変な時間ですが、貴重な時間でもあるので、余裕が生まれる家事代行サービスを利用してみるのも手ですね。

【参考サイト】
Yahoo!知恵袋

NAVERまとめ

All aboutマネーふたりで学ぶマネー術/ふたりで学ぶマネー術 

決定版!家事代行業者パーフェクトガイド

ビジトロ格安料金の家事代行サービス3種類(CaSy、Any+Times、タスカジ)の特徴や評判を詳しく比較してみる