白いTシャツを洗濯して乾燥機にかけて……いざ着て出かけよう!そんな時に色移りを発見してげんなり、なんて経験はありませんか?時には、ちゃんと色物と分けて、いつもと同じように洗濯しているのに、謎の色移りのようなシミがついてしまっている、ということも。

今回は、洗濯をした際の色移りの原因や対処方法について紹介します。これさえ守れば、オールシーズン活躍してくれる白い洋服、できるだけ長くキレイに着られますよ。

色分けして洗濯しても色移りしてしまう原因

洗濯物を色別に分けているのに、なぜか色移りしてしまう……。実はそれ、いわゆる色移りとは違うかも!?

まずは白い衣服だけで洗っているのに色ジミがついてしまう原因を紹介します。

1: 日焼け止め

白い洋服に薄いピンクのシミがついてしまうなど、色移りのようなシミになってしまう原因のひとつとして挙げられるのが日焼け止め。夏場はもちろん、春先や秋口などでも日焼け止めを使うことが多いですよね。首元などに付きやすいシミなのでチェックしてみましょう。

これは日焼け止めが酸素系漂白剤に反応してしまうことが原因。そのため、洗濯前には見えなかった汚れが洗濯をすることでついてしまうのです。

この場合に使えるのがクレンジング。通常、化粧落としに使うものをシミ部分に揉み込んで落としましょう。そのあとは通常通り洗濯すればOK!

2: 制汗剤

洗濯前には気がつかなかったのに、乾いた洗濯物を見たら脇の部分にくっきりシミが……。まさか汗染み!?なんてことはありませんか?

もしも、シミの色がやや黒ずんでいたらそれは制汗剤が原因の場合があります。特に、ロールオンタイプなどはしっかりと脇の下に塗り込むため、シミになってしまうことが多いようです。これも、色移りと勘違いしやすいパターンと言えますね。

制汗剤のシミの場合は、酢、またはクエン酸をシミ部分にふりかけ、よく揉み込んでシミを落としていきます。こちらもそのあとはいつも通り洗濯してくださいね。

色落ちチェックの方法

色移りは嫌だけど、すべての色物を分けて洗濯するのは面倒臭い!そう思いませんか?しかし、どの洋服が色移りしやすいかをチェックする方法が分かれば、細かく洗濯物を分別する手間が省けてしまうのです!

チェックするにはまず、白いタオルを準備しましょう。そこに液体洗剤を含ませて、トントンと洋服の表面を叩きます。その際に、白いタオルに洋服の色が移っていれば、その洋服は色落ちしてしまう可能性があります。

この方法を使えば、事前に色移りがしやすい洗濯物を把握しておくことができますね。

色移りしてしまった場合の対処法は?

色移りは乾いてしまうと落ちづらくなってしまいます。色移りに気がついたら、濡れているうちにすぐ対処するようにしましょう。

準備するものは?

まずは色移りを落とすために準備するものを確認しましょう。

  • 50℃程度のお湯
  • 弱アルカリ性洗剤
  • 酸素系漂白剤
  • 洗濯桶

この4つを準備します。

お湯の温度が下がってしまうと洗浄力が落ちてしまうので、できるだけ保温性の高い洗濯桶を準備してくださいね。

色移りにはつけ置きが効く!

まずはお湯を洗濯桶に入れます。そこに規定の2〜3倍量の弱アルカリ性洗剤を投入!

同じく酸素系漂白剤をその中に入れますが、こちらは規定量でOKです。

その中に色移りしてしまった洋服を入れて、時々かき混ぜながら30分程度つけ置きしましょう。時間は色の落ち具合を見ながら調節してくださいね。

最後、色が落ちきったことを確認したら、通常通りの洗濯をすればOKです。

色移りを予防するには?

色移りをスッキリ落とせても、やはりそもそもとして色移り自体を防ぎたいもの。ここでは、白い洋服と色物を分けて洗う以外の、色移りを予防する方法を紹介します。

1: 色移りしやすい洋服を事前に洗濯

コットン100%のデニムなど、天然素材に着色した洋服は色落ちがしやすい傾向にあります。そういった洋服は着る前に一度洗濯してから着用するのも手です。

こうすることで、洗濯の際に色落ちが少なくなるだけでなく、持ち歩いているバッグなどに色移りすることを防ぐこともできます。

2: 入浴剤入りの残り湯は使用しない

洋服から洋服への色移りのほかに、残り湯を使うことで色移りが起こってしまうことも。入浴剤に着色料が入っているだけでなく、入浴剤の成分が洋服に色をつけてしまうこともあります。

お風呂に入浴剤を入れた場合は、残り湯ではなく、通常のお水で洗濯するのが無難です。

3: 洗濯ネットを使う

デリケートな洋服を洗う際、洗濯ネットを使うのはもはや常識。しかし、ネットの中にパンパンに洋服を詰め込んでしまうと、汚れ落ちが悪くなってしまうだけでなく、洋服同士が擦れ合ってしまい、色移りの原因になります。

ネットの中にある程度余裕ができる量の洋服を入れるようにしましょう。また、洋服のサイズに合わせた洗濯ネットを選ぶことも重要です。

色移りを防いで清潔感アップ

清潔感を演出してくれる真っ白い洋服。そんな洋服に色移りが起こってしまったら、せっかくの爽やかな雰囲気も台無しです。

そんな悲劇に陥らないためにも、色移りを落とせる方法を覚えておき、そして何よりも色移りがないよう事前に予防することも大切です。お気に入りの洋服をできるだけ長く着られるよう、毎日のケアをしっかりと行いましょう。